VAPE JUNKIE
メール
サイトインフォ

Capella Flavors Cup a Joe フレーバーレビュー

Capella Flavors Cup a Joe
今回はNicoticketのWakondaのベースになっていると噂のフレーバー、Capella Flavors Cup a Joeをレビューします。ちょっと写真では分かり辛いですがラベルにコーヒーのイラストが入っている通りコーヒー味のフレーバーです。今回は珍しくグリセリン(以下VG)以外にプロピレングリコール(以下PG)も入手したのでVGとPGを5対3程度の比率でベース液を作成して1mlのベース液に対してCup a Joeを2滴弱添加。つまりベース液が5mlなら10滴無い程度ですね。色々と公開されている自作リキッドの情報を漁っているとCapellaのフレーバーはベース液1mlに対して1滴辺りから試してみるのが良さそうなのですが、私は濃い味のリキッドが好みなので最初からガッツリ行きます。因みに使用したアトマイザーはいつものお気に入りにのaspire Cleito TankではなくAvocadoでクラプトンワイヤー使用の約0.6Ωコイルです。

私的評価

★★★☆☆ 苦いタイプでは無く酸味が強めのコーヒー。甘味料も入っているので単体使用でもそれなりに美味しい。
オリジナル性 ★★☆☆☆ コーヒー味自体はありきたりなので高くは評価しないが、どこかのなんちゃってコーヒー味より断然優秀。
濃さ 無評価 添加量次第な所があるので評価しないが比較的薄味で添加量が多すぎると別の味になるので注意。
ニコチンとの相性 ★★★☆☆ ニコチンが低濃度なら相性は良いが、やや薄味なので高濃度だと味に悪影響がある。
総合評価 ★★★☆☆ 単体でこれだけ美味しいなら十分なクオリティだが濃厚な味を出すには他のフレーバーが必要な模様。

薄味が好きな方ならこれ単体だけで充分に美味しいですよ。ただ欠点として香りがかなり弱いかな。コーヒーは香りを楽しむ物だとか言うキザ野郎には向かないです。上でも書いたように私は濃い味が好みなので、もっと濃厚さをと思って後から更に添加量を増やしたのですが入れすぎるとモズク酢みたいな酸っぱいだけのリキッドになります。なので濃い目に作るとしても1ml当たり2滴ぐらいが限度ですかね。スティープすると多少酸味が抜けるので長期間スティープしてみるのも手かもしれません。

そしてCup a Joeを使ってのWakondaクローン、当然挑戦しました。これをメインにいずれレビューするCapellaのCaramel v2とVanilla Custard v2Super Sweetをちょっとずつ加えていって一時的にそれっぽいのが出来たのですが翌日になったらモズク酢になってました。そりゃそんな簡単には作れないよね。クローンは無理でもこれメインで美味しいコーヒーリキッドは頑張り次第で作れそうな気がします。

(追記) 何かと酸味が強調されるのは私の下手な手巻きコイルに問題があった様で、コイルを巻き直して何滴では無くml感覚でガッツリ入れたら苦味も出てきて味も濃くなりました。ただ使い所がかなり難しい印象で、未だに最適な添加量が分かりません。

お勧め販売店

VAPE CHK
13mlボトルが600円で販売されていています。

にほんブログ村 健康ブログ 電子たばこへ

現在この記事に投稿されたコメントがありません。

お名前 :

サイト内検索
VapeSourcing
10%OFFクーポン : VapeJunkie
最近の更新
人気記事
最近のコメント
カテゴリ
HOME
HOME
カテゴリ
カテゴリ
サブメニュー
サブ
人気記事
人気記事