VAPE JUNKIE メール リンク サイトインフォ

E-CIGDO 無味ニコチンリキッドレビュー

(注) ニコチンには青酸カリ以上の毒性があり経皮からも吸収される為、高濃度のニコチンは触れるだけでも非常に危険です。また、国内での譲渡や販売は法律で禁止されています。お子様が誤って摂取しないよう厳重に保管した上、取り扱いには十分にご注意下さい。

E-CIGDO 無味ニコチンリキッド
今回は数多くのブランドのニコチンリキッドや電子タバコ製品を取り揃えているE-CIGDOブランドのニコチンリキッドをレビューします。この手の製品は品質基準とか安全基準について色々書かれていますが販売する側が都合の悪い事を書く訳がないので私はあまり信用していません。そこで私としては製造国とブランドを一つの品質基準と安全基準に考えているのですがE-CIGDOさんに問い合わせた所、製造はアメリカで高品質なニコチンを使用との話です。具体的な製造会社は企業秘密で教えられないとの事ですが、ある程度は信用して大丈夫なようです。今までDIY用のニコチンはhalo Fusionを使ってきましたが、このニコチンリキッドを実際に使って問題ないようならこの先はこれでいいかなと思いニコチン濃度48mg/mlの30mlボトルを購入したので下で詳しく書いていきます。

私的評価

★★★★★ 若干香ばしい香りがするような気がするが同時に購入したリキッドの香りが付いただけかも。使用上は問題無し。
オリジナル性 無評価 PG(プロピレングリコール)100%とPG/VG(グリセリン)50%ずつを選択可能。ニコチン濃度は36mg/mlと48mg/mlの2種。
濃さ ★★★★☆ ニコチン濃度に付いて評価するとhalo Fusionと比べてニコチン濃度48mg/mlがあるのが嬉しい。
総合評価 ★★★★☆ 実際に使ってみても何ら問題なく高い濃度もありコストパフォーマンスも中々良い。

正に今、Mt Baker Vapor Green AppleのDIY用フレーバーとE-CIGDO 無味ニコチンリキッドを使って6mg/mlのニコチン濃度になるように調整して作ったリキッドを吸っているのですが凄く美味しいです。私が購入したのはPG/VG:50%/50%の方ですが、VGはそれほど強くないとは言え素で甘味がある液体なので甘いリキッドが好みならPG:100%より良さそう。

コスパを追求していくとニコチンリキッドはHiLIQが最高なんでしょうが、中国製のニコチンリキッドってどうなんでしょうね?ネット上の評判自体はかなり良いようですがいかにもステマっぽさを感じるので私はE-CIGDOで良いかな。ただ30mlボトルと別に50mlボトルがあるのですが、この量はニコチンリキッドの個人輸入の上限の120ml制限上で他のリキッドと一緒に購入し難いので60mlボトル版を置いてほしいですね。

お勧め販売店

E-CIGDO
ニコチン濃度は36mg/mlと48mg/mlの2種類あり、36mg/mlはPG/VG比率をカスタムオーダー可能。濃度36mg/mlで30mlボトルが$7.99、50mlボトルが$12.99、濃度48mg/mlで30mlボトルが$14.99、50mlボトルが$24.99で販売。

にほんブログ村 健康ブログ 電子たばこへ

現在この記事に投稿されたコメントがありません。

お名前 :

サイト内検索
offer.vapejunkie@gmail.com
最近の更新
人気記事
最近のコメント
カテゴリ
HOME
HOME
カテゴリ
カテゴリ
サブメニュー
サブ
人気記事
人気記事