VAPE JUNKIE メール リンク サイトインフォ

halo Fusion DIY用ニコチンリキッドレビュー

halo Fusion
今回はDIY用のニコチンリキッドとして有名、定番のhalo Fusionをレビューします。要は自作リキッドにニコチンを加える為、適量を混ぜて使う為のリキッドですね。国内では法の壁があってニコチン入りのリキッドが販売出来ないので市販のリキッドに自分で混ぜて使う用途でも需要が大きい筈ですが、当然混ぜる量が多いとリキッドの味が薄くなるので出来るだけニコチン濃度が高い方が好ましいのは言うまでもありません。ただ濃度が高すぎると危険度も増すので50mg/ml辺りまでが上限だと考えた方が良さそうです。因みにhalo Fusionで最も高いニコチン濃度は36mg/mlで、最低で3mg/mlの物も販売されています。価格は安くありませんが安全安心のアメリカ製です。

私的評価

★★★★★ 限りなく無味無臭。最も重要なのはリキッドの味を壊さない事であり、理想的な添加用ニコチンリキッド。
オリジナル性 無評価 3,6,12,18,24,36mg/mlの豊富な品揃えだが36mg/ml以外の必要性を感じない。
濃さ ★★★☆☆ ニコチン濃度に付いて評価すると36mg/mlよりももう少し高い濃度のラインナップが欲しい。
総合評価 ★★★★☆ とりあえず添加用のニコチンリキッドはこれを買っておけば間違いないがコストパフォーマンスは良くない。

今までDIY用のニコチンリキッドを使った事が無い方はニコチン何てどこも一緒だろと思われるかもしれませんが、メーカーによっては臭みがあったりニコチンの刺激に微妙な違いがあったりするらしいです。私は今までhaloも含め2つのメーカーしか使った事がないのでそこら辺は分かりませんが、ただでさえ危険な物なので少しでも信用出来るメーカーの物を積極的に使いたいですね。

ただhalo Fusionの欠点としてここまで何度か書きましたが最も高いニコチン濃度で36mg/ml。容量30mlのノンニコチンリキッドをニコチン濃度6mg/mlに調整しようとすると6mlの添加が必要で元のリキッドの味が1.2倍に薄まるのは何だかなとも思いますね。お店によってボッタ価格で販売している所もありますが公式からの購入や良心的なお店ではそれ程高くは無いですが、何度も繰り返しますがもうちょっと高い濃度があればなぁ。

お勧め販売店

halo公式
公式では30mlボトルが濃度に関わらず$16.99で販売しています。
E-CIGDO
同じく30mlボトルを$16.99で販売。

にほんブログ村 健康ブログ 電子たばこへ

現在この記事に投稿されたコメントがありません。

お名前 :

サイト内検索
最近の更新
最近のコメント
カテゴリ