VAPE JUNKIE
メール
サイトインフォ
AVE40

電子タバコのランニングコストを真剣に計算してみた

コスト
電子タバコはリアルタバコ比でお金が掛からないというのは以前から実感していましたが、普段どの程度リキッドを消費してコストが幾ら掛かっているかを真剣に計算した事はありませんでした。リアルタバコとの比較の場合、1日1箱以下のライトスモーカーだった方なら逆に電子タバコの方がお金が掛かっているとい事も考えられますが、私の場合は平均で日に3箱のヘビースモーカーだったのでその差は如実に出ています。毎年のように増税で価格の上がるタバコに嫌になっている方も多い筈。タバコから電子タバコに代えて実際にどれだけの差が出ているのか、今回はそんなテーマで記事を書いてみます。

月々のタバコ代

正確な時期は覚えていないのですがリアルタバコを止めてもう丸2年以上かな。私が一番長く吸っていた銘柄はメビウス(旧マイルドセブン)でちょっと前まで420円だったと記憶しているのですが、今年の4月に値上がりして今は440円になっているんですね。元々私の場合は経済的な面より健康面でタバコを止めたのですが、仮に今でもタバコを吸い続けていたとしましょう。1箱440円のタバコを日に3箱、1月が30日として月に39,600円。年間だと475,200円、2年で軽自動車が1台買えますな。もし今でもタバコを吸い続けていたらと思うとゾッとします。

因みにまだ1箱250円ぐらいだった頃の分を計算に入れて過去に費やしてきたタバコ代をざっと計算してみると500万を超えます。別に昔からずっと日に3箱吸ってた訳では無く2箱ぐらいの時期が一番長かったので、当時の価格なども考慮して計算したのですが何度計算しても500万を超えて驚愕しました。

現在の私の電子タバコのランニングコスト

今回はアトマイザーやMODといった本体の機器の方はコスト計算で除外します。現在私は1日の内の殆どを素グリ(グリセリン、以下VG)で過ごしています。勿論ニコチン入りではありますが、使っているVGは純度が低くて安い物で、供給の面でそれはそれで都合が良かったりします。別にケチっている訳ではなく携帯性を重視した機器だとどっちにしろ大した味は出ないからニコチンさえ入っていれば素グリで良いかとなったんです。

ニコチン入り素グリの消費量は大体1日5ml、ニコチン濃度は最近だと10mg/ml、これを踏まえて計算していくと使用しているニコチンはHiLIQ製の物で送料も含めてちょっと高めの100ml 3,000円で計算。素グリに添加しているニコチンリキッド分は1日0.5ml消費しているので15円、30日で450円。次に素グリ用で使用しているVGは大洋製薬の500mlで楽天で685円で販売されている物。しかも1,900円以上の購入で送料無料なので国内最安?これをニコチンリキッド分を引くと4.5ml消費しているので日に6.165円ですが6.2円にしておきます。30日で186円なのでニコチン入り素グリの1月のコストは合計636円。素グリで使っているアトマイザーはEVODコイルを使用する物なのですが国内販売でも5個600円。1個で1週間から2週間の寿命ですが仮に1月分としてコイル代を足すと1,236円。ずっと素グリだけ吸っていれば月1,236円のランニングコスト、タバコ代の比じゃ無いですね。

しかし当然ながらずっと素グリだけでは寂しいしやっぱり美味しいリキッドが吸いたいと思う事もある訳で、ここ半年程ずっと吸っているのがガチョウ汁でお馴染みのGoose Juice。これを吸う時間自体は少ないのですがクラプトンコイルで吸うのが好みで消費量が多いので素グリと同じく日に5mlぐらいは消費しています。Goose Juiceは当然30mlの原液で150ml分が作れる1,500円で販売されているDIY用、ニコチン濃度は3mg/mlでVGは出来るだけ美味しく吸いたいので大洋製薬では無く480mlで1,000円のクサノハ。Goose Juiceは送料入れて1,700円で計算、そこにニコチンリキッド代やVG代を足すと1月2,138円になりました。他、コイルに使用するクラプトンワイヤーを月100円と仮定、1年前に購入して無くなる気配の無いコットンも100円としても合計2,300円ちょい。上の素グリ代と合わせて月3,500円ちょいになりました。

やっぱり電子タバコはお金が掛からない

以前の狂ったようにタバコを吸っていた頃と比べてお金が掛かっていないのは実感していましたが、改めて細かく計算をしてみるとビックリするぐらいお金が浮いています。しかし不思議とお金が全然貯まっていないのは何故なんでしょうねぇ。

ただ気になるリキッドは一杯あるので買わないといけませんな。現状は素グリとGoose Juiceだけで満足していますが世界中には星の数ほどリキッドがあり国内だけでも新メーカーや新ブランドがどんどん起ち上げられていますし、今まで吸った事の無いような美味しいリキッドに出会いたいという気持ちは無くしていません。

月に1本ぐらい気になるリキッドを買って、たまに機器の方も買ったとしても平均で月1万円は超えないでしょう。特に私の場合、機器はブランド志向や高級志向が一切無いので尚更。電子タバコ自体も吸わなければお金は更に掛からないのですが、下戸でお酒が飲めない体質なので健康上の問題が出ない限りは電子タバコぐらい良いじゃない。リアルタバコもそんな口実で吸ってましたが、リアルタバコより有害性は明らかに低い実感があるしお金の掛からない趣味だと考えれば電子タバコってやっぱり素敵。

(掲載日 : 17/05/23)

にほんブログ村

にほんブログ村 ←ランキングに1票を!

現在この記事に投稿されたコメントがありません。

お名前 :

サイト内検索
3avape
Efun.top
最近の更新
人気記事
最近のコメント
カテゴリ
HOME
HOME
カテゴリ
カテゴリ
サブメニュー
サブ
人気記事
人気記事