VAPE JUNKIE
メール
サイトインフォ
VapeFly
VapeFly

TeaUp Vapory Jasmine Green リキッドレビュー

TeaUp Vapory Jasmine Green
健康意識の高まりから毎日欠かさず4、5杯は緑茶を飲んでいますが、今回はそんな私が以前から気になっていたリキッド、TeaUp Vapory Jasmine Greenをベプログショップさんの提供でレビューします。いつも有難うございます。名前からしてジャスミンティーと緑茶のブレンドなのは分かるのですが、アメリカ人の感覚で作られたお茶ですから絶対甘いんだろうなと思ってたらベプログさんの商品説明にも甘いとありますね。日本人として緑茶には甘さほんのりで苦味や渋味を期待してしまうのですが、そこら辺はどうなのでしょうか。開封時の香りはモロ抹茶の匂い。スティープは約2週間で、使用環境はSSクラプトンでビルドした0.55Ωコイル装着のHcigar Maze V3

私的評価

★★★★☆ ハチミツのようなネットリな甘さが強いがお茶の苦味や渋味もあり違和感が無く美味しい。やや飴っぽい印象も。
オリジナル性 ★★★★☆ 複雑さは無いが緑茶リキッド自体が少ないので貴重な存在。ただ香りは緑茶寄りだが味はジャスミンティー寄り。
濃さ ★★★★☆ 濃いというより甘さが強めと言った方が正しいかも。ただしっかりお茶の部分も感じられるので十分な濃さ。
ニコチンとの相性 ★★★☆☆ 実物のタバコと緑茶の組み合わせは好きだったがニコチンとの相性は並みといった印象。
総合評価 ★★★★☆ 甘い緑茶に違和感ありそうと思ったら、意外にそうでも無くジャスミンティーとの組み合わせも良く完成されたリキッド。

上で書いた通り香りは完全に緑茶と言うより抹茶、吸ってみると緑茶の部分もあるのですがジャスミンティーの方が強め、そしてかなり甘いので時折飴っぽくも感じます。もうちょっと甘さ抑えめで渋味が強かったらもっと好みにハマったのですが、現状でも十分美味しい。普段そんなに緑茶を飲まない方でも美味しく吸える万人向けの調整ですが、何度も繰り返すようにもっと渋味が欲しかった。

TeaUp Vapory Jasmine Greenも一つの完成形ではありますが、私が求めているお茶リキッドとは違うんですよね。こういう系統のリキッドはもう日本人と言うかアジア人が作るしかないんじゃないでしょうか。甘さ抑えめで渋味強いやつ、口の中がギュッとなるぐらい濃い渋味が楽しめる緑茶リキッドを是非日本メーカーに作ってほしいなぁ。因みにTeaUp Vaporyは他にも2つのお茶系リキッドがあるので、機会があれば残りも探っていきたいと考えています。

お勧め販売店

ベプログショップ
今回提供して頂いたベプログショップさんでは30mlボトルが2,900円で販売中。3,000円以上の購入で送料無料になります。
(掲載日 : 16/10/11)

にほんブログ村

にほんブログ村 ←ランキングに1票を!

現在この記事に投稿されたコメントがありません。

お名前 :

サイト内検索
3avape
最近の更新
人気記事
最近のコメント
カテゴリ
HOME
HOME
カテゴリ
カテゴリ
サブメニュー
サブ
人気記事
人気記事