VAPE JUNKIE
メール
サイトインフォ
VapeFly
VapeFly

Aleader Funky Squonk Resin Kit レビュー

Aleader Funky Squonk Resin Kit
以前までBottom Feederと呼ばれていたMod内のタンクからアトマイザーへリキッドを供給するSquonker(以下スコンカー)がかなり流行っているようで、特に最近になってメカニカルのスコンカーが続々と発売されています。そんな中で今回は前回に引き続き3avapeさんの提供でAleader Funky Squonk Resin Kitをレビューします。名前にもあるようにModの素材はレジンで要は樹脂ですが内部がメカニカル特有の簡素さもあって超軽量、デザインは好み次第な所はありますがカラーリングはかなり凝っています。付属アトマイザーのRDAは私が使った分にはオマケ的要素であまり価値を見出せませんでしたが、Mod単体でも販売中。今日は主にModの方の魅力を中心にAleader Funky Squonk Resin Kitのレビューをしていきます。

Thank you 3avape!!

Aleader Funky Squonk Resin Kit 仕様

■アトマイザー

サイズ 24×33.5(mm)、ドリップチップ含む
種類 BF デュアルコイル用RDA

■Mod

サイズ 実測24×47×78(mm)
重量 実測65.29g
内蔵タンク容量 7ml
バッテリー 18650×1

Aleader Funky Squonk Resin Kit
いつも通り付属品から見ていきます。まずアトマイザーのコイルの脚を固定する為の予備ネジが4つ、裏側のネジが1つ、コイル固定用ネジの六角ドライバー、Oリング、マニュアル、それと写真で黄色い丸い板状の物はアトマイザーのスレッドと呼ばれる接続部に取り付けてModへの熱を遮断する為のパーツが付属。アトマイザーに取り付ける熱を遮断するパーツは結構最近見ますね。他、アトマイザーに標準で取り付けてあるネジは何故か最初から緩くて箱から取り出す際に2つ外れて探すのに苦労しました。一応予備があるにせよ注意が必要。

Aleader Funky Squonk Resin Kit
アトマイザーの方を見ていきます。ベースの所に切れ込みがあるのでこの部分とキャップのエアホールでエアフローコントロールをする仕組みかと思い込んでいましたが全く高さが合わず違いました。エアフローコントロール機能はありません。キャップは外側から見ると素材は分かりませんが内側は金属になっています。ドリップチップは樹脂製で接続は810サイズ。ポジティブピンは最初からBFピンになっており別途標準のポジティブピンも付属していないので実質スコンカーMod専用です。他、この形状のポストは2つのコイルの4つの脚を固定する際、内外と内外なのか内内と外外なのか以前から迷うんですよね。設置のしやすさだと後者の方だけど前者が正解のような気はしています。

Aleader Funky Squonk Resin Kit
ではModの方を見ていきます。冒頭の方でも書きましたが内部の構造が簡素でボディの素材もあってか重量約65gと非常に軽量。ファイアボタンはバネが仕込んである感触で程良い硬さですがロック機能が無いので持ち運びの際にはバッテリーを抜いておく必要がありそう。ボトルは公式ページではPETとありましたがシリコンぽいようなかなり柔らかい素材で、Modからはそのまま引き抜けば簡単に外れます。バッテリーの装着は上がプラスで下がマイナス。取り付けと取り外しはちょっと硬め。

Aleader Funky Squonk Resin Kit
写真はボトルを外した所。サイズが小さい割に7mlと十分な容量。ボトルの構造は上のキャップがネジ式で外れるのでかなりリキッドが注入しやすくなっています。それと上で書いたように非常に柔らかい素材でアトマイザーに供給するのもあまり押し込む力が必要無いので疲れないのが良いです。私はメカニカルには正直あまり良い印象は持っていないのですが単純な構造だけに故障に強そうなのとボトル付きでもかなり軽量な点は好み。ただ出力を任意で調整出来ない点だけはどうしても引っ掛かる所があります。

Aleader Funky Squonk Resin Kit ビルド

Aleader Funky Squonk Resin Kit
今回は珍しくカンタル28Gの単線でコイルを作ってみました。それと少し上で脚の設置に迷うと書きましたが初めて内内と外外で設置。やっぱりこの設置の仕方は間違っている気がするけど味の影響は大差無いでしょう。それとそれぞれ2.5mm系で8巻きにしましたがスペースに対して明らかに小さすぎましたね。もうちょっと内径は大きくして10巻き以上行っても良かったかも。抵抗値は0.75Ωとデュアルとしては高め。最近はずっとクラプトンばかりなのでクラプトンワイヤーは5種ぐらい手持ちにあるのですが、こういう時の為に24Gぐらいの単線ワイヤーを買っておかないといけませんね。

Aleader Funky Squonk Resin Kit 感想

Aleader Funky Squonk Resin Kit
さて、Aleader Funky Squonk Resin Kitの感想になりますがアトマイザーの方はエアフローコントロールが無い上にエアホールが大きいのもあってどうしてもスカスカに。結果味は薄いですがもうちょっと大きいコイルで組めば少しは改善しそう。ただそれでも限度はある訳で凄く美味いまではどう頑張っても到達出来る気がしません。蒸気はモックモクで大量に出ますが、デュアルで大した味も出ないアトマイザーを選ぶ理由は無いかと言うのが率直な感想。反面、Modの方はデザインは置いといて流行りのメカニカルのスコンカーで軽量なのもあって気に入りました。私は出力を任意で変更出来るModの方が断然好きですが軽量化ありきのメカニカルという製品コンセプトならそれはそれでありですね。

気になる点としてファイアボタンのロック機能が無い所ですが面倒だけど使わない時はバッテリーを外しておくという事で安全面は解決出来るので欠点と言う程では無いかな。因みに同じAleaderでもAleader killerという低価格のスコンカーがあって、こちらは可変出力のあるレギュレーテッド、所謂テクニカルなのでAleader killerの方が私の用途には合いそうな気がします。

今回提供して頂いたAleader Funky Squonk Resin Kitは3avapeログイン状態で$36.50で販売中。Mod単体だと$24.50とお安くなっています。更にクーポンコード : vapejunkieで全商品が10%オフになるので御利用の際にはお忘れなく。

広告

Geek Vape Blitzen
3avapeさんに頼まれていた一押し新製品を広告という形で最後に掲載しておきます。まずGeekVape Blitzen、RTAなのにサイドエアフローという特殊で凝った構造がいかにもGeekVapeらしいですね。次にAspire SkyStar RevvoですがModはタッチパネル操作になっていてちょっと興味深い仕様。ただ普通にボタンの方が私的に操作しやすそうだとは思うのですが。それよりもアトマイザーの方が気になっていて専用のARCコイルなる物に興味を惹かれます。他、VOOPOO TOOは過去の記事で気になる製品としても取り上げましたがお値段は予想通り高め。最後のAvidartisan Gamblersは1600mAhバッテリー内蔵の小型Modで、日本で売れるんじゃね?と言われましたがどうだろうか...。このタイプは以前から有名メーカーの製品で飽和状態ですからね。

私も3avapeはお気に入りのお店ですし何より定期的に商品提供して頂いているし、他にも色々と魅力的な製品を扱っているのでお暇な時にでもお立ち寄りください。

(掲載日 : 18/01/06)

にほんブログ村

にほんブログ村 ←ランキングに1票を!

現在この記事に投稿されたコメントがありません。

お名前 :

サイト内検索
3avape
Wismec
最近の更新
人気記事
最近のコメント
カテゴリ
HOME
HOME
カテゴリ
カテゴリ
サブメニュー
サブ
人気記事
人気記事