VAPE JUNKIE
メール
サイトインフォ
VapeFly
VapeFly

Cthulhu Azathoth RDA レビュー

Cthulhu Azathoth RDA
今回はいつもと違って私Takeyamaでは無く当サイトのコメント欄で知り合うきっかけとなったなつさんにCthulhu Azathoth RDAをレビューして頂く事になりました。提供は当サイト初の電子タバコ機器のレビュー依頼を下さったVapeSourcingさんです。なつさんにお願いした動機の一つとして私の負担の軽減も勿論あるのですが、何よりコメントで非常に熱心に勉強されている事が伝わってきたのが最大の理由です。まだ始めて2ヶ月との事ですが記事の質は明らかに私よりも高く、このサイトの運営もなつさんがやるべきじゃないのかと自信を失う程です。ただ記事を頂く前に「MODがアトマイザーを認識しない」というご相談があり、まさかコイルがキャップに当たってショートしてるなんて初歩的なミスじゃないよなと思っていたらそれが原因だったという初々しい所もあります。では早速下でなつさんのCthulhu Azathoth RDAレビューをお楽しみ下さい。

Cthulhu Azathoth RDA
みなさまはじめまして。無謀にもこちらでレビューをさせていただくことになりました「なつ」です。まだVapeを始めて2ヶ月ちょっとの若輩者です。初心者の目で見たレビューというのも一部の方にはニーズがあるのではないかと信じて、商品紹介をしていければと思っています。さて記念すべき初回のレビューは・・・。珍しいメッシュRDAの「CETO」が話題になったCthulhu MOD(クトゥルフモッド)。こちらはスタンダードなデュアルコイルのRDA「Azathoth(アザトース)」です。デザインはシンプルな砲弾型で金属の塊感があってかっこいいです。ボトムとサイド二つのエアホールが設けられていてボトム側の内部エアホールが立ち上がっているので一見して液漏れに強そう。ジュースホールはそこそこの深さがあるので面倒なリキッドの継ぎ足しも少なくてすみそうです。BFピンが付属しているのでSquonkボトムフィーダーでも運用できますが直径が24mmあるのでMODを選びます。それでは下で詳しく見ていきましょう。

Thank you VapeSourcing!!

Cthulhu Azathoth RDA 仕様

サイズ 24×35(mm) ドリップチップ含む
重量 40g
種別 デュアルコイルRDA
付属品 510ドリップチップ変換アダプタ、BFピン、簡易マイナスドライバー、予備Oリング、予備ネジ

Cthulhu Azathoth RDA
お洒落な布製のボックスです。房は内側からから小さい古銭のようなもので留められていて凝った造りになっています。神話小説に由来するブランド名、商品名と相まってちょっと不思議な雰囲気を出していますね。商品シール(バッチ?)が少しずれているのはご愛敬(笑)

Cthulhu Azathoth RDA
本体はデッキ、ボトムキャップ、トップキャップ、ワイドボアドリップチップにから成っていて、付属品は510変換アダプタ、簡易ドライバー、BFピン、予備ネジ、予備Oリングです。デッキは段違いベロシティとでも言うのでしょうか一見してデュアルでも組みやすい形状です。ウィルは8mmほど深さがありリキッドを沢山保持してくれそうです。デッキ側のエアフローは2カ所。コイルの真下から吹き上げる構造です。ボトムキャップに3カ所穴が空いていて穴の位置をずらすことでひとつ穴、ふたつ穴の全開~全閉を調整できます。

Cthulhu Azathoth RDA
キャップ同士はネジ式で、ここにも2カ所のエアフローがあります。ネジを緩めることでエアが抜けるようになっていますが緩めて止まるようになっていないのであまり現実的ではないかも知れません。またデッキとボトムキャップがきつくて外しにくい。緩すぎてもアトマイザーを持ったときに外れてしまったり、リキッドが漏れたりするので難しいところですが、外すのが億劫になるほどかたいです。リキッドはトップキャップだけを外して入れればいいのでしょうが、ボトムキャップがチムニー状になっているので少しやりずらいですね。

Cthulhu Azathoth RDA ビルド

Cthulhu Azathoth RDA
RBAは5~6回しかやったことがないのでお見せするのは恥ずかしいのですが、下手くそなビルド例としてお見逃しください。今回は24ゲージコアに34ゲージのクラプトンワイヤーを使いました。内径3mmの6巻きデュアルで抵抗値は0.4Ωでした。0.6Ωくらいを狙ったのですがクラプトンだと低くなりますね。カンタルで同じように組んだら狙いの抵抗値が出せたかも知れません。コットンはウィルの深さを考えて少し長めにウィッキング。

Cthulhu Azathoth RDA 感想

Cthulhu Azathoth RDA
実際に吸ってみましょう。届いたばかりの「VooPoo DRAG」に乗せてみました。DRAGでは抵抗値0.36Ωで推奨出力42W。お勧めどおり42Wで吸ってみます。ボトムフロー全開だとかなりスカスカで味が出ません。それぞれ2/3閉めるとちょうどいい感じになりました。50Wに上げてみると立ち上がりが早くなり快適です。スピットバックがバチバチきますがほどよいチムニー形状のせいか直接口には届きません。試しにサイドエアフローも開けてみましたが単純にスカスカになるだけなので必要ないですね。

良い点

悪い点

デッキとボトムキャップ以外の部分は工作精度もよくキッチリとした造りになっています。リキッドを塗るなどして馴染ませていけば常用RDAになる予感のする「Cthulhu MOD Azathoth」でした。

最後に今回提供して頂いたCthulhu Azathoth RDAはVapeSourcingで$19.89で販売しています。

(掲載日 : 17/08/22)

にほんブログ村

にほんブログ村 ←ランキングに1票を!

現在この記事に投稿されたコメントがありません。

お名前 :

サイト内検索
3avape
Wismec
最近の更新
人気記事
最近のコメント
カテゴリ
HOME
HOME
カテゴリ
カテゴリ
サブメニュー
サブ
人気記事
人気記事