VAPE JUNKIE
メール
サイトインフォ
VapeFly
VapeFly

Digiflavor Drop Solo RDAレビュー

Digiflavor Drop Solo RDA
本日はVapeSourcingさんの提供でDigiflavor Drop Solo RDAをレビューします。さて、このRDAはちょっと前に気になる新製品としても取り上げましたが、過去にレビューしたデュアルコイルのDROP RDAのシングルコイルバージョンになります。標準のDROP RDAに関しては過去の記事を読んで頂ければ分かる通り比較的辛口評価と言われる私が絶賛していますが、シングルコイルバージョンのSoloには当然ながら期待は大きいです。しかもビルドの手間を考えたら絶対シングルの方が良いじゃないですか。内部の構造がかなり異なるので味には不安もあるのですが果たして結果は...詳しくは下で。

Thank you VapeSourcing!!

Digiflavor Drop Solo RDA仕様

サイズ 22×24(mm) ドリップチップ、スレッド含まず
種別 シングルコイル用RDA
付属品 予備Oリング、ネジ、ドライバー、BFピン、コイル、変換アダプタ他

Digiflavor Drop Solo RDA
いつも通り付属品から見ていきます。予備のOリング、ネジ、T字ドライバー、スコンカーで使用する為のBFピン、クラプトンコイル2個、810-510変換アダプタ、六角レンチ、半透明キャップ、後はマニュアル類。因みにコイルの脚を固定する為のネジはマイナス、標準のポジティブピンもマイナスですがBFピンはプラス、付属の六角レンチは使い所が不明。それと半透明のキャップにはベース部の下に取り付けるカバーのようなパーツがあるのですが、これを使うと24mm径になります。

Digiflavor Drop Solo RDA
写真はDrop Solo RDAをバラした所。主なパーツはアトマイザーベース、ミッドキャップ、トップキャップ、ドリップチップの4つになります。標準のドリップチップは810サイズですが、上でアダプタ付属である事を書いたようにアダプタを挟んで510サイズのドリップチップが使用可能。標準のミッドキャップはエアホールが4段あり、最上段がエアホール4つ、それより下が2つずつ。付属の半透明のミッドキャップは3段で全て2個ずつになっています。

Digiflavor Drop Solo RDA
Drop Solo RDAのエアフローコントロールを見ていきます。これはデュアルコイル用の方と共通でトップキャップの下側が段差になっています。これミッドキャップにはめて回していくと上段から順にエアホールを塞いでいく構造になっています。正直エアホールが4つ空いている最上段なんてまず使わないと思います。それと標準と付属の半透明のミッドキャップは長さが異なり半透明の方が短め。半透明キャップは中身が見えて便利ではありますが樹脂製のキャップはちょっと不安かな。熱に強い素材が使われている筈ですが、私は積極的に使う気にはなりませんね。

Digiflavor Drop Solo RDA
デッキの部分を見ていきます。ここがかなり特殊でポストに上からコイルの脚を通して横からネジで固定する仕組み。当然、コイル固定後は折り曲げる必要があります。既に現時点で3回ぐらいビルドしていますが、はっきり言ってやり難いです。ただこの構造だとコイルの余った足をギリギリで切らなくてもキャップに当たってショートする事が無いので、その部分に限っては良いですね。ジュースウェルの深さはそこそこありますが、あまりタップリ入れすぎるとエアホールが詰まるので実際の保持量はあまりないと思った方が良いです。スコンカーで使うのがベストでしょう。

Digiflavor Drop Solo RDAビルド

Digiflavor Drop Solo RDA
Drop Solo RDAをビルドしていきます。と言っても上で書いた通り記事を書いている時点で3回ビルドしていますが写真は付属コイルを使った最初の1回目です。コイルの内径は2.5mmで装着時は0.25Ωぐらいだったのですがドライバーン後に公式ページの記載い通り約0.35Ωになりました。コイルの脚を固定する段階でどの程度の長さを残したら良いのか分からなかったので納得いく状態にするまで苦労しましたが、慣れてくれば楽にビルド出来そうではあります。通したコットンの脚は長めに残して中に詰めていますが、写真ほど長くする必要はない筈。

Digiflavor Drop Solo RDA感想

Digiflavor Drop Solo RDA
Digiflavor Drop Solo RDAの感想に行きます。最初は下2段開けた状態から吸いましたがスカスカ。ドローは一番下の下段のみで私的に丁度良いぐらいですが、最下段のエアホール1個のみ開けた状態だとMTLをコンセプトにして作られているアトマイザーと同じぐらいの重さになります。最上段とか絶対使わないと思いますが、最下段と下2段で軽めから重めまで調整出来るのが好印象。そして肝心の味ですが付属コイルを使った最初のビルドはかなり美味しかったです。デュアルのDROP RDAと同等ぐらいの味は出ていたと思います。かなり感激したのですが、コイルの高さで味の変化が知りたくていじっていたら味が出なくなって、手持ちのワイヤーで作ったコイルに交換。更に試行錯誤したのですが最初のビルドほどの味が出せなくなりました。

久しぶりにビルド運に左右されたなぁ。公式ページの画像だと装着したコイルは直角に近いぐらいの角度に曲げているので位置は高めなんですよね。私的には直角よりもうちょっと低めの設置の方が美味しい気がしたのですが、現在何が正解か分からなくなってしまいました。ただビルドがハマればRDA最高クラスの美味しさなのは間違いないです。欠点として使用中にあの小さなエアホールにリキッドが詰まる事があるので、その部分はイラッときました。特にリキッドを入れすぎるとなります。

最後に今回提供して頂いたDigiflavor Drop Solo RDAはVapeSourcingで$29.95で販売中。海外ショップの利用は多少なりトラブルも付きものなので自己責任でお願いします。

(掲載日 : 18/08/01)

にほんブログ村

にほんブログ村 ←ランキングに1票を!

現在この記事に投稿されたコメントがありません。

お名前 :

サイト内検索
3avape
最近の更新
人気記事
最近のコメント
カテゴリ
HOME
HOME
カテゴリ
カテゴリ
サブメニュー
サブ
人気記事
人気記事