VAPE JUNKIE
メール
サイトインフォ

Digiflavor Themis RTA (Mesh Version)レビュー

Digiflavor Themis RTA (Mesh Version)
本日も3avapeさんの提供でDigiflavor Themis RTAのMesh Versionをレビューします。まずこのアトマイザーは色々と特徴的な部分がありまして、一般的なコイルを装着して使用するバージョンとメッシュワイヤー対応のバージョンがありますが、今回私が頂いたのはメッシュワイヤー対応の方になります。それとエアフローは上部から空気を取り込んで内部の通路を通って横からコイルに空気を当てる構造になっています。どこかで似たようなRTAを見た事がと思ったら、公式ページにもしっかり記載がありましたがGeekvapeのZEUSにインスパイアされた製品だとか。電子タバコはパクリパクられが当たり前の世界なのでインスパイアと言う名の真似も許されるのでしょう。エアフローの構造は全く同じという事も無いしビルドはむしろThemisの方がやり易そうではあります。詳しくは下で。

Thank you 3avape!!

Digiflavor Themis RTA (Mesh Version)仕様

サイズ 25×50(mm) ドリップチップ含む
種別 メッシュワイヤー兼シングルコイル用RTA
タンク容量 5ml
付属品 予備Oリング、ガラスタンク、ドリップチップ、ドライバー、変換アダプタ

Digiflavor Themis RTA (Mesh Version)
いつも通り付属品から見て行きます。まず予備のOリングですが今までにないぐらい大量に付属。それと予備のガラスタンク、標準でアトマイザーに装着してある810とは別に510サイズのドリップチップ、その510ドリップチップを使う為に必要な810-510変換アダプタ、後はビルドで使用するドライバーが付属。さて、今回私が頂いたのはメッシュバージョン。当然メッシュワイヤーが付いてると思ってたら付属していません。勿論手持ちにもメッシュワイヤーなんて無いのでせっかくのメッシュワイヤー対応にも関わらず、標準コイルでビルドする事になります。

Digiflavor Themis RTA (Mesh Version)
洗浄前にバラした写真になりますが、Themis RTAは結構パーツ多め。一番左はボトムキャップと言ったら良いのかベースカバーと言ったら良いのかアトマイザーベースをネジ式で固定する為のパーツ。その横がアトマイザーベース、中央がタンクですが上部のエアフローリングは上に引っこ抜けます。その右はトップキャップですが着脱はZEUSと同じ構造でちょっと特殊。一番右は上述通り810サイズのドリップチップですが、アダプタを先に装着する事で510サイズのドリップチップも使用可能。

Digiflavor Themis RTA (Mesh Version)
トップキャップの着脱ですが装着はトップキャップの出っ張りとタンク上部の切れ込みを合わせてから90度回転、外す時は逆方向に90度回転して上に引っ張れば外れます。トップキャップを外したら2つの穴が見えるので、ここからトップフィルでリキッドを注入出来ます。それとタンクからアトマイザーベースを外す際は先にネジ式のベースカバーを外した後、タンクから引き抜いて外します。タンク内部はエアフローの通路が確認出来るので、そこにデッキのエアフローの出っ張りを合わせる形で装着。

Digiflavor Themis RTA (Mesh Version)
デッキの方を見て行きます。印を付けている長めの穴の位置に本来はメッシュワイヤーを装着する仕組みです。メッシュワイヤーを入れ込んだら横からネジを締めてクランプで挟んで固定。3つの穴が空いている出っ張りがエアフローの仕切りになります。上から通ってきた空気がこの3つの穴を抜けて横からコイルに空気を当てる訳ですね。因みにメッシュバージョンとは別の標準コイルバージョンは穴が4箇所空いており、そこにコイルの脚を入れて固定する仕組みになっています。

Digiflavor Themis RTA (Mesh Version)
公式ページに掲載されているビルド例も載せておきます。一番右がメッシュワイヤーでビルドしたイメージです。それとDigiflavorが販売しているメッシュワイヤーも下に3種ありますが、3avapeさんで価格を調べると3種ともログイン状態で5ft(約152cm)が$1.95となっておりかなり安いです。また、中央にあるようにメッシュバージョンでも通常のコイルでビルドが可能です。

Digiflavor Themis RTA (Mesh Version)ビルド

Digiflavor Themis RTA (Mesh Version)
冒頭の最後の方にビルドがやり易そうと書いたじゃ無いですか。メチャメチャ苦戦しました。ネジを回したらクランプが開閉する仕組みなので、そこにワイヤーを挟んで固定するのですが、メッシュワイヤーに最適化されているのもあって太いクラプトンコイルの脚は入りません。という事で少し細めのクラプトンワイヤーでコイルを作り直し装着。それでも装着が難儀でしたが本来はメッシュ用なので文句を言うのは止めておきます。抵抗値はピッタリ1Ω。通すコットンはかなり長めにしたつもりでしたが、実際に設置するとちょっと足りなかったかもというぐらいに。あとコットンを詰める場所はギチギチにすると供給が悪くなるのでふんわりな感じで余裕があるぐらいが良さそう。どっちにしろボタボタ垂れてくる事はありませんし、そこが魅力のアトマイザーですしね。

Digiflavor Themis RTA (Mesh Version)感想

Digiflavor Themis RTA (Mesh Version)
ではDigiflavor Themis RTA (Mesh Version)の感想に行きます。やっぱりメッシュバージョンなのでメッシュワイヤー使わないと意味ないっぽいです。別に味は出なくは無いですよ。ただコイルを使うなら標準バージョンの方でデュアルコイルで使うべきでしょうね。メッシュバージョンもデュアルコイルに出来なくは無いですが不器用な私には無理です。ドローは全閉でも吸えてしまうので絞っても比較的軽め。出力を高めにすると供給不足になりがちなのでウィッキングがそれなりに試行錯誤が必要。最大の欠点はちょっとだけでも良いからお試し用のメッシュワイヤーを付けておけよと。箱を開けるまで初めてのメッシュワイヤーが使えると思ってワクワクしてたのに...。

各パーツをはめるのがしんどかったり一度リキッドを注入したらコイルの再調整で手がベトベトになるのは必至、でかいし重いといったデメリットもありますがトップエアフローで立てていればリキッド漏れが無くしかもメッシュワイヤーが使えるという魅力もあるので、かなり面白い製品ではあります。

今回提供して頂いたDigiflavor Themis RTA (Mesh Version)は現在3avapeで$26.50で販売中。クーポンコード : vapejunkieで全商品10%オフ、$30以上の購入で送料無料になります。海外ショップの利用は多少なりトラブルも付きものなので自己責任でお願いします。

Giveaway プレゼント企画

Geekvape Loop RDA
最後に昨日の記事にも書きましたが3avapeさんの提供によりVapefly Galaxies MTL RDAのGiveaway プレゼント企画を行っております。実は...今回は応募者がかなり多くて驚きました。Galaxies MTL、かなり人気なんですね。そこで当選者が1人だと何だか申し訳ないので現在3avapeさんにお願いして当選者の増枠を交渉中です。私の交渉力は当てにならないのであまり期待しないで下さい。応募方法はメールフォームから件名を[その他]にしてお名前の欄はハンドルネーム、メールアドレス欄は連絡が付く適当なメールアドレス、メッセージ欄にVapefly Galaxies MTL RDA応募とでも入れてご連絡下さい。当選者の方には当方からメールを差し上げますので、その際に発送先のお名前やご住所をお尋ねします。

(追記)締め切りは土曜日一杯、当選者の発表は日曜日深夜(日付的に9日)を予定しています。応募者が想定以上だった為に3avapeさんに交渉した所、当選者を3人分増枠して頂けました。合計4人が当選します。

(掲載日 : 18/04/05)

にほんブログ村

にほんブログ村 ←ランキングに1票を!

現在この記事に投稿されたコメントがありません。

お名前 :

サイト内検索
3avape
最近の更新
人気記事
最近のコメント
カテゴリ
HOME
HOME
カテゴリ
カテゴリ
サブメニュー
サブ
人気記事
人気記事