VAPE JUNKIE
メール
サイトインフォ
VapeFly
VapeFly

DJV RDA MARK#1レビュー

DJV RDA MARK#1
本日もBuyBestさんからの提供でDJV RDA MARK#1をレビューします。ここ最近続いたBuyBestさん提供のレビューも一区切り、本当に沢山有難うございました。さて、DJVは正確にはDEJAVUという名称のメーカーで幾つかの製品は目にした事はあったのですが実際に使うのは初めて。特徴としてはボトムエアフローとサイドエアフローの両方が使える構造ですが、このタイプは昨年から幾つかあったので特別珍しい訳ではありません。しかもこのタイプは過去の経験上、サイドエアフロー要らないと思う事が多いです。他に斜め上に伸びるパイプ状のエアフローの吹き出し口など、特徴はありますが詳しくは下で。

Thank you BuyBest!!

DJV RDA MARK#1仕様

サイズ 実測24×31(mm) ドリップチップ含む
種別 デュアルコイル用RDA
付属品 予備Oリング、ネジ、BFピン、六角レンチ、コイル、ステッカー

DJV RDA MARK#1
では付属品から見ていきます。まず箱の中にはDJVオリジナルデザインのポーチが入っていて、そのポーチの中にアトマイザーやら付属品が収められています。ポーチの上蓋側にはフラットクラプトンのコイル2個入りパックとステッカーが、下段に収めてあるプラのケースの中には予備のOリングやネジ、BFピン、六角レンチが入っています。それぞれサイズの異なる六角レンチが2つありますが、1つはコイルを固定する為のネジ用の物で、もう1つはポジティブピン用の物。

DJV RDA MARK#1
MARK#1をバラした写真。ベース部のボトムエアフローになっている出っ張りとミッドキャップの凹みの部分を合わせる構造ですが、ボトムエアフローは一切調整できないようになっています。ただ、ミッドキャップとトップキャップは位置をずらしてサイドエアフローの調整が可能。サイドエアフローでは良く見る構造ですが、片側だけ塞ぐといった事が出来ないのでデュアルコイルじゃないと味が出なさそう。半透明の樹脂製のドリップチップは最近主流の810サイズとなっています。

DJV RDA MARK#1
デッキの方を見ていきます。2つあるポストの1つには3つの穴が設けてあり上側の穴はネジ留めを上から、下側の穴はネジ留めを横からする仕組み。デュアルコイル用アトマイザーでは片方のコイル設置後にもう片方のコイルが設置し辛い事がありますが、下側の穴を使うと設置済みのコイルに後から設置するコイルの脚が当たらないので、かなり設置しやすいです。ボトムエアフローの吹き出し口は冒頭の方でも書いたようにパイプ状の物が2つずつ設けてあり、斜め上に伸びています。コイルを設置する際の位置はこのパイプの向きも考慮した方が味が出せそう。

DJV RDA MARK#1ビルド

DJV RDA MARK#1
DJV RDA MARK#1でビルドしていきます。付属のコイルをそのまま使いましたが、ドライバーン後の抵抗値は0.17Ωとかなり低め。コイルは自分で用意した方が良さそう。ポストの穴は上述通り片方3個、全部で6個あるのですが、経験者ならお察しの通り下の穴を使わなくてもコイルは設置出来ます。ただコイルの脚の片方だけ下側の穴を使うとやはり設置が楽でした。逆に通したコットンを収めるスペースはかなり狭いので、コットンの脚は短めに調整。ジュースウェルもかなり浅めで保持量は少ないと思います。

DJV RDA MARK#1感想

DJV RDA MARK#1
DJV RDA MARK#1の感想に行きます。まずサイドエアフローを開けた状態から。凄くスカスカなのでかなり絞ったのですが結局全閉に。で、結果としてはサイドが全閉でもボトムエアフローは調整できない事もあってドローはかなり軽め。蒸気量はかなりの爆煙ですが、味の方も決して悪くはないです。ただ味わいながら吸う感じではないですね。吸う前から何となく予想していましたが、この手のタイプはサイドエアフローがあまり役に立った事が無いので自分としては必要性を感じません。ボトムエアフローの調整が出来たらもっと美味しく吸えそうな気はするんですけどね。

最後に今回提供して頂いたDJV RDA MARK#1はBuyBestではまだ取り扱いがありません。お店からの指定で今回は同じDEJAVUのRDTA Tankにリンクしておきます。海外ショップの利用は多少なりトラブルも付きものなので自己責任で。

(掲載日 : 18/04/25)

にほんブログ村

にほんブログ村 ←ランキングに1票を!

現在この記事に投稿されたコメントがありません。

お名前 :

サイト内検索
3avape
最近の更新
人気記事
最近のコメント
カテゴリ
HOME
HOME
カテゴリ
カテゴリ
サブメニュー
サブ
人気記事
人気記事