VAPE JUNKIE
メール
サイトインフォ
VapeFly
VapeFly

EasyVAPE TARLESS レビュー

EasyVAPE TARLESS
本日はベプログショップさんの提供でEasyVAPE TARLESS(ターレス)をレビューします。久しぶりにベプログショップさんから機器を提供して頂きましたが、EasyVAPEというのはベプログさんのオリジナルブランドでTARLESSは少し前にクラウドファンディングで先行販売していた製品です。結果的に目標額の12倍以上を達成して大成功だったようです。特徴はブランド名から想像出来ると思いますが簡単お手軽という製品コンセプトで、タンクやコイル、ドリップチップは一式カートリッジ交換型となっています。そのカートリッジはロングとショートが用意されていて内蔵のコイルも異なります。詳しくは下で。

ベプログショップ様、有難うございます!!

EasyVAPE TARLESS 仕様

サイズ 14×38×106(mm)
重量 実測78g
バッテリー 900mAh内蔵
タンク容量 2ml
コイル ロングカートリッジ(1.6Ω)/ショートカートリッジ(1.2Ω)
付属品 カートリッジ、USBケーブル、マニュアル

EasyVAPE TARLESS
いつも通り付属品から見ていきます。まず標準で本体に装着してあるロングタイプのカートリッジと同梱してあるショートタイプのカートリッジが計2個、後は充電用のUSBケーブルとマニュアル。マニュアルにはカートリッジの取り付け取り外しからリキッドチャージといった使用方法が記載されていますが、箱の蓋の内側にはサイズやバッテリーなどの仕様が記載されています。

EasyVAPE TARLESS
さて、早速本体の方を見ていきます。まず蓋はマグネット式で引っ張れば楽に外せますが、蓋を外してから見えるカートリッジも同様にマグネット式で固定されているので同様に引っ張る事で外せます。形状が厚さ14mmの薄型で一般的なタバコの箱より薄いのですが長さは106mmなのでちょっと長めになります。重量は80g弱で胸ポケットに入れて持ち運ぶ分には問題ない重さだと思います。

EasyVAPE TARLESS
カートリッジを見ていきます。標準で装着してあるロングタイプのカートリッジは底面に通電しないようシールが貼ってあるので最初にこれを外しておきます。それと写真の中央を見たら分かる通りドリップチップの根元にエアフローコントロールがあり、ここのリングを回転させてドローの調整が可能。因みにドリップチップはカートリッジと一体となっているようで取り外しは出来ない模様。リキッドチャージの際はネジ式の蓋を開けて上からリキッドを注入出来ますが、バッテリーに装着したままで注入出来るのはこのタイプの製品では珍しくてTARLESSの良い点の1つです。

EasyVAPE TARLESS
カートリッジにはロングタイプとショートタイプの2種類があり、ロングタイプは内蔵のコイルが1.6Ω、ショートタイプは1.2Ωとなっています。蒸気量はロングタイプが少なめ、ショートタイプが多めとなっています。コイルを除いて外観は一見ドリップチップの長さだけが違うように思えましたが上から見てみると長さだけでなく内径がショートタイプの方が狭くなっています。それと写真で撮っていませんがTARLESSはPloom TECHのタバコカプセルを装着して使用する事も出来るのですが、装着出来るのはロングタイプの方だけでショートタイプは内径が狭いので当然ながらハマりませんでした。

EasyVAPE TARLESS
バッテリーの方を見ていきます。ボタンはファイアボタンのみの1ボタン。操作は定番通り5クリックで電源のオン/オフ、後はファイアボタンをクリックするだけの簡単操作。ファイアボタンがある反対側はUSB接続端子が設けてあり、ここから充電出来るようになっています。また、カートリッジを覆う蓋は使用時にバッテリーの底にマグネット式で装着できる仕組み。他、バッテリーにはタンク内のリキッド残量を確認する為の窓穴が空いていますが、カートリッジの装着向きはこの穴に合わせる必要があります。

EasyVAPE TARLESS 感想

EasyVAPE TARLESS
EasyVAPE TARLESSの感想に行きます。最初にロングタイプのカートリッジを使用してみて、殆ど無味に近いなと思っていたのですがリキッドを入れて1時間ぐらい置いていたらほのかに味は感じる事が出来ました。ショートタイプに交換して吸ってみた所、味は明らかにショートの方が美味しいですね。コイルの抵抗値の違いよりドチップチップの違いの方が大きいと思います。ドローはエアフローコントロールを絞った分だけきっちり重くなりますが、針孔が空いているぐらいの大きさにエアホールを開けておくと丁度良いドローの重さでした。ただこの手の製品はそんなに味を期待して使う物ではなく、飽くまでも携帯性や手軽さ重視の製品だという事を念押ししておきます。

他、使用中にカートリッジのタンクが光るのですが、箱記載のマニュアルによると白がバッテリー残量100-80%、青が80-60%、緑が60-40%、紫が40-20%、赤が20%以下となっています。バッテリー残量が細かく分かるのは良いと思います。お手軽タイプの製品は大体大雑把なので不意にバッテリーが切れる事が多いですからね。

ざっと纏めると良い所としてはカートリッジを一々外さずに装着したままリキッドチャージ出来る点、小窓穴からのリキッド残量の視認性も高い点、バッテリー残量も細かく確認出来る点。悪い所はドリップチップが交換出来ない点、この手の製品の中では決して軽量ではない点でしょうか。手に持った時に決して重いとは思いませんがシャツの胸ポケットに入れて持ち運ぶのにはギリギリの重量という気がします。

最後に今回ベプログショップさんに提供して頂いたEasyVAPE TARLESSは5,480円で販売中。選べる2本のリキッドと本体のお得セットは5,980円、専用のカートリッジは3個入りで1,280円、ショートカートリッジ専用キャップが780円で販売中。

(掲載日 : 18/10/02)

にほんブログ村

にほんブログ村 ←ランキングに1票を!

現在この記事に投稿されたコメントがありません。

お名前 :

サイト内検索
3avape
最近の更新
人気記事
最近のコメント
カテゴリ
HOME
HOME
カテゴリ
カテゴリ
サブメニュー
サブ
人気記事
人気記事