VAPE JUNKIE
メール
サイトインフォ
VapeFly
VapeFly

Eleaf iCard レビュー

Eleaf iCard
本日はBuyBestさんの提供でEleaf iCardをレビューします。名前が似ていて紛らわしいのですが過去に似たような製品コンセプトのiCare 2をレビューしていますがバッテリーやタンク容量は同じです。発売は確か昨年春頃だったと思いますが幾つか改良されている部分が見られたのでiCare 2を常用している私としては以前からちょっと欲しいなと思っていたのですが運良く今回提供して頂きました。実際に使ってみて明確に良くなっている部分もあるのですが逆に不便になっている部分をありました。詳しくは下で。

Thank you BuyBest!!

Eleaf iCard 仕様

サイズ 14×34×87(mm)
重量 実測46g
バッテリー 650mAh内蔵
タンク容量 2ml
コイル IDコイル(1.2Ω)
付属品 コイル、ボトル、USBケーブル、マニュアル

Eleaf iCard
いつも通り付属品から見ていきます。まずコイルはアトマイザー内には装着されておらず同梱されているのが2個、ノズルが細い金属になっている10mlか15mlほどのボトル、充電用のUSBケーブル、後はマニュアルが付属。マニュアルは多言語で記載されていますが日本語の記載もあります。冒頭の方でも書いたようにタンクとバッテリー容量はiCare 2と同じですがサイズが若干大きくなっており、それに伴って重量もちょっとだけ重くなっています。ただ実際に持つと差は感じませんけどね。

Eleaf iCard
写真はiCardをバラした所。と、言っても分解できるのはキャップとマウスピースの部分だけ。iCare 2はコイルを装着するタンクが外せたので丸洗い出来ましたが、iCardはバッテリーとタンクが分離出来ないのでタンク部分の洗浄はちょっと気を使います。キャップは今の時期はあまり必要性を感じませんが、夏場は内部に虫が入り込む事があるので使わない時はキャップをはめておくと安心出来ます。

Eleaf iCard
バッテリーの部分を見ていきます。ファイアボタンのある面を全然とした場合、向って左側面はタンクをロックする為のスイッチがあり、右側面にはUSB接続端子は配置されています。裏面はiCardとEleafのロゴがプリントされているのみ。上側はキャップを外した状態でコイルをネジ式で着脱可能。iCare 2はリキッドを入れている状態でコイルを交換する場合、容器に移しておく以外はリキッドを捨てるしかなかったのですが、iCardはタンクにリキッドを保持したままコイル交換が可能。

Eleaf iCard
タンクのロックを解除するとタンクが外れる訳ではなく90度回転します。先にコイルを装着しておき、逆さにして矢印を付けている場所にボトルのノズルを挿し込んでリキッドを注入する仕組み。ノズルの差し込み口は小さいので付属品にボトルがある訳ですね。別に付属のボトルじゃなくてもリキッドチャージは出来ましたが、太めのノズルのボトルは全く使用出来ませんでした。

Eleaf iCard
手持ちのiCare 2と比較してみます。iCare 2が私のスタイルに非常に合うのでいつの間にか手持ちが3個になっていますが、1個だけタンクが無いのは破損しているからです。と言うか残りの2個も爪の部分が破損しています。iCare 2は長く使っていると劣化で爪が破損してしまうんですよね。その点が最大の欠点ですがiCardはその心配が無いのが良い点とも言えます。それと上でも書いたようにタンク内にリキッドを保持したままコイル交換が出来るのもiCare 2より良いです。ただリキッドチャージに限ればiCardの方がやりにくくなっています。

Eleaf iCard 感想

Eleaf iCard
Eleaf iCardの感想に行きます。予想していましたが味や吸い応えはコイルは違ってもiCare 2とほぼ一緒。決して濃い味は出ないけど私はこの吸い応えが何だか好み。それとiCare 2ではスピっとバックが気になる事がありましたが、iCardはそれを感じる事はありませんでした。タンクの洗浄がし辛いのとリキッドチャージがボトルのノズルを選ぶ欠点がありますがiCare 2よりiCardの方が長期間利用する上で優れていると思います。それとキャップがあるのは地味に良いですよね。過去、実際に虫が入り込んでいた事があったのでキャップ付きなのは安心出来ます。

ここまで書いてきて書き忘れてた部分を補足。タンク内の視認性が非常に悪いです。リキッドチャージの際にリキッドがどれだけ入ったか、またタンク内にどれだけ残っているかは目を凝らさないと分かりません。もう一つ、ランプがタンク内から光る仕組みになっているのですが薄暗く光るのが残念な所。ランプの色は残量の目安にもなっており、緑が100-60%、オレンジが59-30%、青が29-10%、赤が9%以下です。ただiCare 2と同じく緑から赤になったりもするのであまり信用はならないですが。

最後に今回提供して頂いたEleaf iCardはBuyBestで$13.00で販売中。

(掲載日 : 19/02/26)

にほんブログ村

にほんブログ村 ←ランキングに1票を!

現在この記事に投稿されたコメントがありません。

お名前 :

サイト内検索
3avape
最近の更新
人気記事
最近のコメント
カテゴリ
HOME
HOME
カテゴリ
カテゴリ
サブメニュー
サブ
人気記事
人気記事