VAPE JUNKIE
メール
サイトインフォ
VapeFly
VapeFly

Eleaf iStick Trim with GSTurbo レビュー

Eleaf iStick Trim with GSTurbo
本日は小さくて軽くて美味しい、そんな電子タバコの全ユーザーの願いをちょっとだけ叶えてくれそうなEleaf iStick Trim with GSTurboをベプログショップさんの提供でレビューします。最初に書いておくとベプログショップさんではこの商品はiStick Trim スターターキットの名称で販売されていますが当ページではEleaf公式で使われている名称を使用しています。ModのiStick Trimはちょっと大きめのライター位のサイズで出力を3段階で調整する機能を備え、アトマイザーのGSTurboは細い15mm径で昔からあるような懐かしさを感じさせる仕様。比較的初心者向けの製品ではありますが、過度な期待をしなければそれなりに味を楽しめる製品でもあります。詳しくは下で。

ベプログショップ様、有難うございます!!

Eleaf iStick Trim with GSTurbo 仕様

■アトマイザー

サイズ 15×58(mm)、ドリップチップ含む
タンク容量 1.8ml
コイル GS Air(0.75Ω/1.5Ω)

■Mod

サイズ 15×35×73(mm)
重量 68g
出力 5-22W(コイルの抵抗値と3段階の出力で変化)
バッテリー 1800mAh内蔵
対応抵抗値 0.6-3.0Ω

Eleaf iStick Trim with GSTurbo
いつも通り付属品から見ていきます。まずコイルはアトマイザー内にプリインストールされているGS Air 0.75Ωと箱内にある1.5Ωの計2つ、アトマイザー用の交換用Oリングとエアフローコントロールリング、充電用USBケーブル、アトマイザーとModのマニュアル、謎の黒いシート付属。マニュアルはどちらも初心者の方にも嬉しい日本語の記載があり親切、珍しく付属する予備のエアフローコントロールリングですがゴムっぽい素材で作られており長期間の使用で切れる可能性があるので予備付きなのでしょう。

Eleaf iStick Trim with GSTurbo
アトマイザーのGSTurboの方から見ていきます。上でも書きましたがベース部のエアフローコントロールのリングがゴムっぽい素材で独特、タンク部はトップキャップが分離出来るのかと思っていたら出来ずでトップフィル構造にはなっていません。リキッドを入れる場合は昔のアトマイザーのようにベースからタンクを外して注入。ドリップチップはアトマイザーには装着されておらず箱の下段の袋に入っていましたが、外側も内部もストレートの510サイズになっています。

Eleaf iStick Trim with GSTurbo
アトマイザーに付いてもう少し詳しく。エアフローコントロールの穴は1箇所のみなのですが、ベース部のエアホールは無段階で調整出来る横長のエアホールと反対側に小さなエアホールが並んだものが2箇所空いています。エアフローの調整はどちらかお好みでって事だと思います。コイルはGS Airという種類の物で以前にレビューしたiStick Kiya付属のGS JuniだったりiStick BasicやGS Tankといったコイルと共通なのでコイルの入手性はかなり高いようです。しかもこのコイル、小さい割にはそこそこ味が出ます。

Eleaf iStick Trim with GSTurbo
ModのiStick Trimの方を見ていきます。正面から見ると15mmなのもあって細いと言うか薄いのですがボタンはファイアボタン1つのみ、その反対側に充電用のUSB端子、上面にバッテリー残量や出力が分かるランプが表示されるようになっています。ランプは5つ全てで100-81%、4つで80-61%、3つで60-41%、2つで40-21%、1つで20%以下となり充電が必要。このランプは普段表示されず、ファイアボタンを押している時のみ表示されデザイン的にもかなりお洒落。

Eleaf iStick Trim with GSTurbo
ここからは公式ページの画像を拝借して説明。操作の基本は定番通りファイアボタン5クリックで電源のオン/オフですが、iStick Trimには3段階で出力を調整出来る機能があり[L]がLow(低い)、[M]がModest(控えめ)、[H]がHigh(高い)となっています。この[L][M][H]の切り替えは電源オン時にファイアボタン3クリックで行う事ができ、出力値は画像の表にもある通りコイルの抵抗値によって変化するようになっています。例えば付属の0.75Ωのコイルを装着しておき出力が[M]なら16.5W、1.5Ωコイル装着で出力が[L]なら12Wになる訳です。

Eleaf iStick Trim with GSTurbo 感想

Eleaf iStick Trim with GSTurbo
では実際に吸った感想を。こんな細いアトマイザーなのにそこそこ美味しいと思ったら少し前にレビューしたiStick Kiya付属のGS Juniと同じコイルだという事にこの時点で気付きました。絶賛はしませんが味はしっかり出る感じで濃い目のリキッドならそれなりに楽しめるぐらいですね。ドローは全開でも重いぐらいですが私の場合だと大きい横長のエアホールを半分ぐらい開けるのが丁度良いかな。逆に薄味のリキッドや濃い味の物を食べて味覚が鈍くなっている時は厳しいです。ドリップチップまで入れるとちょっと長いのが難点ですが軽量で小さいと言うより薄いので鞄とかに入れて持ち運ぶのには良さそう。

味より携帯性重視とか初心者向けといった製品ですが、ニコチンフィーダーとして使うのにも悪く無さそう。冒頭の方でも書きましたが過度な期待をしなければボタン1つの簡単操作でそこそこに楽しめる製品と言うのが私の感想になります。

最後に今回提供して頂いたベプログショップさんではEleaf iStick Trim with GSTurbo(販売ページはiStick Trim スターターキット)が税込み5,980円で販売中。3,000円以上の購入で送料無料。

(掲載日 : 17/12/04)

にほんブログ村

にほんブログ村 ←ランキングに1票を!

現在この記事に投稿されたコメントがありません。

お名前 :

サイト内検索
3avape
最近の更新
人気記事
最近のコメント
カテゴリ
HOME
HOME
カテゴリ
カテゴリ
サブメニュー
サブ
人気記事
人気記事