VAPE JUNKIE
メール
サイトインフォ

Eleaf iWu レビュー

Eleaf iWu
本日もVapeSourcingさんの提供でEleaf iWuをレビューします。正確な名称はiWuのuの上に~(チルダ)が乗った文字が使われています。さて、そのiWuについてですが見てお察しの通り良く言えば携帯性に優れた小型製品なのですが、悪く言えばこれまで何度もレビューしてきた物と類似した製品でもあります。特徴としてはボタンが一切無いオートパワーやオートスイッチと呼ばれる吸い込みを自動で感知して電源が入る仕組みなのと、700mAhバッテリー内蔵で小型製品の中ではバッテリー容量が多くなっています。Eleaf製小型機は普段iCare 2を愛用しているので、それとの差が気になる所ですが詳しくは下で。

Thank you VapeSourcing!!

Eleaf iWu 仕様

サイズ 14×30×98(mm)
重量 58.48g
バッテリー 700mAh内蔵
タンク容量 2ml
コイル 専用カートリッジ
付属品 カートリッジ、USBケーブル、マニュアル

Eleaf iWu
いつも通り付属品から見ていきます。この製品はカートリッジ交換式で、標準でバッテリーに装着してある物と別途同梱の物とで計2個、充電用のUSBケーブル、マニュアル、写真に写っていませんががEleafでお馴染みの謎の焦げ茶色のシートが付属。因みにマニュアルは英語のみで日本語の記載はありません。それとiCareシリーズはコイル交換型でコイル自体が安いのですが、カートリッジごと交換するタイプは衛生的だとは思いますが少し高いのが欠点になります。

Eleaf iWu
iWuをバラした状態を見ていきます。写真左がカートリッジで内部に1.3Ωのコイルが内蔵されています。タンク容量は2mlと一般的。中央の金属パーツはカバーで基本装着していなくても動作するのですがバッテリーのボディやカートリッジ部の保護の役割になります。それとカバーを装着した状態だとカットリッジがバッテリーから抜けない構造になっています。そして一番右がバッテリーで小型機として長めではありますが700mAh内蔵で下の方にランプが付いており通電やランプの色の変化でバッテリー残量を知らせる役割になっています。

Eleaf iWu
カートリッジもざっと見ておきます。黒い半透明の樹脂製ですがそこそこに透明度があってリキッドの残量の視認性は良いです。この手の製品はよくカートリッジの底からリキッドを注入するタイプが多いのですが側面の栓を外してから注入する構造になっています。カバーを取り付けたままでは注入できませんがバッテリーに装着した状態のまままで注入出来るのでリキッドチャージの手間はそれほど掛かりません。

Eleaf iWu
あまり書く事がありませんがバッテリーとカバーの側面には出っ張りと穴があって使用時はカバーを深くハメた状態で、一段穴をずらしてカバーを固定すると吸い口の部分が隠れた状態になります。他、バッテリーの充電は底面にあるUSB端子から、使用中にランプが緑で点灯しているとバッテリー残量100-60%、オレンジで59-30%、青で29-10%、赤で9%以下となっています。

Eleaf iWu 感想

Eleaf iWu
Eleaf iWuの感想に行きます。オートバッテリーだと吸い込んでからの反応が気になる点の一つですが、最初は吸い方が良くなかったのか鈍い印象がありました。ただ吸いなれるとストレスが無いぐらいにしっかり反応します。それと意外なのはこのタイプには全く味は期待しないのですが、流石に濃いとまでは行かないものの風味はしっかり感じられる程度には出ます。この部分はiCareシリーズのコイルより良いです。幾つか気になる点としては使い始めの方はスピットバックが結構あって口の中にチリチリとリキッドが跳ねて入ってくるのと、上の方でも書いた通りカートリッジ交換型なのでコイル交換型と比べて消耗品のカートリッジが若干高めとなっています。似たり寄ったりな製品は多いですが味の面はちょっとずつ進歩がみられるような気はしました。

最後に今回提供して頂いたEleaf iWuはVapeSourcingで$23.40で販売中。しかも送料無料対象製品となっています。海外ショップの利用は多少なりトラブルも付きものなので自己責任で。

(掲載日 : 18/08/23)

にほんブログ村

にほんブログ村 ←ランキングに1票を!

現在この記事に投稿されたコメントがありません。

お名前 :

サイト内検索
3avape
最近の更新
人気記事
最近のコメント
カテゴリ
HOME
HOME
カテゴリ
カテゴリ
サブメニュー
サブ
人気記事
人気記事