VAPE JUNKIE
メール
サイトインフォ
VapeFly
VapeFly

Eleaf Lexicon with ELLO Duroレビュー

Eleaf Lexicon with ELLO Duro
本日もVapeSourcingさんの提供でEleaf Lexicon with ELLO Duroをレビューします。今週ずっと行ってきたVapeSourcingさん提供品のレビューもこれで区切りですが、ページの最後にプレゼント企画もあります。それはさておき、今回レビューするEleaf Lexicon with ELLO DuroはModのLexiconとアトマイザーのELLO Duroがセットになったスターターキット。ELLO DuroはiJust 3付属の物を過去にレビュー済みですが、Lexiconは派手に光る外観が特徴的な製品となっています。光るModと言えば少し前にレビューしたJoyetech ESPION Infiniteもそうでしたが、電子タバコはひっそり吸うスタイルの私からするとあまり好みの製品では無い事も先に書いておきます。詳しくは下で。

Thank you VapeSourcing!!

Eleaf Lexicon with ELLO Duro仕様

■アトマイザー

サイズ 25×51(mm)、ドリップチップ含む
タンク容量 2ml/6.5ml
コイル HW-N(0.2Ω)/HW-M(0.15Ω)

■Mod

サイズ 31×45×81(mm)
重量 実測167g
出力 1-235W
出力モード VW/TC(Ni/Ti/SS)/TCR(M1/M2/M3)
バッテリー 18650×2
対応抵抗値 VW(0.05-3.0Ω)/TC(0.05-1.5Ω)

Eleaf Lexicon with ELLO Duro
いつも通り付属品から見ていきます。まずコイルはアトマイザー内にプリインストールされているのが網状の穴が大きめのHW-Mコイルで同梱されている細かい網状のHW-Nコイルと合わせて計2個。アトマイザーの標準とは形状が異なるガラスタンク、予備Oリング、充電用USBケーブル、後はマニュアル類の紙とEleaf製品にいつも付いている謎の焦げ茶色のシート。マニュアルはELLO Duroの方は日本語も含む多言語の記載がありますがLexiconの方は英語のみとなっています。

Eleaf Lexicon with ELLO Duro
冒頭でも書いたようにELLO Duroは既にレビュー済みなのでサクッと行きます。LexiconとセットのELLO Duroはタンクが樹脂製で膨らみのある形状、付属のタンクの方はストレート形状でガラスになっています。メンソールが含まれるリキッドを使用する事が多い場合は多少タンク容量が犠牲になりますがガラスタンクに付け替えて使った方が良さそう。ベース部のエアフローコントロールは無段階調整、ドリップチップは最近主流の810サイズ、上部のパーツは印のある所をスライドさせて見える穴からトップフィルでリキッドチャージが可能です。

Eleaf Lexicon with ELLO Duro
ModのLexiconを見ていきます。今回私が頂いた物のカラーはダージリンですが、これも含め全部で6色ある模様。最近の新製品は大きいバッテリーに対応のModが多いのですが、Lexiconは18650 2本のみ対応となっています。バッテリーの装着は底面を一旦スライドしてカバーを開けてから。このタイプは開閉し辛い物もありますが、Lexiconは比較的しやすくなっています。重量が素で167gありますが、デュアルバッテリー用としては一般的な重さ。私が高出力が必要なアトマイザーで使用しているInvokeの79gという軽さはちょっと特殊なんでしょうかね。

Eleaf Lexicon with ELLO Duro
冒頭でも書いた通り何かとピカピカ光ります。光る色は緑、青、水色、赤、オレンジ、黄色、紫の7色。操作を行った際にその操作に応じて色や光るパターンが変化するのですが、勿論設定からライトをオフにする事も可能。バッテリーの消費とかも考えると私はあまり光る仕掛けには感心しないのですが、目立ちたい方には良いのかも。ボタンはファイアボタンと+-ボタンの3つで、ファイアボタンは押しやすいのですが+-ボタンはきっちり押さないと反応しない事が度々ありました。

Eleaf Lexicon with ELLO Duro
Lexiconの操作関連ですが最近のModらしくメニューが整理されています。まず電源のオン/オフは定番通りファイアボタン5クリック、電源オフ状態で+-ボタン同時長押しでディスプレイの表示の反転、電源オン状態でファイアボタン3クリックで出力モードの切り替えメニューを表示、+とファイアボタン同時長押しで設定メニューを表示、設定メニューはVWモードとTCモードで表示内容が異なります。他、TCモードでファイアボタン4クリックで最大出力W値の設定、+-ボタン同時長押しでキーロック/アンロックとなっています。

Eleaf Lexicon with ELLO Duro感想

Eleaf Lexicon with ELLO Duro
Eleaf Lexicon with ELLO Duroの感想に行きます。ELLO DuroはiJust 3で感想を書いているので割愛しますが、新しいHW-NコイルやHW-Mコイルは私的に好みの味が出て好きです。ModのLexiconについてですが機能的な部分では全く旧来の製品から進化は無くただ光る、それだけ。ESPION Infiniteでも同じ事を書きましたが夜中やパチンコ屋で目立ちたいならもってこいの製品だとは思います。特にパチンコ屋の雰囲気にぴったりなんじゃないでしょうか。目立つ事を目的としなかったら特に褒める部分は無いけど、こういう光るデザインが好みと言う方向けの製品なのかな。光る仕掛けを除いても決して悪い製品ではないのですが、私は純粋に機能や軽さ、持ちやすさにこだわった製品の方が好みですね。

今回提供して頂いたWISMEC CB-80 KitはVapeSourcingで$62.33で予約受付中。海外ショップの利用は多少なりトラブルも付きものなので自己責任で。

Uwell Nunchaku Kit プレゼント

Eleaf Lexicon with ELLO Duro
最後にVapeSourcingさんからプレゼントのお知らせ。今、色々なお店が推しているUwell Nunchaku Kitを1名様にプレゼントします。私は過去に他のお店から頂いた物をレビューしていますが、チューブ型で出力を自身で調整出来る18650バッテリー対応のModは決して選択肢が多くないので魅力的です。応募方法は手っ取り早くメールフォームから件名を[その他]にしてご連絡下さい。抽選は最も早かった方を当選者とさせて頂きます。恐らくは朝には既に当選者が決まっていると思いますが、当選者の方には折り返しご連絡差し上げます。以上、宜しくお願い致します。

(追記)既に当選者が決定しました。ご応募有難うございました。

(掲載日 : 18/06/03)

にほんブログ村

にほんブログ村 ←ランキングに1票を!

現在この記事に投稿されたコメントがありません。

お名前 :

サイト内検索
3avape
最近の更新
人気記事
最近のコメント
カテゴリ
HOME
HOME
カテゴリ
カテゴリ
サブメニュー
サブ
人気記事
人気記事