VAPE JUNKIE
メール
サイトインフォ

FOCUSVAPE PITH レビュー

FOCUSVAPE PITH
本日は株式会社晴和運営VAPONAVIさんの提供でFOCUSVAPE PITHをレビューします。これまでVAPONAVIさんにはWEECKE C-VAPOR 3.0Flowermate SLICKといったヴェポライザーを提供して頂いてきましたが、今回もタバコのシャグを詰めて使用するヴェポライザーになります。今までのヴェポライザーはそれなりに大きく重量もあったのですが、今回のPITHは小型で非常に軽いというのが最大の特徴になっています。それと当サイトのメインコンテンツとして取り上げているVAPEとは吸い心地が異なりVAPE以上に紙巻きタバコに近いのですが、お手入れが面倒という欠点があります。詳しくは下で。

VAPONAVI様、有難うございます!!

FOCUSVAPE PITH 仕様

サイズ 19.4×35.3×84(mm)
重量 55g
バッテリー 850mAh内蔵
付属品 マウスピース、USBケーブル、パッキングツール、クリーニングブラシ他

FOCUSVAPE PITH
いつも通り付属品から見ていきます。まず標準で装着してあるマウスピースとは別に写真右上の510変換アダプタとシリコンマウスピースが付属。また、その下の本体のシリコンカバーは標準で装着してありました。充電用USBケーブル、恐らくシャグを詰め込む際に使うパッキングツール、内部のお手入れ用のクリーニングブラシ、日本語のマニュアルカードが付属。

FOCUSVAPE PITH
本体より先にマウスピースを見ていきます。金色のパーツと分離できるようになっていますが、この部分には網状の金属プレートとセラミックフィルターが収められています。写真右側が標準装着してあるマウスピースで中央はシリコンマウスピース、その左は510変換アダプタになっています。このアダプタを使う事でVAPEで普及している市販の510ドリップチップを装着して使用出来ます。

FOCUSVAPE PITH
FOCUSVAPE PITHの本体を見ていきます。ボタンのある面を前面とした場合、そのボタンの下にランプが3つ、右側面下部にUSB接続端子と小さいランプが配置されています。ここにある小さいランプは充電中に赤で点灯、満充電になると緑の点灯に変化します。前面にあるランプは加熱開始直後に白で点滅しますが、3回点滅でバッテリー残量が70%以上、2回点滅が20-70%、1回点滅が20%以下となっています。

FOCUSVAPE PITH
シャグを詰め込む内部はセラミックになっているようです。C-VAPOR 3.0にあったスペーサーやSLICKのポッドのようなパーツは無いので直接シャグを詰め込む事になりますが使用後の汚れとかお手入れの面倒さは気になる所。底面にはつまみがあり、ここをずらして空いている穴の大きさを変える事でドローを調整する事が出来ます。完全に穴を閉めているとほぼ吸えない状態になります。

FOCUSVAPE PITH
では実際にFOCUSVAPE PITHを使ってみます。加熱開始はボタンを素早く5クリック、ここら辺はVAPEと一緒。バイブレーター振動後に前面のランプがバッテリー状況を知らせる白い点滅の後に緑に変化します。単クリックする度に3つのランプの点灯数が変化しますが、3個が220度、2個が210度、1個が200度となっています。点滅が終わりバイブレーター振動と同時に点灯に変化したら吸える合図です。私は220度に設定していますが加熱開始後、点滅から点灯に変わるまで約30秒でした。3分経つと自動でオフになりますが、この3分には最初の30秒も含まれるので実質2分半ほどになります。それと終了15秒前にもバイブレーターの振動で知らせる機能があるので加熱が切れる前に1パフしたいという時に便利です。

FOCUSVAPE PITH 感想

FOCUSVAPE PITH
FOCUSVAPE PITHの感想に行きます。冒頭の方でも書いた通り小さくて軽いというのが最大のメリットで使い勝手は非常に良いです。吸った感想としてはちょっと吸い応えが弱いかなと思いましたが詰め込むシャグの種類や量によって違いが出てきそう。それと吸える時間が短すぎるのですが、連続2回まで使用出来るようになっているので物足りない場合は再び5クリックで加熱して吸う事が出来ます。但しそれを超える連続使用は内部のパーツを痛める原因になるので注意。底面のエアフローの調整は上でも書いたように全閉だと全く吸えず、穴を空ける大きさによって明確にドローが変化します。タバコと変わらないぐらいの重さにも出来ますし、スカスカに近い状態にも出来ました。

シリコンマウスピースにはタバコのフィルター、またはiQOSのフィルターを装着して使用出来る物ですが、吸い応えが更に物足りなくなるので私は標準のマウスピースの方が好きです。付属のシリコンカバーは見た目良くないので当初は要らないかなと思っていましたが連続使用すると本体が熱くなるので結局取り付けなおしました。カバーを付けていてもボタンの操作性やランプの視認性には何ら問題ありません。

それとどうしてもWEECKE C-VAPOR 3.0と比較してしまいますが、携帯性の面ではFOCUSVAPE PITHに軍配が上がるものの吸い応えや内蔵バッテリー容量、オプションパーツの豊富さから総合的にはC-VAPORの方が優れていると感じます。ただPITHの方が価格はお手頃なので初めてヴェポライザーを使ってみたいと考えている方にはお勧め出来ます。

最後に今回提供して頂いたFOCUSVAPE PITHはVAPONAVIで3,980円で販売中。2,000円以上で送料無料となっています。

(掲載日 : 19/04/02)

にほんブログ村

にほんブログ村 ←ランキングに1票を!

現在この記事に投稿されたコメントがありません。

お名前 :

サイト内検索
3avape
最近の更新
人気記事
最近のコメント
カテゴリ
HOME
HOME
カテゴリ
カテゴリ
サブメニュー
サブ
人気記事
人気記事