VAPE JUNKIE
メール
サイトインフォ
VapeFly
VapeFly

GeekVape Ammit MTL RTAレビュー

GeekVape Ammit MTL RTA
本日も3avapeさんの提供でGeekVape Ammit MTL RTAをレビューします。GeekVape Ammit MTLは過去にRDAの方をレビューしていますが、RTAバージョンもトップエアフローでGeekVapeで言う所の3Dエアフローというちょっと複雑な構造になっておりコイルに対して幾つかの角度から空気が当たる仕組みになっています。GeekVapeのトップエアフローのRTAではZEUS RTAやデュアルコイル版Zeus Dual RTAがかなり美味しかったのですが、これらと異なる部分としてはMTLというのが一つの製品コンセプトになっています。詳しくは下で。

Thank you 3avape!!

GeekVape Ammit MTL RTA仕様

サイズ 24×40(mm)、スレッドとドリップチップ含まず
種別 シングルコイル用RTA
タンク容量 4ml
付属品 予備Oリング、ネジ、ガラスタンク、ドライバー、ドリップチップ、コイル他

GeekVape Ammit MTL RTA
いつも通り付属品から見ていきます。大量のOリング、コイルの脚固定用のネジ、そのネジに使用出来るお馴染みのT字ドライバー、標準装着してあるタンクと全く同じ形状のガラスタンク、単線で作らているコイル1個、ドリップチップの先のパーツ、後はマニュアルと保証書が付属。付属のOリングは単なるスペアというだけでなく色違いもあるので取り換えて外観の印象の変化も楽しめます。他ドリップチップのパーツは単体では使用出来ませんがこれについては下で触れていきます。

GeekVape Ammit MTL RTA
Ammit MTL RTAをバラした所を見ていきます。最近のRTAの構成って似たり寄ったりですが、ネジ式のトップキャップを外すとそこから見える穴からリキッドチャージ出来るトップフィルになっています。見ての通りトップエアフローなのでアトマイザー上部にエアフローコントロールが設けてあり、エアフローコントロールリングは上に引っ張って外す事が出来ます。ドリップチップですが標準装着してあるドリップチップはネジ式で先のパーツを取り換える事ができ、写真下の一番左がドリップチップを分離した土台、中央が標準、一番右が付属の交換パーツになっています。外側の形状はほぼ同じに見えるのですが、先っぽのパーツを取り換える事で内径がかなり細くなります。

GeekVape Ammit MTL RTA
Ammit MTL RTAのエアフローの構造を見ていきます。上部に5つのエアホールが空いており、左から右にかけてエアホールのサイズが小さくなっています。エアフローリングを回転してエアフローを調整出来ますが、リングには横長の穴とは別に小さい穴1個だけが空いた部分もあるので、それを利用してエアホール1個だけを使う事も可能。ここから取り込んだ空気は内部の二重になっている間を通って下にあるデッキへと向かっていきます。

GeekVape Ammit MTL RTA
デッキを見ていきます。上で書いたエアフローの続きになりますが、上から取り込んだ空気は写真で矢印を付けている穴を通ってコイルの真下からと斜め下、横から当たるようになっています。これがGeekVapeで言う所の3Dエアフローなんですね。コイルの装着は2つのポールにある穴に脚を通して上からプラスドライバーでネジ留めする仕組みになっていますが、コイルの脚を通す穴はかなり小さいのでクラプトンは余程細いものじゃないと通りそうにありません。

GeekVape Ammit MTL RTAビルド

GeekVape Ammit MTL RTA
GeekVape Ammit MTL RTAをビルドしていきます。私はいつもクラプトンばかりですが上で書いたようにコイルの脚を通す穴が小さいのと製品コンセプト的には単線が正解っぽいので付属の単線コイルをそのまま装着しました。内径は3mmで抵抗値は最終的に1.12Ω。ビルドはシングルコイルなのもありますが非常に簡単。コイルの位置も出来るだけ空気の吹き出し口の近くに合わせる事を意識すれば迷う部分は無いです。後はドライバーンでホットスポットが出来ていないかの確認だけ。

GeekVape Ammit MTL RTA感想

GeekVape Ammit MTL RTA
GeekVape Ammit MTL RTAの感想に行きます。単線のコイルで吸うのは久しぶりですが私が想像していたよりは美味しいとは思いました。味はしっかり出ていますしドローもエアフローコントロールの調整次第で激重にも出来るしかなり軽くも出来ます。私的には小さい方から穴2つが丁度良いドローでしたが3つ開けているのが一番美味しかったです。ただクラプトンコイルのような濃厚さは無いので物足りなさも感じました。単線コイルでやんわりした蒸気をまったり吸うには良いRTAだとは思いますが、私としては昨日レビューしたHellvape Dead Rabbit RTAのようなRTAの方が好みではあります。

MTLをコンセプトにした製品はVapeflyやDigiflavorが多く出していますが、Ammit MTL RTAはそれらと比較して五分以上の美味しさだと感じました。ただAmmit MTL RDAの方はクラプトンが使えたのにRTAの方は使い難くなっているのが残念な部分でもあります。

最後に今回3avapeさんに提供して頂いたGeekVape Ammit MTL RTAはログイン状態で$20.10で販売中。海外ショップの利用は多少なりトラブルも付きものなので自己責任で。

(掲載日 : 18/10/21)

にほんブログ村

にほんブログ村 ←ランキングに1票を!

現在この記事に投稿されたコメントがありません。

お名前 :

サイト内検索
3avape
Wismec
最近の更新
人気記事
最近のコメント
カテゴリ
HOME
HOME
カテゴリ
カテゴリ
サブメニュー
サブ
人気記事
人気記事