VAPE JUNKIE
メール
サイトインフォ
VapeFly
VapeFly

Geekvape Athena Squonk Kitレビュー

Geekvape Athena
久しぶりの3avapeさんからの提供で今回はGeekvape Athena Squonk Kitをレビューします。Geekvape Athenaのアトマイザーは最近流行っているポストレスのデュアルコイル用RDA、Modは以前までBF(ボトムフィーダー)と呼ばれていましたが最近だとSquonker(以下スコンカー)という呼称の方が良く使われているMod内のボトルからアトマイザーにリキッドを供給するタイプの物。ただAthenaは普通のスコンカーでは無く私が今まで避けてきたメカニカルでもあります。メカニカルModは過去にDesire Mad Dogでデビュー予定だったのですが、良くも悪くもスイッチ部が初期不良だった為に結果的に使う事はありませんでした。正直好んでメカニカルを使おうという気は無いのですが引き受けたからにはしっかり安全に配慮しつつレビューしていきたいと思います。

Thank you 3avape!!

Geekvape Athena Squonk Kit仕様

■アトマイザー

サイズ 24×24.5(mm)、ドリップチップ含まず
種別 デュアルコイル用RDA

■MOD

サイズ 25×46×73(mm)
重量 実測106g
バッテリー 18650
ボトル容量 6.5ml

Geekvape Athena
ではいつも通り付属品から見ていきます。まず予備のOリングとネジ、Geekvapeお馴染のT字のドライバー、標準装着されている810のウルテム製ドリップチップの他に510ドリップチップが使えるアダプタと510ドリップチップ、標準装着の少し硬めのプラボトルの他、かなり柔らかなシリコン製のボトルも付属。更に標準装着のBFピンはネジ山がプラスなのに対して予備のBFピンはマイナス、標準の穴の空いていないポジティブピンも付属しています。つまりアトマイザーはポジティブピンを付け替えれば一般的なModでも利用可能になります。それ以外にはマニュアルと全カラーが写っている写真のカード。

Geekvape Athena
アトマイザーをバラした写真。キャップは更にもう一段外せそうでしたがかなり硬かったので諦めました。デッキは冒頭の方で書いたようにポストレスの構造で上からコイルの脚を差し込んで横からネジ留め、キャップは上部を捻ってエアフローを調整出来る機構になっていますが、斜め上からコイルに空気を吹きかける構造なので味がしっかり出るのか興味深い所です。標準装着してあるドリップチップは上で書いたようにウルテム製の810ドリップチップですが、510が使えるアダプタも付いているのでこれにこだわる必要は無いでしょう。特に私はこの形状があまり好きでは無いので尚更です。

Geekvape Athena
もう少し詳細に公式ページから画像を拝借してアトマイザーを見ていきます。大体は上で書いた通りなのですが斜め上から空気を吹きかける構造は公式の画像通りにいきますかね?コイルの微妙な位置の差やサイズの違いだけでも味に大きな影響が出そうで、ただでさえビルド下手なのにまた苦労しそうだなと使う前から感じています。あとメカニカルModの使用でよく話に出るアトマイザーのポジティブピンですが、これがしっかり出ている物を使いましょうと言われている通りセットで付いてくるアトマイザーだけあって十分に出っ張っています。Athena Modはハイブリッド接続では無く510接続ですが、以前からアトマイザーのポジティブピンは全部出っ張った構造にすれば良いのにと思うのは間違いなんですかね。

Geekvape Athena
今度はModの方を見ていきます。メカニカルと言えばバッテリーとアトマイザーのポジティブピンを直に当てるハイブリッドと思い込んでいましたがスコンカーの構造上、アトマイザーの下はボトルなのでそんな筈は無いんですよね。で、上にも書きましたが接続は510です。マグネットでハメてあるカバーを外すと内部全体が見えるようになりますが見事なまでの簡素な構造。ファイアボタンを押すと金具が当たって通電する仕組みになっていますが、ここまで単純な構造だと簡単には壊れなさそう。

Geekvape Athena
更にModを見ていきます。ファイアボタンの下にはスライド式のロックがあり、これを上にスライドしておくとファイアボタンを最後まで押し込めなくなります。そして下にスライドすれば解除。ただロックを使ってもある程度は押し込めるし衝撃とかでスイッチが入る可能性もあるので持ち運びはセオリー通りバッテリーを抜いておいた方が良いでしょう。バッテリーの装着は写真でも確認出来るように+-の印が付いているので直ぐに分かりますが上が-で下が+になっています。

Geekvape Athena Squonk Kitビルド

Geekvape Athena
エアフローは全然違いますがデッキが似たような構造のDROP RDAがかなり美味しかったのでAthenaも同じように32*28Gのクラプトンワイヤーを使ってビルドしてみました。コイルの脚の長さが最適だったら設置はデュアルコイルの中でもかなり簡単な部類。抵抗値は当初0.76Ωだったのですがドライバーンしたり位置調整したりしていたら最終的には0.7Ωになりました。デュアルコイルとしては高めの抵抗値ですが今回はメカニカルModを使うので安全面においては丁度良いでしょう。コットンはこのタイプだと必然的にコイルの位置が高めになるので脚を少し長めで内側に織り込んでいく感じに設置。

下で纏めて書きますがメカニカルModを使う注意点として必ず使用前にオームメーターでチェック。私も最近までオームメーターは所有していませんでしたが、メカニカルを使う場合は必須の模様。テクニカル(レギュレーテッド)Modでチェックすれば良いんじゃない?と思うのですがどこかで否定的な意見を見た記憶があります。それとチェックはキャップを被せた状態でも必要。キャップを外した状態で正常でも金属キャップがコイルに当たってショートというパターンもかなりありますからね。

もう一つ、最適な抵抗値も諸説ありますが一般的には0.3Ω以上が推奨されているのを良く目にします。ここら辺はバッテリーの性能にも依るでしょうが根拠としてはNo Vape No Lifeさんのページが分かりやすいと思います。最近だとクリアロマイザーの既製品のコイルで0.25Ω何てザラですがメカニカルModで使用するアトマイザーのコイルはビルドの段階で意識しておく必要があります。

メカニカルMod使用時の注意点

実際に使用する前に自身への確認も含めてネットで聞きかじった情報を下に纏めておきます。

クリアロマイザーは非推奨
特にハイブリッド接続では使うべきでないと言われていますが既製品のコイルは外から見ても内部の構造が分かりませんからね。
アトマイザーのポジティブピンが出っ張っている物を使う
単純にここだけで使える使えないの判断基準にはならないようですが最低限出っ張っている物、また出っ張っていても製品によっては使えないと記載されている物もあります。
装着前にオームメーターでチェック
これは上で書いた通りですが抵抗値に異常は無いか、ショートしていないか事前にチェックしておく必要があります。
アトマイザーを先に装着してバッテリーを装着
ちゃんと安全に使う為の手順が決まってるんですね。必ずアトマイザーを先に装着してからバッテリーを装着、逆にアトマイザーを外す際は先にバッテリーからになります。
装着するバッテリーの向きに注意
+-が逆の時点で危険なのがメカニカルModの怖い所。電子タバコで使うバッテリーはフラットトップの物が多くてボーとしていると判別し難いので注意しないとね。
その他
被膜が破損していたり凹みのあるバッテリーは使用しないといったメカニカルに限らずテクニカルでも共通の注意点や使用しない時はバッテリーを外しておくなど。
Geekvape Athena Squonk Kit感想

Geekvape Athena
以上の注意点を踏まえた上で初メカニカルのGeekvape Athena Squonk Kitを使ってみました。結果、バッテリーはちゃんと満充電にしてある物を使ったのですが出力が全然足りてない印象。出力を調整出来ないメカニカルでクラプトンのデュアルは悪手だったかな。スコンカーの使い心地ですが、あえてボトル内のリキッドを少な目にして供給をチェック。ポチポチ小まめに押すより長めにグイーと押込む方がしっかりアトマイザー内に供給されていました。ただModが小型なのは良いのですが内部が狭い故にバッテリー装着時は別として外す時がちょっと難儀。先にボトルを外してからだとバッテリーも外し易くなりますが、これが面倒臭いかな。メカニカルModに最適なコイルでビルド出来ていればバッテリーの外し難さ以外は使い心地はまずまずじゃないでしょうかね。

このままではアトマイザーの評価が出来ないので別のテクニカルModに装着して使用。空気を斜め上からコイルに吹きかける構造って味が出るのかと上で書きましたが出力を高めたらクラプトンコイルにもしっかり熱が入って美味しく吸えました。ただエアホールはかなり絞っていてもドローはかなり軽め。美味しいけど全閉状態でも吸えるのはちょっと複雑な気持ち。安全面でメカニカルもテクニカルも関係なく云々目にしますが、それ以前に私はやっぱりテクニカルModで出力を変えて美味しいポイントを探るスタイルの方が合ってるかな。メカニカルを使いこなすには、コイルに合わせてModで出力を変えられないからModに合わせて最適なコイルでビルドするという考え方が必要なんでしょう。

最後に今回提供して頂いたGeekvape Athena Squonk Kitは3avapeにログイン状態で$31.90で販売中。更にクーポンコード : vapejunkie適用で10%オフになるので御利用の際にはお忘れなく。$30以上購入で送料も無料になります。

(掲載日 : 17/11/03)

にほんブログ村

にほんブログ村 ←ランキングに1票を!

現在この記事に投稿されたコメントがありません。

お名前 :

サイト内検索
3avape
Wismec
最近の更新
人気記事
最近のコメント
カテゴリ
HOME
HOME
カテゴリ
カテゴリ
サブメニュー
サブ
人気記事
人気記事