VAPE JUNKIE
メール
サイトインフォ

Geekvape Blitzen RTAレビュー

Geekvape Blitzen RTA
本日もGearBestさんの提供でGeekvape Blitzen RTAをレビューします。今週はずっとGearBestさんの提供品のレビューが続きましたがこれで一旦区切り。今回レビューするGeekvapeのBlitzenですが、最大の特徴はサイドエアフローのRTAという所でしょう。RDAだとサイドエアフローは珍しくないというか多くがそれですが、RTAでサイドエアフローはBlitzenが初めて。タンク付きでサイドエアフローとなるとAvocadoのようなRDTAは大分前からありましたが、中々見ない物を作っちゃうのはいかにもGeekvapeらしいです。その分だけ多少凝った造りにはなっていますが詳しくは下で。

Thank you GearBest!!

Geekvape Blitzen RTA仕様

サイズ 25×36(mm)
種別 シングル兼デュアルコイル用RTA
タンク容量 2ml/5ml
付属品 予備Oリング、ネジ、ガラスタンク、変換アダプタ、マニュアル他

Geekvape Blitzen RTA
いつも通り付属品から見ていきますが今回は写真に写すのを忘れた物も含め付属品が多め。まず大量の予備Oリング、コイルの脚を固定する為のネジ4つ、T字ドライバー、810-510変換アダプタ、標準装着の物と合わせたらドリップチップ3個、標準装着の物と同じ予備タンクと容量拡張用の膨らみのある5ml用タンク、5ml用タンクで内部を延長する為のアダプタ、アトマイザーをバラす際に使用する金属プレート、後は日本語の記載はありませんがマニュアルが付属。

Geekvape Blitzen RTA
Blitzenをバラした写真。標準付属のドリップチップは810ですが、付属の変換アダプタを挟んで510サイズも使用可能。因みに写真下は左がその変換アダプタ、その横が510のドリップチップ、更に横が810のドリップチップになります。トップキャップをネジ式で外すと見える穴からリキッドチャージが出来るトップフィル、Blitzenの文字が入っているミッドキャップは網状のエアホールがあり、エアフローリングを回してエアフローコントロールが可能。また、この部分はRTAでサイドエアフローを実現する為にちょっと特殊な構造になっていますが、その部分は後から書きます。

Geekvape Blitzen RTA
Blitzenは付属のタンクを付け替える事で2mlから5mlに容量を拡張出来ます。写真は左が標準、中央が5mlタンクとアダプタを装着した所ですが分解の方法について書いておきます。ミッドキャップからタンクを外すには付属のプレートを写真右のようにリキッドチャージ用の穴に入れてミッドキャップの内側をつまんで回転。ミッドキャップと上部のパーツはネジ式で固定されているだけなのですが、上部パーツは指でつまむ部分がせまいので付属のプレートをを使うというだけの話。

Geekvape Blitzen RTA
Blitzenの構造を見ていきます。デッキは最近のGeekvapeのアトマイザーで多いポストレスで、上からコイルの脚を突っ込んで横からネジ留めする構造。そのデッキに被せるミッドキャップは何度も書いてきたサイドエアフローになっていますが、リキッドを保持するタンクはその上にあります。ちょっと説明し難いのですが、上にあるタンクからミッドキャップの内部を通って矢印を付けている位置からコイルに通してあるコットンにリキッドが供給される仕組み。つまりタンク内にあるリキッドが内部を通ってどんどん下に落ちてくる訳ですね。

Geekvape Blitzen RTAビルド

Geekvape Blitzen RTA
Geekvape Blitzen RTAをビルドしていきます。珍しくコイルは付属していなかったので手持ちのカンタルクラプトンワイヤーから内径2.5mmで8巻きの0.65Ωのコイルを装着。正直デュアルは面倒だなと思ったので今回はシングルコイルで行きます。味が出なかったらデュアルでと思ってたのですが、先に書くとシングルで問題ありませんでした。通したコットンは隙間が多いと漏れに繋がりそうなのでリキッドが入ってくる穴からはみ出すぐらいに収めましたが、結果的はここまでしなくて良かった模様。シングルに限ればビルドはかなり楽でした。

Geekvape Blitzen RTA感想

Geekvape Blitzen RTA
Geekvape Blitzen RTAの感想に行きます。まず網状の独特なエアホールですが半分開けている程度でもかなり軽いので大幅に絞りました。それでもまだ軽いですがMTLで吸えるぐらいの重さにはなります。肝心の味ですがドリップチップを手持ちの510サイズの物に代えて吸った所、シングルでもかなり濃い味が出て美味しいです。昨日レビューしたKylin Mini RTAは美味しいけど濃厚という所まで1歩足りないと書きましたが、Blitzen RTAは濃厚な味が出ています。Kylin Mini RTAもビルドを煮詰めればもっと味は出た筈ですが、こちらは適当ビルド一発で味が出たのは嬉しいです。サイドエアフローにはちょっと懐疑的だったのですが、私が2年近くメインとして使っているHcigar Fodi F2と変わらない美味しさ。あちらはRDTAなので本来比較対象じゃないのですが、同じぐらい濃厚な味が出て感動しました。

それとコットンはそんなにギッチリ詰めなくて良かったようです。途中乾いた味が出てきたのでもうちょっとやんわり収めておくぐらいで良いのでしょう。短期仕様なので分かりませんが、心配するほど漏れる構造ではないようです。他、標準の2mlタンクはヨーロッパの規制の関係もあるのでしょうが流石に少なすぎなので5mlタンクで使うべき。しかし最近のGeekvapeは外れが無いなぁと感心しました。

(追記)ウィッキングを少しいじって5mmタンクに変更してからリキッドチャージ後、ゴッソリ漏れました。下手なウィッキングでは漏れに弱いようです。

最後に今回提供して頂いたGeekvape Blitzen RTAはGearBestで$25.50で販売中。海外ショップの利用は多少なりトラブルも付きものなので自己責任でお願いします。

(掲載日 : 18/06/09)

にほんブログ村

にほんブログ村 ←ランキングに1票を!

現在この記事に投稿されたコメントがありません。

お名前 :

サイト内検索
3avape
最近の更新
人気記事
最近のコメント
カテゴリ
HOME
HOME
カテゴリ
カテゴリ
サブメニュー
サブ
人気記事
人気記事