VAPE JUNKIE
メール
サイトインフォ
VapeFly
VapeFly

GTRS Loco AIO レビュー

GTRS Loco AIO
本日は3avapeさんの提供でGTRS Loco AIOをレビューします。これも昨年頂いていた物ですが当分は昨年中に依頼があった製品のレビューが続く予定です。GTRSってメーカーは初めてですが何となく名前から車を連想しますが普通に検索してもやはり車が検索結果の上位に出てきました。ざっと公式サイトを覗いてみると小型の機器を中心に作っているメーカーのようですがパワフルなModも製作販売しているようです。Loco AIOに関してですが、一見カートリッジ交換型かと思ったらコイル交換型になっており小型な割には内蔵バッテリー1000mAh、タンク容量も3mlありそれでいて軽量なのが魅力的な製品となっています。詳しくは下で。

Thank you 3avape!!

GTRS Loco AIO 仕様

サイズ 18×33×94.5(mm)
重量 実測57g
バッテリー 1000mAh内蔵
タンク容量 3ml
コイル 専用コイル(Ni80 1.0Ω)
付属品 コイル、USBケーブル、ステッカー、マニュアル

GTRS Loco AIO
いつも通り付属品から見ていきます。まず黒いビニールに同じコイルが2個、充電用のUSBケーブル、ステッカー、マニュアルと保証書が付属。マニュアルは中国語と英語のみの記載で日本語はありませんが、この手の製品に必要はないでしょう。ステッカーは文字が逆向きになっていますがガラスなどの内側に貼るタイプですかね。それと冒頭でも書きましたが1000mAhバッテリー内蔵で重量約57gはかなり軽いです。

GTRS Loco AIO
まず最初に付属のコイルを見ていきます。黒いビニールのパッケージを開けたらどちらも同じNi80の記載のある2つのコイルが出てきましたが、片方は本体に装着する為のアダプタが付いています。コイル交換する時はこの アダプタを付け替える必要がありますが、アダプタの下部にはエアホールが設けてあり、エアフローコントロールリングの回転でエアフローを調整出来ます。コイルはNi80ワイヤーを巻いた物が縦巻で内部に収められているのが確認出来ました。

GTRS Loco AIO
アトマイザーの部分を見ていきます。因みにバッテリー部との分離は少し硬めですが上に引き抜くだけ。タンクとマウスピースが一体となっておりタンク容量は上述通り3ml。アダプタを装着したコイルを底からネジ式で装着、白いシリコンの栓を外して見える穴からリキッドチャージを行います。タンク部は黒の半透明ですが実際にリキッドを入れてみると残量は比較的見えやすかったです。

GTRS Loco AIO
本体含め全体の構造を見ていきます。キャップ、マウスピース兼タンク、コイル、バッテリーという構造。バッテリー部は中央にファイアボタンがあり定番通りファイアボタン5クリックで電源のオン/オフを切り替えます。後は電源をオン状態でファイアボタンを押して吸うだけ。また、バッテリーの右側面にはUSB接続端子が設けられており、そこから充電が行えます。

GTRS Loco AIO 感想

GTRS Loco AIO
GTRS Loco AIOの感想に行きます。最近だと30や40mg/mlの高濃度のニコチンソルトリキッドをこのような小型機で吸うのが流行っているそうなので以前にHiLIQさんから頂いていたMiss Blueberryを入れて吸ってみました。結果、リキッド自体が元々好きな味じゃないので美味しいとは書きませんが味はしっかり出ています。リキッドの味が濃いめなのもあるのですが小型機の中で味の濃さはかなり良い方ですね。ドローは事前にエアフローを絞っておいたのでかなり重めですが全開で吸ってみてもスカスカってほどまではいきませんでした。自分としては半分開けておくぐらいが丁度良いかな。蒸気量は吸いこむ力や時間にもよりますが実物のタバコと殆ど変わらないぐらいでした。

纏めると小型軽量でありながらタンク容量3mlで内蔵バッテリーが1000mAh、味も小型機としてはかなり良いしエアフローの調整も出来るかなり良い製品だと思いました。ただ交換用のコイルの入手がどうなるかが気がかりではあります。コイルが安定して入手出来ないと使い続けられませんからね。

最後に今回提供して頂いたGTRS Loco AIOは3avapeログイン状態で$18.45で販売中。

(掲載日 : 19/01/10)

にほんブログ村

にほんブログ村 ←ランキングに1票を!

現在この記事に投稿されたコメントがありません。

お名前 :

サイト内検索
3avape
Wismec
最近の更新
人気記事
最近のコメント
カテゴリ
HOME
HOME
カテゴリ
カテゴリ
サブメニュー
サブ
人気記事
人気記事