VAPE JUNKIE
メール
サイトインフォ
VapeFly
VapeFly

IJOY Avenger 270 Kitレビュー

IJOY Avenger 270 Kit
本日もVapeSourcingさんの提供でIJOY Avenger 270 Kitをレビューします。AVENGER SUBOHM TANKなる名称のアトマイザーとAvenger 270 Modがセットになったスターターキットですね。ここ最近ずっとレビューしてきて思ったのですが膨らみのあるタンクとメッシュワイヤーが一つのトレンドになっています。AVENGER SUBOHM TANKも正にポッコリ膨らみのあるタンクでメッシュワイヤーで作られたコイルが使用出来るクリアロマイザー。ただ本当にこの製品の特徴であり注目所はVoice control、つまりは音声操作出来るModでしょう。但し英語の発音力が必要なので実用性は別。詳しくは下で。

Thank you VapeSourcing!!

IJOY Avenger 270 Kit仕様

■アトマイザー

サイズ 25×51(mm)、ドリップチップ、スレッド含む
タンク容量 4.7ml
コイル X3シリーズ

■Mod

サイズ 実測33×49×90(mm)
重量 実測210g
出力 5-234W
出力モード VW/TC(Ni/Ti/SS/)/TCR(M1/M2)
バッテリー 18650/20700×2
対応抵抗値 VW(0.05-3Ω)

IJOY Avenger 270 Kit
いつも通り付属品から見ていきます。まずコイルはアトマイザー内にプリインストールされているX3-Meshコイル、同梱されているX3-C1Sコイルの計2個。予備のOリング、標準とは形状が異なるガラスタンク、VAPEバンド、810-510変換アダプタ、充電用USBケーブル、写真の青いのは2本のバッテリーに同時に被せて使うスリーブ、それと分厚いマニュアルが付属していますが記載は英語と中国語で日本語はありません。因みに付属のタンクは膨らみのないタイプで、これに交換した場合は標準タンク容量4.7mlが3.2mlになります。膨らみのあるタンク形状は落とした時に割れやすいデメリットもありますが、VAPEバンドも付いているし交換するメリットは殆どありません。

IJOY Avenger 270 Kit
アトマイザーのAVENGER SUBOHM TANKから見ていきます。最近のクリアロマイザーの主流でエアフローコントロールがあるアトマイザーベース、そこにコイルを装着してタンクを挟んで上部パーツとコイルをネジ式で固定、ドリップチップは810サイズという構造。変換アダプタも付属しているので510サイズのドリップも使用可能です。それと写真を撮る時に忘れていましたが上部パーツはトップキャップもネジ式で外す事ができ、トップフィルでリキッドの注入が出来ます。

IJOY Avenger 270 Kit
あまり見所は無いのですが更に詳しく見ていきます。ベース部のエアホールは対になる形で2箇所、エアフローコントロールは無段階で調整可能。対応するコイルの種類は5種とRBA用の物が1つ。付属のX3-Mesh、X3-C1S以外にX3-C1、X3-C2、X3-C3とX3-RBAとなっています。X3-Meshは写真でもチラッと見えるように内部のコイルがメッシュ状になっていますよね。そしてタンクは最近レビューした製品で頻繁に見るようになった膨らみのある形状で、その分だけ多くのリキッドが保持出来る仕組みです。

IJOY Avenger 270 Kit
では注目のAvenger 270 Modを見ていきましょう。バッテリーは20700を使う場合は直に本体に装着出来ますが18650バッテリーを使用する場合は付属の青いスリーブを被せてから装着。写真だと装着方向を間違っていますが片方はプラスとマイナスが逆になります。それとボタンはディスプレイがある位置を前面とした場合、側面左の中間から上部がファイアボタンになっており矢印を付けている部分の左がマイナス、右がプラスボタンになっています。ファイアボタンは結構柔めで押しやすいのですが持ち上げるときに誤って押し込んでしまう場面が何度かありました。

IJOY Avenger 270 Kit
Avenger 270 Modの操作関連を見ていきます。電源のオン/オフは定番通りファイアボタン5クリック、メニュー表示もやはり定番のファイアボタン3クリック。メニューの方は[P]が通常のVWモード、[T]がTCモードで所謂温度管理機能、[電球]のマークがライトの色や点灯の設定、[NHSU]となっているのがパワーモードでノーマルが設定値で出力、ハードが設定値より30%高めで出力、ソフトが20%低めで出力、ユーザーにするとカーブモードのように0.5秒単位で6段階、つまりは3秒分の出力変化を設定可能。[TCR]はTCR値の設定、[歯車]のマークがパフ回数のリセットやスクリーンの自動オフまでの秒数、そして[VOICE AI]をONにして音声操作の有無を設定出来ます。

IJOY Avenger 270 Kit
Avenger 270 Modの最大の特徴である音声操作について触れていきます。まず上でも書きましたが[VOICE AI]をONにします。そして本体に向かって[Hello,IJOY]と言うと画面にマイクのマークが現れるので行いたい操作を発声。例えば出力値を上げたければ[Power high]、下げたければ[Power low]。実際に私がやってみた所、ギリギリ認識されて10W単位で上げたり下げたりは出来ました。ただ全く認識してくれない事も多々あった事から普通にボタン操作した方が早いです。英語の正確な発音が出来ない人にとっては使いこなすのが難しい機能になっています。

IJOY Avenger 270 Kit感想

IJOY Avenger 270 Kit
IJOY Avenger 270 Kitの感想に行きます。今回は音声操作の動作とか調べてて記事を書くのが大変でしたが、まずアトマイザーのAVENGER SUBOHM TANKについて。メッシュコイルは味は出てますがちょっと雑味があるような濁った味と言うか、思いの外に美味しいって感覚までは行かなかったです。私の体調にも問題があったかもしれません。X3-C1Sも同様の感想で使われているコットンの癖なのかもしれませんね。ドローはエアフローコントロールをかなり絞っていても軽めですが、僅かにエアホールが空いているぐらいにまで絞ればそこそこ重くは出来ます。全閉だと全く吸えない状態です。蒸気量は多い方ですが最近の基準では爆煙と言うほどでもなく、私の想像より控えめでした。

さて、Avenger 270 Modについてですが新しい事に挑戦するのは良いと思いますよ。音声操作の機能が流行ればいずれは日本語にも対応してくれるかもしれませんしね。ただ英語力がないと音声操作は非常に難しいので現状実用性はありませんでした。そもそも一人でブツブツModに話しかけるのも恥ずかしいですしね。この先、私の英語の発音力が上がる可能性は皆無なので日本語で操作出来るようになる未来を待ちますか。凄く面白い機能でしたけどね。

最後に今回提供して頂いたIJOY Avenger 270 KitはVapeSourcingで$54.90で販売中。海外ショップの利用は多少なりトラブルも付きものなので自己責任で。

VapeSourcing 週末特別セール

VapeSourcing
当サイトが長い間お世話になっているVapeSourcingさんですが、これから定期的に週末セールを行うそうです。週末セールでは土曜と日曜の2日間のみ対象商品がクーポンコード : Happyweekendで10%オフになる模様。日本時間では月曜のお昼過ぎぐらいまでいけそう。私的にはVandy Vape Pulse BFがかなり気になっていますが、このページでレビューしたIJOY Avenger 270 Kitも丁度対象になっています。ただ現在は母の日セールクーポンコード : Mother適用で12%オフになるのでお見逃しなく。

(掲載日 : 18/05/12)

にほんブログ村

にほんブログ村 ←ランキングに1票を!

現在この記事に投稿されたコメントがありません。

お名前 :

サイト内検索
3avape
Wismec
最近の更新
人気記事
最近のコメント
カテゴリ
HOME
HOME
カテゴリ
カテゴリ
サブメニュー
サブ
人気記事
人気記事