VAPE JUNKIE
メール
サイトインフォ
VapeFly
VapeFly

IJOY Wondervape RDA レビュー

IJOY Wondervape RDA
海外ショップでIJOYは頻繁に目にしますが実際に使うのは今回が初めて。本日はIJOY Wondervape RDAをレビューします。元々そんなにRDAは使わないしデュアルコイル仕様なら尚更なのですが、「レビューする?」と聞かれたらそりゃ二つ返事で「はい」と答えますよ。提供はHeaven Giftsさん。個人的に面白いと思ったのはボトムエアフローとサイドエアフローの両方に対応しており同時に使う事が可能。それと一応シングルコイルでビルドした際にはサイドエアフローの片側を塞いで使えるようにもなっています。そこら辺の詳しい情報は下で。

Thank you Heaven Gifts!!

IJOY Wondervape RDA 仕様

サイズ 24×37.8(mm) ドリップチップ含む
種別 デュアルコイル用RDA
付属品 予備Oリング、予備ネジ、ドライバー、コイル×2、コットン

IJOY Wondervape RDA
いつも通り付属品から見て行きましょう。予備Oリングは標準ではめてある物が黒なのに対して赤が付属、予備ネジはそんなに無くす事は無いと思いますが本体で4つ使うのに対して2つだけ、付属ドライバーは専用品では無く一般的なプラスドライバーなので手持ちの精密ドライバーで十分、コイルはワイヤーの種類は分かりませんが恐らくSSのクラプトンが2つ付属、ご丁寧にコットンも付属していますがちょっと悲しくなるようなくたびれ方をしているので使いません。どうせならもうちょっと良い物を付けてほしかった。

IJOY Wondervape RDA
では洗浄前にバラして構造を見ていきます。標準付属のドリップチップは最近流行りのウルテムで810規格。写真の左から2番目のパーツは公式ではミドルバレルと記載されていましたが、これをベースから外すのに苦労しました。それと上でデュアルコイル用と書きましたが公式にはシングルコイル対応の記載がある通りサイドエアフローをコイルを装着している側だけにする事が出来ます。但しボトムエアフローの吹き出し口は空いたままになるし塞ぐパーツも付いていないので何だかんだ言ってもデュアルありきかな。で、写真の左から3番目がサイドエアフローコントロールというパーツで、これを回してサイドのみエアホールの調整が可能。下部のエアホールは一切調整出来ません。

IJOY Wondervape RDA ビルド

IJOY Wondervape RDA
サクサク進めて行きます。今回ビルドは珍しく付属のクラプトンコイルを使いました。自分で巻いたコイルでデュアルだと均等に熱が通らない事が多いんですよね。ドライバーンでムラが出ないよう調整して抵抗値を見てみたら0.32Ωになっていました。で、Wondervape RDAなんですけどジュースウェルがかなり深く作られていてRDAと言いながらRDTAに近い状態。24mm径なのもあるし2ml以上は入るんじゃないでしょうか。コイルに通したコットンの脚を長めに調整してビルド完了。ボトムエアフローの吹き出し口がかなり外側にあるので、当然この位置に合わせてコイルを設置しましたが、しっかり空気が当たる位置に設置するとサイドエアフローコントロールのパーツに干渉しそうなのが怖いです。

IJOY Wondervape RDA 感想

IJOY Wondervape RDA
ここまでサクサク進めてきましたが最後もサクッと行きましょう。まずサイドエアホール全開で。もうスッカスカなので絞り気味でも微妙なので全閉で。ええ、サイドエアホールは要らないと思います。調整出来ないボトムエアフローだけで十分ドロー軽いですし、蒸気モックモクです。最初は出力30Wぐらいで様子見してたのですが明らかに足りないので徐々に上げて行って54Wまでいくと部屋が霧で包まれて凄い事に。蒸気量が凄いので味はそれなりにはしますけどスッカスカの蒸気を大量に吸っている状態ですかね。完全にクラウドチェイサー仕様であまり好みじゃないけど、蒸気の量もあって香りが部屋に充満するのがちょっと面白い。爆煙やりたいって方にはピッタリなんじゃないでしょうか。

最後に今回提供して頂いたIJOY Wondervape RDAはHeaven Giftsにログイン状態で$29.44で販売中、更にクーポンコード : AHG15適用で15%オフになります。

(掲載日 : 17/08/09)

にほんブログ村

にほんブログ村 ←ランキングに1票を!

現在この記事に投稿されたコメントがありません。

お名前 :

サイト内検索
3avape
最近の更新
人気記事
最近のコメント
カテゴリ
HOME
HOME
カテゴリ
カテゴリ
サブメニュー
サブ
人気記事
人気記事