VAPE JUNKIE
メール
サイトインフォ
VapeFly
VapeFly

Joyetech CuBox AIO レビュー

Joyetech CuBox AIO
本日はBuyBestさんからの提供でJoyetech CuBox AIOをレビューします。かなり前から頂いていたのに記事にするのが遅くなって申し訳ない。さて、CuBox AIOは発売されたのが確か昨年で新製品ではないのですが過去に同じくBuyBestさんから提供して頂いたCuAIO D22とほぼ同じ仕様。コイルは全く同じ抵抗値0.6ΩのProC-BFコイルで、D22よりバッテリー容量が多くバッテリー残量がクッキリ見やすいディスプレイ付きとなっています。カラーはブラック、シルバー、レッド、ブルー、グリーンの5色、小型、軽量でお手軽といった製品コンセプトとなっています。詳しくは下で。

Thank you BuyBest!!

Joyetech CuBox AIO 仕様

サイズ 22.5×40×87(mm)
重量 104.5g
バッテリー 2000mAh内蔵
タンク容量 2ml
コイル ProC-BFコイル(0.6Ω)
付属品 予備Oリング、コイル、USBケーブル、マニュアル

Joyetech CuBox AIO
いつも通り付属品から見ていきます。予備Oリング、充電用USBケーブル、本体にプリインストールされているコイルはありませんが、箱の中に同じ0.6ΩのProC-BFコイルが2個、後はマニュアル類。マニュアルは日本語の記載もあるので一通り目を通しておいた方が良さそう。Warrantyと書かれた紙は保証書ですが実際、使えるんですかね。黄色い紙は注意書きで新しくコイルを装着して使う場合は事前にリキッドを垂らして馴染ませておけといった内容やリキッドの注入について書かれています。

Joyetech CuBox AIO
洗浄前に分解した写真になります。タンクはMod内部に設けられているのでアトマイザーベース下側にコイルを装着してからタンク内部に収める形で装着します。ちゃんと外側からもリキッドの残量が確認出来るようになっています。エアフローコントロールリングは上側に引っこ抜けますが凹みと出っ張りがあるので、再度装着する場合のそこを合わせないとハマりません。ドリップチップとトップキャップは一体となっておりドリップチップの交換は出来ませんが、私的には丁度良いサイズだと思います。

Joyetech CuBox AIO
もう少し細かく見ていきます。実際にアトマイザーベースにコイルを装着した所ですが、あの状態でタンクに入れてネジ式で装着。エアフローコントロールリングは基本外す必要はありませんが、外すのは洗浄する時ぐらいですかね。上で書いたようにドリップチップとトップキャップは一体となっていますが、これもネジ式で回転して着脱します。ドリップチップ兼トップキャップを外すと外側に2箇所穴があるので、そこからトップフィルでリキッドが注入出来る仕組みになっています。

Joyetech CuBox AIO
Modの方を見ていきます。タンクと一体となっているのでタンク内の洗浄にやや気を使いますね。タンク容量はD22が3.5mlだったのに対してCuBox AIOは2mlと少なくなっています。ファイアボタンのある方を前面とした場合、側面のボタンすぐ横に充電用のUSB端子があり、ボタン上側はバッテリー残量を表示するディスプレイが配置されています。ランプ5個で100-90%、4個で89-70%、3個で69-30%、2個で29-10%、1個で9%以下となっています。既に上で書きましたが背面はタンク窓でリキッドの残量が確認できます。他、電源のオン/オフは唯一のボタンであるファイアボタン5クリック、後はファイアボタンを押して吸うだけの簡単仕様。

Joyetech CuBox AIO 感想

Joyetech CuBox AIO
Joyetech CuBox AIOの感想に行きましょう。同じコイルのCuAIO D22もまあまあ美味しかったし試すまでも無いかなとは思ったのですが、やはり味は同じくこのタイプでは出ている方です。コイルが優秀なんでしょう。ただ本格的に味を求めるならこれじゃない感はありますけどね。そしてドローはやはり軽めでエアホール1個に絞ってもまだ軽い印象なのですが、ここまで絞って連続で吸っていると焦げ臭さが出てくるので絞るにしても2個以上が良さそう。ドロー重めを好む人には向きませんが、こういったお手軽製品でそこそこに味が出る部分は評価したいものです。

特別軽いって程ではないけどスマホ程度の重量でコンパクト、トップエアフローでリキッド漏れにも強く携帯性が高い、お味もそこそこなので私的には初心者の方や携帯用のサブ機には結構お勧め。特にバッテリー残量がクッキリ見える部分はスティック型のD22より好印象です。

最後に今回提供して頂いたJoyetech CuBox AIOはBuyBestで$27.64で販売されています。海外ショップの利用は多少なりトラブルも付きものなので自己責任で。

(掲載日 : 18/04/16)

にほんブログ村

にほんブログ村 ←ランキングに1票を!

現在この記事に投稿されたコメントがありません。

お名前 :

サイト内検索
3avape
Wismec
最近の更新
人気記事
最近のコメント
カテゴリ
HOME
HOME
カテゴリ
カテゴリ
サブメニュー
サブ
人気記事
人気記事