VAPE JUNKIE
メール
サイトインフォ

Joyetech eGo AIO Anniversary Editionレビュー

Joyetech eGo AIO Anniversary Edition
本日はVapeSourcingさんの提供でJoyetech eGo AIOのAnniversary Editionをレビューします。eGo AIOはかなりのロングセラーで私も初期の物を購入して使用していましたが、後から新色が加わったり新コイルが出たりと小型の電子タバコでは定番と言える製品でしょう。今回の物はAnniversary Editionが名前の後に付きますが、Joyetechの起業10周年を記念したモデルとなっています。単にトップキャップの形状と外観のデザインが違うだけかなと思っていたのですが、既に使ってみて若干エアフローコントロールが改良されているような印象があります。詳しくは下で。

Thank you VapeSourcing!!

Joyetech eGo AIO Anniversary Edition仕様

サイズ 19×119(mm)
重量 実測76g
バッテリー 1500mAh内蔵
タンク容量 2ml
コイル 専用BFコイル
付属品 コイル、USBケーブル、ドリップチップ、キャップ、マニュアル

Joyetech eGo AIO Anniversary Edition
いつも通り付属品から見ていきます。まず SS316(0.6Ω)のコイルが2個、充電用のUSBケーブル、標準装着されている物とは異なる透明のドリップチップ、ドリップチップの先っぽに装着する為のキャップ、後はマニュアルや保証書に当たるWarrantyカードが入っています。eGo AIO用のコイルは何種類かあって抵抗値が1Ωの物やMTL用の物も別途販売されていますが、国内ショップでも取り扱いが多いので入手性が良いのが魅力です。他、マニュアルは多言語の記載がありますが日本語も含まれています。

Joyetech eGo AIO Anniversary Edition
ドリップチップが特徴的なので見ておきます。サイズは510。これは初期のeGo AIOもそうでしたが、標準装着してあるドリップチップは内部が螺旋状になっています。一般的にスピットバックと呼ばれるリキッドの跳ねが直接口に入るのを防止する為の構造だと思いますが、別途付属の透明のドリップチップはストレート形状になっています。私的に味は透明の方が美味しいと思いますね。それと写真一番右のシリコン製のドリップチップ用キャップが付属しますが、初期のeGo AIOには付いてなかった記憶があります。

Joyetech eGo AIO Anniversary Edition
さて、eGo AIOを使用する為の準備ですがトップキャップは押し込みながら回して外す仕組みになっています。公式ページだと[Child-lock for safety]とありますが子供が誤って外して飲んだりしないような安全構造です。で、外したトップキャップの先にコイルをネジ式で装着、リキッドを注入して再びコイルを付けたトップキャップを装着するだけ。リキッドの注入は[MAX]のラインがある所までしか入れられません。それ以上入れるとコイルを付けたトップキャップ装着時に溢れ出てきます。

Joyetech eGo AIO Anniversary Edition
バッテリーの部分を見ていきます。ボタンはファイアボタンの1つのみ、電源のオン/オフは定番通りファイアボタン5クリック。ファイアボタンがある方の裏側はUSB接続端子になっています。ちょっとしたお遊び的な要素として電源オフの状態でファイアボタンを長押しするとランプの色が変化します。変化した後はファイアボタンをクリックする度に色が変化し、全7色の中から好みの色を選択出来ます。他、ランプの点灯が要らない場合は無点灯もあります。これも初期のモデルからあった機能ですね。

Joyetech eGo AIO Anniversary Edition
公式ページの画像を拝借してエアフローコントロールを見ていきます。トップキャップを回す事でエアフローを調整出来るようになっていますが、点の印が付いている所を起点に三角の印の位置でエアフローが変化します。ピッタリ点と三角の印を合わせている状態がエアフロー全開で点から90度回すと最もエアフローを絞った状態になります。初期モデルはここら辺がかなり分かり難かったのですが、Anniversary Editionで若干改良が見られます。

Joyetech eGo AIO Anniversary Edition感想

Joyetech eGo AIO Anniversary Edition
Joyetech eGo AIO Anniversary Editionの感想に行きます。当然と言えば当然ですが使っているコイルが一緒ならeGo AIOと基本味は変わらないですよ。凄く濃い、美味いって事は無いけど小型の電子タバコの中ではそこそこに味は出るという評価ですね。ただバッテリー容量も一緒だしタンク容量も一緒、サイズは少しだけ初期モデルよりも長くなっているとなると既に持っている人が買い直す理由は無いでしょう。ただ私の記憶が確かなら初期モデルはエアフローコントロールであまり変化を感じられなかったのにAnniversary Editionはしっかり感じられます。全開状態は明確に軽いし90度回すとほぼ全閉状態になります。初期型は吸えないぐらい重くする事って出来ませんでしたよね?そこが最大の改良点じゃないでしょうか。もう2年以上昔の事なので記憶が曖昧ですがエアフローコントロールだけは良くなっている筈。

電子タバコ未経験の方の最初の1本としては良い製品です。定番になるだけはありますね。漏れに強い構造なのでメインとは別にお出かけ用としての用途にも良いと思います。後はJoyetechが好きな方にもお勧めしておきます。10周年記念をお祝いする形で購入するのも良いかもしれません。

最後に今回提供して頂いたJoyetech eGo AIO Anniversary EditionはVapeSourcingで$23.40で販売中。しかも送料無料の対象商品となっています。海外ショップの利用は多少なりトラブルも付きものなので自己責任で。

Vapesourcing セール情報

Vapesourcing
現在Vapesourcingさんでは3日間のみのサマーセールを開催中。恐らく日本時間で月曜日のお昼過ぎぐらいまでだと思いますがクーポンコード : Summer適用で全商品が12%オフになります。それと期間限定で特定商品の大幅割引セールをやっています。現在はWotofo Recurve RDAが$20.30で販売中ですが後々Uwell Nunchaku 80W TC Modが$39.90といった割引セールが予定されています。ちょっと試しにWotofo Recurve RDAをカートに入れて決済の手前まで行ってみたのですが提示通りの額にはなりませんでした。

Vapesourcing
上の短期間の割引セールとは別に長期間の割引セールも行われています。まず$60以上の購入で10%オフ、$100以上の購入で12%オフ、$300以上の購入で15%オフになります。こちらもクーポンの適用が必要でそれぞれVS60/VS100/VS300となっています。他、同じサマーセールのページにリキッド3本購入で1本オマケが付くそうです。60mlで$3.9や100mlで$6.2の激安リキッドを扱われていますが、実は私も激安リキッドをVapesourcingさんから頂いていていずれレビューする予定です。この価格なら中国製と思っていたのですがラベルを見た感じアメリカ製ぽいんですよね。レビューする前に聞いていますが、アメリカ製でこの価格を実現してたら凄いな。

(掲載日 : 18/08/12)

にほんブログ村

にほんブログ村 ←ランキングに1票を!

現在この記事に投稿されたコメントがありません。

お名前 :

サイト内検索
3avape
最近の更新
人気記事
最近のコメント
カテゴリ
HOME
HOME
カテゴリ
カテゴリ
サブメニュー
サブ
人気記事
人気記事