VAPE JUNKIE
メール
サイトインフォ
VapeFly
VapeFly

Joyetech ESPION Silk with NotchCoreレビュー

Joyetech ESPION Silk with NotchCore
本日もVapeSourcingさんの提供でJoyetech ESPION Silk with NotchCoreのレビューをします。当サイトで一番ページが多いのがJoyetech製品のレビュー記事で、電子タバコ界の巨人と呼ばれるメーカーだけに必然とも言えるのですが似たり寄ったりな製品を乱発しているのが要因でもあります。但し今回のESPION Silk with NotchCoreは今までの製品とは一味違いますよ。ModのESPION Silkが私好みの軽量設計なだけでなくアトマイザーのNotchCoreはクリアロマイザーとRTAの中間のような仕様になっています。クリアロマイザーの専用コイルも大概の物はリビルド可能ですが、あまり労力に見合う結果が出ないし、最初からRTAを使った方が早いので最近は殆どやっていません。しかしNotchCoreの専用コイルは、コイルその物を自身で作る事は通常無理ですがコットンの詰め替えが楽に行えるので繰り返し使用する事が出来ます。コイル代が大幅に節約出来る事間違いなし!詳しくは下で。

Thank you VapeSourcing!!

Joyetech ESPION Silk with NotchCore仕様

■アトマイザー

サイズ 22×49.5(mm)、ドリップチップとスレッド含む
タンク容量 2.5ml

■Mod

サイズ 29.5×40×80(mm)
重量 実測101.5g
出力 1-80W
出力モード VW/Bypass/TC(Ni/Ti/SS)/TCR(M1/M2/M3)
バッテリー 2800mAh内蔵
対応抵抗値 VW(0.05-3.5Ω)/TC(0.05-1.5Ω)

Joyetech ESPION Silk with NotchCore
いつも通り付属品から見ていきます。まずコイルですがアトマイザー内にプリインストールされている物と同梱されている4個とで計5個付属。写真でビニールに入っているのは予備のガラスタンクとOリング。他、充電用USBケーブルとマニュアルが付属。ざっと仕様に触れていくとアトマイザーのNotchCoreは最近では目にする機会が減ってきた22mm径でタンク容量2.5mlと少なめ、ModのESPION Silkは2800mAhバッテリー内蔵でありながら公称100.5gと軽量。最初持った時、あまりに軽かったのでバッテリー交換型だと思ったほどです。

Joyetech ESPION Silk with NotchCore
アトマイザーのNotchCoreから見ていきます。最初から装着してあるコイルはピンセットなどでそのまま引き抜けば簡単に外せます。コイルの周の部分とチムニーの部分をガラスタンクを挟んでネジ式で固定する仕組みになっています。アトマイザー上部は印が付いている場所を押し込んでスライドする事でリキッドチャージが出来る穴が現れます。ドリップチップは510サイズですが、標準のドリップチップはかなり装着がかなり硬め。外すのはそうでもないのですが、装着するのは難儀です。

Joyetech ESPION Silk with NotchCore
もう少しNotchCoreを詳しく見ていきます。写真上はコイルを外した所で下は装着した所。上でも書いたようにガッチリ固定されているわけではないのでピンセットなどで外せます。装着はコイルの端の金の部分を台座の端に合わせる形で。これだけでコイルが交換出来るって画期的ですね。ベースの部分にあるエアホールは対になる形で2箇所あり、エアフローコントロールは無段階で調整可能。

Joyetech ESPION Silk with NotchCore
コイルの方も見ていきます。NotchCoreのアトマイザー名の通りノッチコイルになっています。昨年か、もしくはもっと前でしたっけ。ノッチコイルが流行りましたよね。普通のワイヤーを巻いたコイルではなく金属の筒を部分的にくり抜いたような造りになっています。ただこのアトマイザーの魅力は単にノッチコイルという部分ではなく、コイルが劣化したら中に通してあるコットンを自身で取り換えて再使用出来る所。実際に行う場合はコットンを抜いたら一旦コイルのみでドライバーンして汚れを除去、その後に新しくコットンを通せば長期間使用出来る筈です。

(追記)コイルの抵抗値は公式では0.45Ωとなっていますが使用中に0.5Ω前後になりました。更に追記しておくと古いコットンを抜いてからのドライバーンで出力が高すぎるとコイルが一気に劣化、場合によってはコイルが切れます。15Wから20Wぐらいで熱を入れすぎない程度にやるのが良さそう。

Joyetech ESPION Silk with NotchCore
ModのESPION Silkを見ていきます。ディスプレイのある面を前面とした場合、同じ前面に3ボタンの標準的な配置。その下にUSB接続端子を配置。ボディはプラスティックで、そこにゴムっぽい柔らかい素材が貼り付けられているような特徴的な外観になっていますが、グリップになっていて持ちやすい上に軽くて好みのMod。アトマイザーの装着位置になる上面は貼り付けてある素材が出っ張っているので大きい径のアトマイザーが装着出来るか不安でしたが、26mm径のアトマイザーでも余裕がありました。

Joyetech ESPION Silk with NotchCore
操作関連を見ていきます。定番通り電源のオン/オフはファイアボタン5クリック。電源オフ状態でプラスマイナスボタン同時長押しでディスプレイ表示を反転。電源オン時にプラスマイナスボタン同時長押しでキーロック、ファイアボタン3クリックで出力モードの変更メニュー、プラスとファイアボタン同時長押しで設定メニューを表示します。設定メニューは出力モードによって表示内容が異なります。ここら辺の操作は最近のJoyetech製Modと変わらず。機能の部分では特に進化無しといった印象でした。

Joyetech ESPION Silk with NotchCore感想

Joyetech ESPION Silk with NotchCore
Joyetech ESPION Silk with NotchCoreの感想に行きます。まずアトマイザーのNotchCoreについてですが、味はかなり良いですよ。クリアロマイザーとRTAのどっちに分類して良いのか分かりませんが、クリアロマイザーとの比較なら過去最も美味しいです。RTAとの比較でもトップクラスの美味しさで十分に味が濃いですが使用するリキッド次第な部分もあります。ドローはエアフローコントロールを絞った分だけしっかり重くなります。ただ何よりこのアトマイザーの魅力はコットン交換で何度もコイルをリビルド出来る、しかも簡単という所でしょう。実はコイルその物も簡素な造りなのもあって安いんですよ。凄く経済的。欠点を挙げると若干の漏れがあるのとタンク容量が少ない点。漏れは苦にならない程度にチョロっと、タンク容量は後から大容量バージョンが出るかもしれませんね。

ModのESPION Silkは2800mAhのバッテリー内蔵で重量が100gちょっとと軽くて良いのですが上でも書いたように機能的には進化も無いし既にModをお持ちの方に強くお勧めする部分も無いです。バッテリー内蔵タイプでModがもう一台欲しいという方にはお勧め出来ます。

最後に今回提供して頂いたJoyetech ESPION Silk with NotchCoreはVapeSourcingでログイン状態で$72.26で販売中ですが今だけ$20.56割引で$51.70で販売されています。因みにNotchCore用のコイルは5個入りで$3.20で予約受付中。海外ショップの利用は多少なりトラブルも付きものなので自己責任で。

(掲載日 : 18/07/07)

にほんブログ村

にほんブログ村 ←ランキングに1票を!

No.1 逆睫毛 投稿日 2018/07/08 22:30
このアトマイザーすごく気になってるやつです。
というかプレオーダーで注文してます。
レビューを拝見して到着の楽しみ度が倍増しました!
ノッチコイルと同じ径と長さでNi80ワイヤー巻いて、設置して代用できるか早く試したい…!
No.2 Takeyama 投稿日 2018/07/09 00:00
逆睫毛さん、こんばんは。
ESPION Silkの方ばかりに気が行っていたので開封直前までセットのアトマが逆睫毛さんの言っていたNotchCoreなのに気付きませんでした(^^;

自分で巻いたコイル?出来るの?と思いながらお先に試させて頂きました。結果出来ますね。ちゃんと通電します。形をキッチリ合わせておかないと綺麗にハマりませんが、その気になれば行けますよ!

ついでに先ほどコットンの交換もしましたが標準で詰めてあるコットンより美味しい気が...。コイルも安いし凄くお勧め。早く手元に届くと良いですね。
No.3 逆睫毛 投稿日 2018/07/09 02:23
そうです。これがNotchCoreです!

検証ありがとうございます。
手巻きコイルが使えるということは、ノッチコイルを売りにしたアトマイザーでありながら、ドライバーが必要ないRTAという側面もあるわけですね。
巻き数多めの高抵抗コイルを設置すれば、NUGGET Xみたいな超小型MODに乗せて低ワット運用で持ち出しもできますし…いっぱい遊べそうな予感です。

ノッチコイルはノッチコイルですごい経済的っぽいですし、楽しみです!
No.4 Takeyama 投稿日 2018/07/09 17:51
逆睫毛さん、こんにちは。
確かにRTA的に使えると言えば使えますが安全面で不安もあるので手慣れた方のみ限定ですかね。標準コイルが美味しいので私は専用コイルのまま使い続ける予定ですが抵抗値高めの省エネ運用は確かに魅力だとは思います。

恐らくメーカーが想定していない使い方ですが自巻コイル使って遊べるのも含めて今一番お勧めのアトマイザーですよ!
No.5 逆睫毛 投稿日 2018/08/10 21:01
これ、sourcemoreさんでプレオーダーしてたんですが、まだプレオーダーです…。
28$もするんですが、キャンセルも出来ません…。
…amazonでスターターが3999円で売ってます…。
一ヶ月前のワクワクしてる自分のコメントを見て悲しくなってきました…。

もう…sourcemoreは使いません…(´;ω;`)
No.6 Takeyama 投稿日 2018/08/11 12:24
逆睫毛さん、こんにちは。
うわー既に使用されているものだと思っていましたが発送すらされていませんでしたか。そうそう、sourcemoreさんは管理画面でキャンセルが出来ないので私もトラブりました。その時はメールでその旨を伝えてsourcemoreさん側からの操作でキャンセルしてもらったので、一度ご連絡してみてはいかがでしょうか?

せっかく楽しみにしてたのにこんな事があると萎えちゃいますよね(´・ω・`)
No.7 逆睫毛 投稿日 2018/08/11 16:37
他の所で入荷後売切れになったりしてる頃。

逆「sourcemoreさん入荷遅くない?キャンセルしていい?」

s「もうちょっと待って!すぐ入荷するから!」

逆「それなら一週間だけ待って発送されなかったらキャンセルするから全額返金してね」

s「わかった!」

一週間後
s「送ったよー!」

逆「おっ、やるやんけ!待ってるで!」

一週間後
逆「まだ追跡できんなぁ…商品ページもプレオーダーのままだし…これちゃんと送ってるんか?問い合わせよ」

s「ちゃんと送ってるよ!」

逆「それじゃ送った証明とかある?」

s「それはない」

逆「もういいからキャンセルして返金して」

s「輸送中だからそれは出来ない」←イマココ

もう二度とsourcemoreで買い物はしないと心に決めました(´・ω・`)
No.8 Takeyama 投稿日 2018/08/11 19:08
逆睫毛さん、詳しい情報有難うございます。
そりゃ既にメールしてますよね。FTみたいにこれでもかってぐらいに写真で証拠を提示してたら安心感はありますが、sourcemoreさんの対応は本当あやふやで困りましたね。

既に送ったと言われたら身動き取れないのが一番痛いですね。もう信じて待つしかないですな。1日でも早く届く事をお祈りしております。ただ本当に送ったのかな...と疑心暗鬼にはなりますね。
お名前 :

サイト内検索
3avape
Wismec
最近の更新
人気記事
最近のコメント
カテゴリ
HOME
HOME
カテゴリ
カテゴリ
サブメニュー
サブ
人気記事
人気記事