VAPE JUNKIE
メール
サイトインフォ

Joyetech Exceed D19 レビュー

Joyetech Exceed D19
久しぶりの電子タバコ機器、そして更に久しぶりのVapeSourcingさんからの提供で今回はJoyetech Exceed D19をレビューします。因みにVapeSourcingさんは当サイトに初めて機器の提供をして頂いたショップで、こうやって長いお付き合いをして頂くのを嬉しく思っています。さてJoyetechのExceed D19ですが見ての通りのお手軽スティック型で、この形状の製品は昨年から同社が乱発している印象があるのですが、現在も売れているeGo AIOの2匹目のドジョウならぬ3匹目、4匹目を狙っているような製品。最近は機器の方に興味が薄れたという方も多いのですが、目に見えて進化している部分も無いので仕方ない所でしょう。基本的には初心者やこれからVAPEをやってみようと検討されている方をターゲットとした製品の筈なので、そういった視点での評価も加えて記事を書いていきます。

Thank you VapeSourcing!!

Joyetech Exceed D19 仕様

サイズ 19×118(mm)ドリップチップ含む
重量 73g
バッテリー 1500mAh内蔵
タンク容量 2ml
コイル 専用の1.2Ωコイル(MTL)、0.5Ωコイル(DL)
付属品 コイル×2、USBケーブル、予備ガラスタンク、Oリング、マニュアル他

Joyetech Exceed D19
いつも通り付属品から見ていきます。まずプリインストールされている1.2Ωコイルの他、0.5Ωコイル付属。MTLというのは口吸いとかタバコ吸いと呼ばれる一旦口に溜めてから吸い込む吸い方、DLは直接肺に吸い込む吸い方を指し、好みの吸い方で使い分けられるMTL用とDL用のコイルが用意されています。それ以外では充電用のUSBケーブルや割ってしまった際に取り換えられる予備のガラスタンク、破損した際に付け替えられる予備Oリング、嬉しい事に最近標準化してきた日本語も含むマニュアル類、使い所に困るステッカーが2枚付属しています。

Joyetech Exceed D19
洗浄前にバラした写真。eGo AIOと違ってバッテリー部とアトマイザー部が一体では無いので洗浄といったメンテナンスのしやすさが良いのですが、世間一般ではeGo AIOのような簡素な構造の方が喜ばれるのかもしれません。アトマイザーのトップキャップを外すと上部からリキッドを注入出来るトップフィル構造になっていますが、写真でも分かるようにトップキャップとドリップチップが一体となっています。手持ちのドリップチップを換装出来ない仕様はあまり好きじゃないのですがサイズ自体は紙巻タバコとほぼ同じで、くわえ心地は悪くないです。

Joyetech Exceed D19
Exceed D19の特徴的な部分としてエアホールを無段階で調整する方法と小さなエアホール3つから調整する方法があります。写真は自身で撮った物では分かり難いので公式ページに掲載されている画像を編集しました。無段階調整用のエアホールは絞ると直ぐに小さいエアホールも出てくるので、これと併せて調整する仕組み。エアホールは全開でもドローが結構重いのですが、小さいエアホール3個だと吸い込むのに疲れる程の重さになります。小さいエアホール1個や2個で使う方は殆どいないと思いますが、ドロー重めを好む方用に作られている印象です。

Joyetech Exceed D19
他、バッテリーの上部がランプになっています。アトマイザーを装着した状態でもランプがしっかり確認出来るようになっており、バッテリー残量が60%以上ある場合はファイアボタンを押した後に点灯、30-59%でゆっくり点滅、10-29%で普通の点滅、9%以下で早く点滅に変化します。何を基準に普通の点滅なのか分からない部分もあるので色の変化でバッテリー残量が認識出来る仕組みの方が好ましいと思いますが、ある程度使い慣れるとバッテリー残量が直ぐに認識出来るようになるのかもしれません。

Joyetech Exceed D19 感想

Joyetech Exceed D19
では吸ってみた感想を。このサイズなので味にそんなに期待はしていなかったのですが、期待値よりは上って所ですかね。同社のeGo AIOよりも美味しいと感じましたがリキッドによっては大差ない程度でしょうか。味へのこだわりがある人が使う物では無く初めての1本としては良いと思います。私は最近iCare 2が好きで現在2個体制で使っているのですが、iCare 2は殆ど味が出ません。ただただニコチンを摂取する為の物。それと比べればExceed D19は濃くはないけどちゃんと味が出るので、それなりにリキッドの風味を楽しめますし軽量小型で携帯性が良く低価格な所に魅力を感じるならサブ機としても良さそう。

漏れに関しては短期間使った程度では断言出来ませんが、軽く2、3日使った程度だと全くありませんでした。ただコイルが劣化してくれば多少の漏れは出てくるんじゃないかと推測します。ドローは上で書いた通りエアホール全開でも重めですが、それを求めている方には適度なドローに調整出来そう。逆にドロー軽めを好む方には向いていません。

最後に今回提供して頂いたJoyetech Exceed D19はVapeSourcingで現在$19.90で販売中。この商品に当サイト専用のクーポンコードは使用できませんが、5%オフになるクーポンコード : VAPING5が使用出来ます。

(掲載日 : 17/10/20)

にほんブログ村

にほんブログ村 ←ランキングに1票を!

現在この記事に投稿されたコメントがありません。

お名前 :

サイト内検索
3avape
最近の更新
人気記事
最近のコメント
カテゴリ
HOME
HOME
カテゴリ
カテゴリ
サブメニュー
サブ
人気記事
人気記事