VAPE JUNKIE
メール
サイトインフォ
VapeFly
VapeFly

Joyetech RIFTCORE DUOレビュー

Joyetech RIFTCORE DUO
本日もVapeSourcingさんの提供でJoyetech RIFTCORE DUOをレビューします。RIFTCORE DUOは私がかなり期待していたアトマイザーです。RTAやRDAってコイルを巻いて設置してコットンを通してビルドという作業が面倒じゃなしですか。しかもコイルの種類や位置によって思ったほど味が出ず安定しなかったり漏れが酷かったりで、それが理由でビルドし直すのも本当面倒。このRIFTCORE DUOはRFC heaterという名のプレートが内部に設置されており、そこにコットンを詰めるだけでビルドが完了するアトマイザー。種別的にはRTAになりますが、似たようなコンセプトの製品ではRDAのNCR Nicotine Reinforcerを過去にレビューしています。NCRの方はあまり味を評価出来ませんでしたが、RIFTCORE DUOはどうでしょうかね。詳しくは下で。

Thank you VapeSourcing!!

Joyetech RIFTCORE DUO仕様

サイズ 26×47(mm)、ドリップチップとスレッド含む
種別 ヒータープレートRTA
タンク容量 3.5ml
付属品 予備Oリング、ネジ、六角レンチ、ガラスタンク、コットン、マニュアル他

Joyetech RIFTCORE DUO
いつも通り付属品から見ていきます。予備のOリングとネジ、そのネジ用の六角レンチ、ガラスタンク、刻んであるコットン、それとは別に通常のコットン、コットンをアトマイザー内に詰める際に使用する為のピンセット、後はマニュアルと保証書になります。マニュアルは英語のみの記載ですが図解入りなので見るだけでも大体の内容は把握出来そう。それと標準装着してあるタンクの方にはシールが貼ってあるのですが、古いコットン取り換え後に30Wで3秒間ドライバーンして汚れを飛ばすといった内容が書かれています。

Joyetech RIFTCORE DUO
RIFTCORE DUOをバラした写真。見てわかる通り事前にヒータープレートの所にコットンが詰めてあります。プレートの部分は付属の六角レンチで更にバラせますが、せっかくビルド済みなのでこのままにしておきましょう。こんな具合に詰めろよというお手本でしょう。アトマイザーの径は最近では珍しくない26mmですが、タンク容量が3.5mlと最近の標準と比べると少なめ。ドリップチップは最近では何かと810が多いのですが510サイズとなっています。

Joyetech RIFTCORE DUO
公式の写真を拝借してRIFTCORE DUOのベース部を見ていきます。エアホールは等間隔で3箇所、エアフローコントロールは無段階で調整可能。エアホールから入った空気はヒータープレートの後ろ側から抜け出てくる模様。また上から六角レンチでネジを外すと写真左から右のようになりますが、洗浄以外ではこの部分をバラす必要性は感じません。他、リキッドチャージは上部パーツのRIFTCORE DUOの文字がある所から押し込めばスライドする仕組みになっており、スライド後に見える穴からトップフィルでリキッドチャージ出来ます。

Joyetech RIFTCORE DUOビルド

Joyetech RIFTCORE DUO
今回は最初からビルド済みの状態なのでそのまま使用しますが、味が悪くなってきたら詰めてあるコットンを破棄、その後は上でも書きましたが30W出力で3秒間ドライバーンして汚れを飛ばした後に10秒間冷やしてデッキのサイズに合わせてコットンを詰めるのみ。全て組み立てた後だとコットンを詰めた場所の下部はタンクからリキッドが染み込んでいくように空いているので、コットンの詰込みが緩すぎると漏れの原因になります。また詰め込み方も水平に複数重ねて設置しないとコットンの中央の方にリキッドが浸透しないので適当に詰めれば良いというものでもありません。ただお手本が最初から用意されているので先に確認しておけば直ぐに分かる筈です。

Joyetech RIFTCORE DUO感想

Joyetech RIFTCORE DUO
Joyetech RIFTCORE DUOの感想に行きます。もう重要なのは美味しいか美味しくないかだけ。ドリップチップは標準の物から手持ちの物に代えて吸いました。初期の抵抗値は0.25Ω、使用中0.29Ωに変化。最初は50W辺りから探っていったのですが、この時点でもそこそこに美味しい。65Wぐらいから本格的に味が出てきて私的には70Wぐらいがベストでした。エアフローコントロールも絞ればそれなりにドローが重くなりますが、ちょっと開けているだけでも比較的軽い方。最近使ったRTAと比較するとGeekvape BlitzenZEUSZeus Dual、に迫るぐらいの美味しさ。使うリキッド次第では超えている印象すらあります。

ビルドも凄く楽でこれだけ美味しいなら本来文句のつけようがないのですが、若干漏れが気になります。特に2回目以降のリキッドチャージ後は気になりました。ただNCR Nicotine Reinforcerが全然美味しくなかっただけにやっと実用性のあるヒータープレートのアトマイザーが出てきたと言えます。RFC heaterの寿命がどの程度あるかは分かりませんが、私的にはかなりお勧め出来ますね。

(追記)漏れの問題はトップフィルを諦めて逆さ状態でベースからタンクを外し下から注入する方法で軽減出来ます。出力低めだと立ち上がりの悪さが目立ちますが60W以降は他のコイルと変わらない印象。

最後に今回提供して頂いたJoyetech RIFTCORE DUOはVapeSourcingでログイン状態で$40.73で販売中。海外ショップの利用は多少なりトラブルも付きものなので自己責任で。

(掲載日 : 18/06/30)

にほんブログ村

にほんブログ村 ←ランキングに1票を!

現在この記事に投稿されたコメントがありません。

お名前 :

サイト内検索
3avape
最近の更新
人気記事
最近のコメント
カテゴリ
HOME
HOME
カテゴリ
カテゴリ
サブメニュー
サブ
人気記事
人気記事