VAPE JUNKIE
メール
サイトインフォ
VapeFly
VapeFly

Joyetech ULTEX T80 with CUBIS Max レビュー

Joyetech ULTEX T80 with CUBIS Max
本日もVapeSourcingさんの提供でJoyetech ULTEX T80 with CUBIS Maxをレビューします。ModのULTEX T80は写真でも分かる通りチューブ型で18650バッテリーに対応する最大80W出力が可能なレギュレーテッドModです。そしてアトマイザーのCUBIS Maxですが、古くからあるCUBISシリーズ同様にトップエアフローとなっていますが、何より最大の特徴はNCFilmヒーターと言うコイルを使ってリキッドを蒸気化する構造になっています。公式ページではコイルレスと謳っているので厳密にはコイルではないのですが、シート状の薄いヒーターを使うアトマイザーというのはかなり興味深いです。詳しくは下で。

Thank you VapeSourcing!!

Joyetech ULTEX T80 with CUBIS Max 仕様

■アトマイザー

サイズ 28×50(mm)、ドリップチップとスレッド含む
タンク容量 5ml
コイル Joyetech NCFilmTM heater(0.25Ω)

■Mod

サイズ 26×95(mm)
重量 92.3g
バッテリー 18650
出力 1-80W
出力モード VW/Bypass/TC(Ni/Ti/SS)/TCR(M1/M2/M3)
対応抵抗値 0.05-3.5Ω(VWモード)/0.05-1.5Ω(TCモード)

Joyetech ULTEX T80 with CUBIS Max
いつも通り付属品から見ていきます。アトマイザーにプリインストールしてある物と同じNCFilmTM heaterで計2個、Oリング、NCFilmTM heaterを固定する為のネジ、そのネジで使用する為のプラスドライバー、標準装着してあるタンクと同じガラスタンク、丁度良いサイズにカットしてあるコットン5個、USBケーブル、後はマニュアルや保証書、注意書きの紙が付属。マニュアルはアトマイザー用とMod用の物が2つ入っていますがどちらも日本語の記載があります。

Joyetech ULTEX T80 with CUBIS Max
写真はCUBIS Maxを分解した所です。分解方法がちょっと特殊になっていて殆どの部分はネジ式なのですが、アトマイザーベースの一部は一番下のカバーを外した後はスレッドの部分をつまんで下に引き抜く事で外せます。その引き抜いて外せる部分のパーツには事前にコットンが設置されており、そのコットンを挟む形で装着されているパーツの裏側にはNCFilmTM heaterが設置されています。アトマイザー上部は印のある所を押し込んでスライドさせて見える穴からリキッドを注入可能。ドリップチップは510サイズになっています。

Joyetech ULTEX T80 with CUBIS Max
CUBIS Maxのエアフロー構造を見ていきます。写真左は上部のパーツを裏返しにした所ですが、上部から取り込んだ空気はチムニーの外側を通ってNCFilmTM heaterが設置してある所まで抜けていくようになっています。ここら辺の構造は直接見れば直ぐわかるぐらいシンプル。上部にある横長のエアホールは対になる形で2箇所あり、エアフローコントロールは無段階で調整可能。

Joyetech ULTEX T80 with CUBIS Max
アトマイザーベースとNCFilmTM heaterを見ていきます。写真左はアトマイザーベース上部のNCFilmTM heaterを設置しているパーツを裏返した所。2箇所、小さなネジで固定されています。矢印を付けている所はタンク内からリキッドが抜けてくる穴で、この穴を通って下のパーツに設置してあるコットンにリキッドが染み込む仕組み。下からコイルのある位置まで上にリキッドを吸い上げるという構造のアトマイザーは一杯ありますが、上にあるタンク内のリキッドが自然に下に流れ込んで、そのリキッドを蒸気化する構造はタンク内のリキッドを切らさない限り供給不足になる事はまず無さそう。

それとNCFilmTM heaterですが、フィルムの名前が付くだけあってペラペラの薄い造りになっています。公式ページによると素材はカンタルだそうで、味が落ちてきた場合は布で汚れを拭き取るだけで良いそうです。寿命は公式では3ヵ月以上と謳っていますが、それが本当ならかなり経済的ですね。

Joyetech ULTEX T80 with CUBIS Max
ここからModのULTEX T80を見ていきます。名前にもあるように最大80W出力となっていますが実際には安定して80Wは出ないと思います。対応バッテリーは最近では珍しく18650のみで20700や21700バッテリーには対応していません。バッテリーの着脱は底のネジ式のカバーから。前面上部にはファイアボタン、中央からちょっと下にプラスボタンとマイナスボタン、一番下に小型のディスプレイが配置されています。丁度ファイアボタンの真裏に当たる所にUSB接続端子があり、装着しているバッテリーをそのまま充電可能です。

Joyetech ULTEX T80 with CUBIS Max
ざっとULTEX T80の操作関連を見ていきます。まず定番通りファイアボタン5クリックで電源のオン/オフ、電源のオフ状態でプラスマイナスボタン同時長押しでディスプレイの反転、電源オン状態ではファイアボタン3クリックで出力モードの変更、プラスとファイアボタン同時長押しで設定メニューを表示、プラスマイナスボタン同時長押しでキーロック/アンロック、他、TCモード使用時はファイアボタン4クリックで最大出力W値の設定が行えます。表示される設定メニューは出力モードによって異なりますが、プリヒート機能の設定やTCR値の設定、ステルスモードなどがあります。ここら辺はマニュアルに記載されているので熟読すれば大体は分かるでしょう。

Joyetech ULTEX T80 with CUBIS Max 感想

Joyetech ULTEX T80 with CUBIS Max
ではJoyetech ULTEX T80 with CUBIS Maxの感想に行きます。事前にコットンにタップリとリキッドを染み込ませていたのですが要らなかったかも。かなりジュクジュクとなって吸いずらかったです。一度気道に溜まっているリキッドを抜いて吸い直し。公式ページを見ると40W辺りが良さそうだったので40Wで。悪くはないのですが、私の期待が高すぎたのか思ったほどの味は出ませんでした。蒸気は濃厚とまではいかず水っぽい感じ。40Wから徐々に出力を上げて60Wぐらいまで上げて吸ってみましたが、やはり濃厚と言える域までには達しませんでした。

Modの方ですが近未来的なデザインになっていますがカラーリングがちょっとおもちゃぽい印象。シルバーだと高級感がありそうです。機能的な部分は文句なしでチューブ型は持ちやすいし重量も超軽量とまでいきませんが約90gと軽くて私の好みです。プラスマイナスボタンは出っ張りが少ないのでやや押し難く感じる時がありますが、そんなに使用頻度は高くないしファイアボタンは大きめでボタンの硬さも含め押しやすいです。ULTEX T80は気に入りました。

CUBIS Maxは味が良かったら寿命が3ヵ月のNCFilmTM heaterは経済的だし使い続けようと思ったのですが、物足りなさをどうしても感じてしまいます。蒸気化の構造が革新的だし美味しいと言えるぐらいまでは味は出ているのですが、あと一歩か二歩足りない、そんな感想になります。

最後に今回提供して頂いたはJoyetech ULTEX T80 with CUBIS MaxはVapeSourcingで$27.10で販売中。しかも送料無料の対象商品となっています。海外ショップの利用は多少なりトラブルも付きものなので自己責任で。

(掲載日 : 18/10/26)

にほんブログ村

にほんブログ村 ←ランキングに1票を!

現在この記事に投稿されたコメントがありません。

お名前 :

サイト内検索
3avape
最近の更新
人気記事
最近のコメント
カテゴリ
HOME
HOME
カテゴリ
カテゴリ
サブメニュー
サブ
人気記事
人気記事