VAPE JUNKIE
メール
サイトインフォ

JustFog Q14 プルームテックカプセル対応 スターターキットレビュー

JustFog Q14
またまたタバコ税が上がるなんて話が出ていますが、今回レビューする製品はタバコ税にも関係するPloom TECH(プルームテック)カプセル対応のJustFog Q14。ベプログショップさんに提供して頂きましたが、JustFog Q14とタバコカプセルがピッタリ装着出来るドリップチップのオリジナルセット商品です。過去にかなり似た形状のJustfog P14Aをレビューしていますが、Modは全く同じでアトマイザーの方に違いがあります。勿論本来の使い方である電子タバコ、VAPEとしても使用出来ますがセットで付属するドリップチップを付け替えてPloom TECH公式からタバコカプセルと薬局やネットショップからグリセリンなどを買っておけばPloom TECH本体が無くてもPloom TECHのタバコカプセルを使用する事も出来ます。

ベプログショップ様、有難うございます!!

JustFog Q14 仕様

■アトマイザー

サイズ 14×71.6(mm)、標準ドリップチップ含む
タンク容量 1.8ml
コイル 1.6Ω専用コイル

■Mod

サイズ 18.4×34.2×62.7(mm)
重量 70g
出力 3.2-4.4V(6-12W)
バッテリー容量 900mAh内蔵

JustFog Q14
いつも通り付属品から見ていきますが、JustFogの特徴と言って良いのかかなり簡素な構成になっています。多くの人にとって必要性を感じない充電用のUSBケーブルも付いていませんし、交換用のOリングもありません。この2つは付属の物以外でも替えが幾らでもあるので問題ないのですが付属コイルが1個のみなんですよね。普通はアトマイザー内にプリインストールされている物と付属の物で計2個ってパターンが多いのですが、JustFog製品に関してはこの部分をいつも残念に思います。他、マニュアルは日本語の記載が無いので読む必要は無さそう。それと冒頭で書いたようにベプログショップさんのオリジナルセットにはプルームテックカプセル対応のドリップチップが付属します。

JustFog Q14
アトマイザーの方を見ていきます。P14Aとの大きな違いはタンクが樹脂製だったのに対してQ14は素材がガラスになっています。衝撃で割れやすいデメリットはありますが樹脂製のようにメンソールや香料のダメージで破損する事が無いメリットの方が大きいですね。サイズはP14Aより長くなっていますがエアフローコントロールがある点やModとの接続がeGo規格、コイルが同じといった共通点も多々あります。ドリップチップの接続は一般的な510なので、標準のドリップチップを付属のドリップチップに代える事でタバコカプセルが装着出来るようになります。

JustFog Q14
もうちょっとアトマイザーを見てみましょう。写真左はアトマイザーベースにコイルを装着した所。エアフローコントロールは無段階ですが1.6Ωの小さなコイルで使う場合はかなり絞って使う事になる筈です。最近の既製品のコイルは大体縦に設置してあるのですが、このコイルは内部を覗くと横に設置してありました。写真右はアトマイザーを上から写した所ですが中央を塞いで端の5箇所から蒸気が上がってくる構造になっています。Ploom TECHのタバコカプセルの網の部分が蒸気の熱で溶ける事があるので、この構造はタバコカプセルには都合が良さそう。

JustFog Q14
さてModはP14Aと同じ小さなステルス型で、ファイアボタンの位置が下部にあるので押し難いという欠点はありますが、通常のペン型と比べると長さが抑えられる利点もあります。最近VAPEを始めた方は知らないかもしれませんがアトマイザーもModもeGoという接続規格になっており、アトマイザーはeGo接続のModでしか使えませんが、Modの方はeGo接続以外に510接続のアトマイザーも使用出来ます。電源のオン/オフは5クリックじゃなくて4クリック、バッテリー残量の表示は100-75%までが白、50%までが青、25%までが緑、それを切ると赤でファイアボタンのランプが点灯。それと対応するコイルの抵抗値は1.0-3.0Ωまでとなっており、他のアトマイザーを装着する機会は殆ど無いと思いますが1Ωの抵抗値を切るサブオームは使用出来ません。

JustFog Q14でプルームテックカプセル使用の感想

JustFog Q14
ではタバコカプセルを装着して使用してみましょう。念の為、今まで電子タバコ、VAPEを使った事が無い方の為に書いておくとリキッドをタンク内に充填して使用しないと蒸気が出ない他、コイルが焦げて駄目になってしまいます。電子タバコ用リキッドは主な成分がグリセリンとプロピレングリコールですが丁度ベプログショップさんにその混合液が置いてあるので、これを使うのも良いし味や香りが付いたリキッドでも良いでしょう。ただあまり味を出せるタイプの製品ではないので、混合液の方を私はお勧めします。で、感想ですがちょっと前にレビューした同じベプログショップさん提供のSAROME VAPE-1よりは吸い応えはあって良いとは思いますが、ニコチンリキッドや添加用のニコチンを常備している環境だと物足りないのが本音です。ただ人によって求めている吸い応えは異なるので普段軽めのタバコを吸っている方なら私が考えている以上に満足度は高いのかもしれません。

この製品の魅力はですね、標準のドリップチップでニコチンリキッドを吸うって事も出来る訳ですよ。ニコチンリキッドは国内では法律で販売や譲渡が禁止されているので海外から個人輸入する必要があるのですが、それはちょっとハードルが高いと言う方はPloom TECHのタバコカプセルから始めてみて物足りなかったらニコチンリキッドを試してみるという使い方も出来るので無駄にはならないんじゃないかと。Ploom TECHの本体はPloom TECHでしか使えませんが、JustFog Q14とタバコカプセル対応のドリップチップセットのスターターキットは電子タバコとしても使えるのでお得感はあります。

最後に今回提供して頂いたJustFog Q14 プルームテックカプセル対応 スターターキットはベプログショップで税込み3,680円で販売中。3,000円以上の購入で送料無料となっています。

(掲載日 : 17/11/09)

にほんブログ村

にほんブログ村 ←ランキングに1票を!

現在この記事に投稿されたコメントがありません。

お名前 :

サイト内検索
3avape
最近の更新
人気記事
最近のコメント
カテゴリ
HOME
HOME
カテゴリ
カテゴリ
サブメニュー
サブ
人気記事
人気記事