VAPE JUNKIE
メール
サイトインフォ
VapeFly
VapeFly

次世代電子タバコ 吸い比べセット前編 レビュー

次世代電子タバコ 吸い比べセット
本日もベプログショップさんの提供で次世代電子タバコ 吸い比べセットをレビューします。ちょっと商品名だけでは何の事だか分からないと思いますが、通常の電子タバコの他にPloom TECH(プルームテック)のタバコカプセルとiQOSのヒートスティックが使用出来る互換機の豪華セットになります。電子タバコ兼Ploom TECHはJustfog S14のスターターキットとVAPE ONLY VMP-1ドリップチップで、iQOSはATHENA Quick 2.0を使用して商品名通り吸い比べ出来るようになっています。このセットを1日で1ページに纏めるのが大変なので、前編と後編の2ページ分けて掲載する事にしました。今回は前編としてJustfog S14を中心にした内容になります。詳しくは下で。

ベプログショップさん、有難うございます!!

Justfog S14 仕様

■アトマイザー

サイズ 14×71.6(mm)、ドリップチップ含む
タンク容量 1.8ml
コイル 1.6Ω専用コイル

■Mod

サイズ 14×100(mm)
重量 34.6g
出力 3.4V
バッテリー容量 900mAh内蔵

次世代電子タバコ 吸い比べセット
次世代電子タバコ 吸い比べセットのセット内容について書いておきます。まず本体のJustfog S14スターターキット、ATHENA Quick 2.0、Ploom TECH対応のVAPE ONLY VMP-1ドリップチップ、2種から選べるリキッド1本、ベプログオリジナルポーチ、USB充電アダプタ、ユニコーンボトルで全て。因みに昨日レビューしたJustFog P16 フルスターターキットにはUSBケーブルが付属していましたが、今回のセットはJustfog S14にUSBケーブルが付属しているので別途同梱はされていません。

次世代電子タバコ 吸い比べセット
Justfog S14の話に行く前にセットのリキッドに付いて。上述通りリキッドは2種の中から1つ選択出来るようになっていますが、その選択肢はRocket Fuel Vapers Reaper BlendかKAMIKAZE SUPER HARD MENTHOLとなっています。どちらも過去に吸ってレビューしていますがReaper Blendは紙巻タバコと言うより葉巻っぽい感じでSUPER HARD MENTHOLは名前からも想像できる通り強烈なメンソール味となっています。Reaper Blendの方は10mlボトルでSUPER HARD MENTHOLは15mlボトルなので量的には後者を選択した方がお得。また、私的にもJustfog S14で使用するならSUPER HARD MENTHOLの方が相性として合っていると思います。

次世代電子タバコ 吸い比べセット
ここからはJustfog S14を見ていきます。まず付属品ですが上でも書いたようにUSBケーブルがある他、同じ1.6Ωのコイルが3個も付属。Justfogは同梱品が結構渋い印象があったのですがS14スターターキットはちょっと太っ腹。よくアトマイザー内にコイルがプリインストールされている事が多いのでもしかして4個目が入っているかもと期待したのですが、流石にありませんでした。他に簡易マニュアルが付属していますが、他言語の記載はあるものの日本語の記載はないので見る必要はなさそう。

次世代電子タバコ 吸い比べセット
アトマイザーを見ていきます。コイルはパッケージから取り出して一緒に写真を撮っておいたのですが、昨日レビューしたP16と一見互換がありそうで微妙に違うようですね。それと見逃す所でしたがトップキャップが外れるようになっていてトップフィルでリキッドを注入出来るようになっています。他、ベース部にはエアフローコントロールが設けてあり、ある程度はドローを調整出来ますがこのタイプは全開でも比較的重め。もう一つ見逃す所でしたがModとの接続はeGo規格となっており510規格のModとはアダプタを挟まない接続で出来ません。タンク容量は1.8mlですが燃費を考えると十分な容量じゃ無いでしょうか。

次世代電子タバコ 吸い比べセット
さて、忘れちゃいけないのがVAPE ONLY VMP-1ドリップチップ。写真はこのドリップチップをJustfog S14に装着した所。緩いクビレがありますが実際にPloom TECHのタバコカプセルを装着してみるとピッタリジャストフィット。流石にPloom TECHの専用品として作られただけあります。見た目も全く違和感がありません。普通の電子タバコ用としても使えなくはないけど私の好みとしてはちょっと外径が大き過ぎるかな。電子タバコとして使う分には標準のドリップチップの方が最適でしょう。

次世代電子タバコ 吸い比べセット
次にModの方を見ていきますがそんなに書く事も無いんですよね。ボタンはファイボタンのみ、操作はそのファイアボタン4クリックで電源のオン/オフとなっています。因みに接続はアトマイザーもそうだったようにeGo規格でModの方は510とeGo規格のアトマイザー両方を接続可能。ファイアボタンにあるランプはバッテリー容量が100-76%まで白、75-51%まで青、50-26%まで緑、25%以下になると赤で点灯。バッテリーの充電はMod底面にあるUSB接続端子から行えるようになっています。今では持っている方が少数の筈なので大丈夫だとは思いますが、このように充電用端子が設けてある場合はeGo接続用の充電器は危険なので使わないように注意して下さい。

Justfog S14 感想

次世代電子タバコ 吸い比べセット
ではJustfog S14とVAPE ONLY VMP-1ドリップチップを使ったPloom TECHの感想に行きます。実はアトマイザーの方は過去に同じくベプログショップさんの提供によるJustFog Q14で経験済み。私の場合、このようなペン型や小型の電子タバコはニコチンフィーダーとしての活用に最適なのですが、リキッドの味という面ではちょっと苦しいかな。ただKAMIKAZE SUPER HARD MENTHOLのような強烈な刺激のあるリキッドは吸い応えとして丁度良いと思います。それとPloom TECHに関しては今ではあまり美味しいと思う事が無いんですよね。但しiQOSの方はかなり気に入っているので明日使用してレビュー予定のATHENA Quick 2.0には期待は大きいです。

最後に今回提供して頂いた次世代電子タバコ 吸い比べセットはまだ未レビューのATHENA Quick 2.0も含めベプログショップで9,800円で販売しています。送料は3,000円以上の購入の条件により無料です。

(掲載日 : 18/02/03)

にほんブログ村

にほんブログ村 ←ランキングに1票を!

現在この記事に投稿されたコメントがありません。

お名前 :

サイト内検索
3avape
Wismec
最近の更新
人気記事
最近のコメント
カテゴリ
HOME
HOME
カテゴリ
カテゴリ
サブメニュー
サブ
人気記事
人気記事