VAPE JUNKIE
メール
サイトインフォ
VapeFly
VapeFly

KAEES SOLOMON 2 RTAレビュー

KAEES SOLOMON 2 RTA
本日はBuyBestさんからの提供でKAEES SOLOMON 2 RTAをレビューします。KAEESのアトマイザーは過去に何個か使った記憶があったのですが実際はALADDIN BF RDAのみでした。今回はRTA、しかもトップエアフローの特徴を持つアトマイザーになります。過去に凄く美味しいと思ったRTAやクリアロマイザーは幾つもありましたが、漏れが酷いと使い続けようという気にはならないんですよね。それもあってトップエアフローのアトマイザーは好みです。他に最近流行りの膨らみのある形状のタンクは5mlの大容量だったりデッキ部分は24金のメッキが施されているそうです。詳しくは下で。

Thank you BuyBest!!

KAEES SOLOMON 2 RTA仕様

サイズ 24×46(mm)、スレッドとドリップチップ含む
種別 シングルコイル用RTA
タンク容量 3.5ml/5ml
付属品 予備Oリング、ネジ、ガラスタンク、六角ドライバー、コイル他

KAEES SOLOMON 2 RTA
いつも通り付属品から見ていきます。予備Oリングとコイルの脚を固定する為のネジ、そしてのネジを回す為の六角になっているドライバー、標準では膨らみのあるタンクが装着されていますが、形状が真っ直ぐのタンク、フラットクラプトンコイル2個、標準とは異なるドリップチップ2個、810-510変換アダプタ、マニュアルと言うほどでもないカードが付属。因みにタンクは標準装着の物が容量5mlで、真っ直ぐの形状の物に交換すると3.5mlになります。

KAEES SOLOMON 2 RTA
せっかく3つもドリップチップが付属しているので触れておきます。写真の一番左が標準で装着されているドリップチップで、その隣が同梱されているちょっと標準より小さめのドリップチップ。どちらもサイズは810です。更にその隣が510サイズのドリップチップで一番右が810接続を510に変換する為のアダプタ。510サイズのドリップチップを使う場合はアトマイザーとの間にこれを挟んで装着します。

KAEES SOLOMON 2 RTA
写真はSOLOMON 2 RTAをバラした所。更にエアフローリングは上に引き抜く事が出来ます。ネジ式で固定してあるトップキャップを外すと見える穴からリキッドを注入出来るトップフィル、上で書いたように標準では膨らみのある形状のタンクですが、デザインとか落とした時の割れやすさとかを心配する方は真っ直ぐの形状のタンクに簡単に交換出来ます。パーツの構成は最近のRTAと大体同じなのですが、デッキ部分はトップエアフローの為にちょっと特殊になっています。そのトップエアフローは上部にエアホールが対になる形で2箇所あり無段階で調整出来るようになっています。

KAEES SOLOMON 2 RTA
アトマイザーベースの部分を見ていきます。24mm径となっていますが膨らみのあるタンクを使っていればタンク部分は27mm。デッキはポスト部分の出っ張の反対側にも出っ張りがありますが、この部分が上から取り込んだ空気の通り道になっています。チムニーの内部には溝があり、この溝の部分とエアフローの出っ張りの部分を合わせて装着する事になります。コイルに対してはほぼ横から空気が当たる構造。コイルの脚を固定するポストは横に空いた溝に差し込んで上からネジ留めする仕組みで、左側と右側の長さが異なります。

KAEES SOLOMON 2 RTAビルド

KAEES SOLOMON 2 RTA
SOLOMON 2 RTAのビルドに進みます。今回は付属コイルをそのまま使いましたが、4巻きで内径2.5mm、最終的な抵抗値は0.17Ωでした。脚の装着は流石に付属コイルだと難しくは無かったのですが巻き数多めで幅が長くなるとかなり装着し辛いと思います。コイルの装着位置はエアフローの出っ張りに気持ち近付けて固定しています。コイルに通したコットンはデッキの穴を通して底に付くまでの長さで調整。こういう作業はRDTAとかを使って慣れているので難しくはなかったのですが、初めてRTAをビルドする方とかには難易度が他のRTAと比べて高いかもしれません。

KAEES SOLOMON 2 RTA感想

KAEES SOLOMON 2 RTA
KAEES SOLOMON 2 RTAの感想に行きます。標準付属のドリップチップだと今一味が分からなかったのでアダプタを挟んで手持ちのドリップチップを使いました。まずドローはエアホール半分から全開までスカスカ、1/5ぐらい開けている状態で明確に重くなります。全閉ならほぼ吸えません。肝心の味ですがエアフローの仕組みがちょっと近いと思っていたZeus Dual RTAと五分ぐらい濃い味が出ています。KAEESというメーカーに対する先入観であまり期待していなかったのですが美味しいです。デッキの構造的にリキッドの供給にやや不安があったのですが全く問題無し。そして勿論トップエアフローだけあって漏れも無し。1タンク分、使ってみてもトップエアフローでありがちなジュルジュルとする現象もありませんでした。

味良し、漏れ無し、供給不足無し、タンク容量タップリと欠点らしい欠点が無いですね。しかもこのアトマイザーは$20を切る安さだし、あえて粗探しをするならビルドが初心者の方には難しそうなのと今回はビルドが上手くいったようですが味の出る出ないのブレは結構ありそうな気はします。

今回提供して頂いたKAEES SOLOMON 2 RTAはBuyBestで$19.28で販売中。海外ショップの利用は多少なりトラブルも付きものなので自己責任でお願いします。

BuyBestセール情報

KAEES SOLOMON 2 RTA
BuyBestさんでは今月の17日、日本時間では18日の夕方頃まで10%オフセールを行っています。それとは別に特殊なShared Flash Salesを行っておりSNSで共有された数が規定数に達すると対象の商品が値下げされるそうです。また、セール情報とは異なるのですが電子タバコ関連のフォーラムやSNSにレビューを投稿してその証拠を提出する事で$3-$50の報酬が貰えるとか。自身のブログとかも対象かな?どちらにせよ日本語のレビューは対象にはならないかも。

(掲載日 : 18/07/16)

にほんブログ村

にほんブログ村 ←ランキングに1票を!

現在この記事に投稿されたコメントがありません。

お名前 :

サイト内検索
3avape
Wismec
最近の更新
人気記事
最近のコメント
カテゴリ
HOME
HOME
カテゴリ
カテゴリ
サブメニュー
サブ
人気記事
人気記事