VAPE JUNKIE
メール
サイトインフォ

MADMOON iQOS互換機レビュー

MADMOON iQOS互換機
本日はMADMOONさんの提供でiQOS互換機をレビューします。正確な社名と商品名が今一分からない部分がありますが、どちらもMADMOONで良いのかな?iQOSの互換機は少し前にNOSをレビューしましたが、この製品は見ての通りペン型でディスプレイは無く操作は1ボタンのみで行います。この手の製品を幾つも提供して頂いた事がきっかけですっかり私もiQOS愛用者になってしまいましたが、確か10月からiQOSのヒートスティックが値上げされるという話がありますね。このサイトで多く取り上げているVAPEと比べてiQOSはコスパが良くないのが欠点ではありますが、VAPEよりタバコに近い吸い心地や味わいが魅力ではあります。詳しくは下で。

Thank you MADMOON!!

MADMOON iQOS互換機仕様

サイズ 実測17×125(mm)
重量 実測50g
バッテリー 750mAh
付属品 Oリング、USBケーブル、綿棒、マニュアル

MADMOON iQOS互換機
いつも通り付属品から見ていきます。ちょっと写真で撮り忘れましたが予備のOリング、充電用のUSBケーブル、内部クリーニング用の綿棒、英語、中国語、日本語の記載があるマニュアルが付属。ざっと仕様に触れておくとサイズは公式情報が見付けられなかったので私が測ったものですが17mm径で長さ125mm、重量は50gと軽いですがバッテリー内蔵容量は750mAhとそこそこあります。

MADMOON iQOS互換機
早速MADMOON本体を見ていきます。因みにバラせるのは先っぽのキャップのみ。キャップを外した中身は写真では見えませんがヒートスティックを加熱する為のヒーティングブレードがあり、その周りをカバーが囲っている構造。これ綿棒でお手入れする時に面倒そう。それとキャップですが裏から見るとストッパーが仕込んでありヒーティングブレードが通り抜ける為の横長の細い穴が空いています。キャップを装着する時はヒーティングブレードと穴の位置を合わせて装着する必要があるのですが、キャップに[M]のプリントがある位置と電源ボタンの位置を合わせればピッタリ装着出来ます。

MADMOON iQOS互換機
キャップを外した本体を上から見るとヒーティングブレードが見えますが、これNOSと同じ物っぽいですね。ブレードのパーツを作っている所は一緒なのかもしれませんが、公式情報によると改良されたブレードで両面加熱が可能で安定した温度で動作するそうです。それと若干が汚れているのは既に何本か吸ったからです。電源ボタンの右側面には充電用のUSB接続端子が設けられています。充電中はランプ赤が0-40%、青が40-85%、緑が85-99%となっており満充電になると消灯します。MADMOONの操作ですが、電源ボタンを5秒間長押しで電源のオン/オフ、但し電源オンにしても加熱は始まりません。電源オンの状態で素早く(2秒間)電源ボタンを3クリックで加熱が始まります。加熱開始後はランプが点滅して吸える温度まで達したら点灯に変化する他、バイブレーションで知らせます。

MADMOON iQOS互換機
点灯してから4分後か16パフに達すると自動で加熱が終わりランプの消灯とバイブレーションで終了を知らせます。強制的に加熱を終了させる場合は電源ボタン長押し。それ以外に温度を2段階で調整する機能があり、加熱中に電源ボタン3クリックで低温モードと高温モードを切り替え出来ます。低温モードはランプが青で高温モードはランプが白とマニュアルに記載されていますが実際の見た目だと高温モードは白と言うより水色っぽい色です。長押しと連続クリックの操作が混在するので文章だけ読んでも分かり難いと思いますが実際に使ってみると難しい物ではありません。

MADMOON iQOS互換機
感想に行く前に関連製品もこのページで紹介しておきます。少し上の方で構造的にお手入れ面倒そうと書きましたが、MADMOON専用の電動クリーナーが別途販売されていて正式名称はELIOとなっています。内容物ですが、電動クリーナーと充電用のUSBケーブル、替えのブラシ、それとマニュアルの紙はなく保証書が入っています。専用品なのもあって仕方ないかもしれませんが、価格が現在2,480円とちょっと高め。

MADMOON iQOS互換機
クリーナーの内部は既にブラシが事前にセットされていて、ブラシの交換時は外側のパーツを約90度回転させて外した後に引っこ抜くだけ。ブラシの装着はマグネット式になっているので簡単に交換できます。実際の使用方法ですが押し込みによって自動で回転するように出来ているので写真のようにMADMOONの本体に対してELIOを押し付けるだけです。販売ページでは5秒となっていますがあまり長くやるとブレードを痛めるかもしれません。本体付属の綿棒を使うよりは圧倒的に楽にクリーニングが行えて便利です。

MADMOON iQOS互換機感想

MADMOON iQOS互換機
MADMOON iQOS互換機の感想に行きます。ヒーティングブレードがNOSと恐らく同じで美味しいです。高温モードと低温モードの差はあまり感じないのですが、確かに高温モードの方が吸い応えは増している気はします。どうしてもNOSとの比較になるのですがNOSが加熱開始から約10秒で吸えるようになるのに対してMADMOONは約20秒、NOSの70%無いぐらいのバッテリー容量で満充電から20本分使用出来るとありますが、実際に検証には至っていません。あと電源ボタン長押しで電源オン/オフ切り替え、電源ボタン3クリックで加熱開始、モード変更は加熱中3クリックで途中終了する時は長押しとかダブる操作が幾つかあるので覚えにくいのも気になる所ですが慣れれば何て事ないでしょう。

ただMADMOON最大の魅力は価格と入手性。純正のiQOSの半値程度だしAmazonで買えますからね。しかも評価は上々のようです。実際に私も良い製品だと思いましたが、後は寿命がどれだけあるか。ヒーティングブレードがNOSと同じなら毎日20本吸った場合は1年持たない筈です。それでもiQOSを吸ってみたいとか既に吸っているけどサブ機が欲しいという方には価格が安くてお勧めです。

最後に今回提供して頂いたMADMOON iQOS互換機はAmazonで3,680円で販売中。専用電動クリーナーは2,480円となっています。

(掲載日 : 18/08/25)

にほんブログ村

にほんブログ村 ←ランキングに1票を!

現在この記事に投稿されたコメントがありません。

お名前 :

サイト内検索
3avape
最近の更新
人気記事
最近のコメント
カテゴリ
HOME
HOME
カテゴリ
カテゴリ
サブメニュー
サブ
人気記事
人気記事