VAPE JUNKIE
メール
サイトインフォ

MyVapors Myuz Astora 2レビュー

MyVapors Myuz Astora 2
本日もVapeSourcingさんの提供でMyVapors Myuz Astora 2をレビューします。最近似たような物が多くなりましたが、少し前にレビューしたEleaf Tance Maxはコイル交換型だったのに対し、Myuz Astora 2はポッドごと交換するタイプになっています。それぞれ一長一短ありますが殆どの場合、交換用ポッドは交換用コイルより高い傾向にあるのでそこが最大の欠点だと私は考えています。それと以前にMyuz Astora Kitをレビューしているのですが、Astora 2はそれの後継に当たるのかと言われると基本別物だと思います。造りはWismec Motiv 2にかなり近いのですが詳しくは下で。

Thank you VapeSourcing!!

MyVapors Myuz Astora 2仕様

サイズ 14.4×34.2×84.2(mm)
重量 実測61.5g
バッテリー 500mAh内蔵
タンク容量 2ml
コイル 専用ポッド
付属品 カートリッジ、USBケーブル、マニュアル

MyVapors Myuz Astora 2
いつも通り付属品から見ていきます。まず専用のポッドは1個のみ、充電用のUSBケーブル、後はマニュアルが付属。マニュアルは多言語で記載されていますが、その中には日本語も含まれています。ざっと仕様に触れておくとポッド内のタンク容量は2ml、内蔵されているコイルはセラミックの1.5Ωとなっています。ボディが金属で旧Myuz Astoraより高級感がありますが重量は小型な割に重めの約61g。

MyVapors Myuz Astora 2
ポッドから見ていきます。丁度口でくわえる部分は凹みのある形状で蒸気を吸い込む穴は小さめ。側面の片側だけ穴が空いているように見えますが、恐らくはエアホールになっている模様。外観は黒の半透明でリキッドの残量の視認性はあまり良くありません。上でも書いた通りタンク容量は2mlで、ポッドの内部にはセラミックコイルが内蔵されています。抵抗値は1.5Ωで最近の電子タバコとしては高め。

MyVapors Myuz Astora 2
ポッドの底面は張り出している部分から開く事が出来ます。開いた時に見える一番置きい穴からリキッドを注入出来ます。また、ポッドを本体に装着する際にはポッド側にある穴と本体装着部にある出っ張りの棒の方向を合わせて装着する必要があります。この位置が反対の状態で無理に装着しようとすると破損するので注意が必要。また、装着した際には本体のランプが何秒間か点灯します。

MyVapors Myuz Astora 2
本体のバッテリーを見ていきます。上部の方にランプが配置されており、それ以外はボタンもありません。つまり吸い込みによって自動で通電するオートパワーやオートスイッチと呼ばれる構造。側面に充電用のUSB接続端子が配置されています。ランプは吸い込んだ際の通電以外にもバッテリー残量を知る事ができ、青で点灯だと100-30%、朱色だと30%未満となっています。

MyVapors Myuz Astora 2感想

MyVapors Myuz Astora 2
あまり書く事も無いので早速感想に行きます。見た目はWismec Motiv 2に似てると思っていましたが、記憶が曖昧なので正確に比較出来ないものの味はMotiv 2の方が上だと思いました。それ以外のドローが軽めな部分やオートパワーの反応の良さは類似している印象。ポッドも外観はかなり似ているのですが底面の構造が若干違うので互換は恐らく無いと思います。ポッドの入手性を考えると強くお勧めするのが難しいですね。旧Myuz Astoraの方は本体だけでなく交換用ポッドもVapeSourcingさんで販売されていますが、Astora 2の方はまだ扱われていないようなので、ご購入を検討されている方は同時に交換用ポッドの入手先も考慮される事を強くお勧めします。

最後に今回提供して頂いたMyVapors Myuz Astora 2はVapeSourcingで$17.90で販売中。海外ショップの利用は多少なりトラブルも付きものなので自己責任で。

(掲載日 : 19/07/08)

現在この記事に投稿されたコメントがありません。

お名前 :

サイト内検索
3avape
最近の更新
人気記事
最近のコメント
カテゴリ
HOME
HOME
カテゴリ
カテゴリ
サブメニュー
サブ
人気記事
人気記事