VAPE JUNKIE
メール
サイトインフォ

MyVapors Myuz Astora Kitレビュー

MyVapors Myuz Astora Kit
本日もVapeSourcingさんの提供でMyVapors Myuz Astora Kitをレビューします。ここ最近ずっとVapeSourcingさんの提供品レビューが続いていましたが、ここで一旦区切りになります。MyVaporsについてですが過去に一度WISMECのES300 EXOをベースにしたmyTri Kitをレビューしています。恐らく製品の製造は行っておらず製造委託して自社ブランドで製品を販売している模様。Myuz Astora Kitについてですが、オートパワーとかオートスイッチと呼ばれるタイプのポッド型製品で、出力を2段階で変更して使用出来る特徴があります。詳しくは下で。

Thank you VapeSourcing!!

MyVapors Myuz Astora Kit仕様

サイズ 14.6×35×85(mm)
重量 実測35g
バッテリー 500mAh内蔵
タンク容量 3ml
コイル 専用ポッド
付属品 カートリッジ、USBケーブル、マニュアル

MyVapors Myuz Astora Kit
いつも通り付属品から見ていきますが非常に簡素。カートリッジは本体には装着されている物はなく付属が2個、充電用のUSBケーブル、後はマニュアルが付属。マニュアルには日本語の記載もありますが正確性に欠けるので理解するのは難儀。ざっと仕様に触れていくと重量はカートリッジを装着した状態で約35gと非常に軽くタンク容量は3mlあり、このタイプの物としては十分。バッテリーの内蔵容量は500mAhで、使用頻度にもよりますが満充電から充電無しで1日使い続けるのは難しそう。

MyVapors Myuz Astora Kit
ポッドを見ていきます。黒の半透明となっていますが透明度低めでリキッドを入れていても残量の視認性は悪いです。リキッドチャージは底面にある栓を外して注入。バッテリーへの装着は向きが決まっており、向きが反対で無理やり押し込むと破損の原因になるので注意。ポッドの穴が開いている部分とバッテリー装着部の出っ張り、通電する金属部の位置を合わせて装着する必要があります。

MyVapors Myuz Astora Kit
バッテリーを見ていきます。Myuz Astoraの文字が入っている部分を表とした場合、裏側にはランプが配置されています。ファイアボタンはないので吸い込めば自動で電源が入るようになっていますが、その電源が入っている事を確認する為のランプになっています。使用中は緑で点灯しますが充電中は赤で点灯。マニュアルをざっと読んでみましたがバッテリー残量による変化は特にない模様。

MyVapors Myuz Astora Kit
Myuz Astoraの最大の特徴である側面のスイッチ部を見ていきます。向って左側面はUSB接続端子、右側には出力を切り替えるスイッチになっています。一番上にスライドさせて赤のラインが見える状態だと吸い込んでも電源が入らないロック状態、そこから下にスライドさせて丁度真ん中にある状態だと3.0Vでの出力になり、一番下の緑のラインが2本見える状態だと3.4V出力になります。

MyVapors Myuz Astora Kit感想

MyVapors Myuz Astora Kit
MyVapors Myuz Astora Kitの感想に行きます。まず味は予想外に出ました。3.0V動作と3.4V動作では3.4Vの方がやはり味は濃いめ。ポッド型の中では平均以上は出ていますが、3.4Vだとスピットバックが多いのが気になります。エアフローコントロール機能は無くドローは比較的軽め、蒸気量はタバコと殆ど変わらないぐらいでした。レジン調になっているデザインはシールが貼り付けられているようで全体的に安っぽさはありますが、私的には外観に大きなこだわりはないし軽くて出力切り替え機能があるのは面白いと思います。スピットバックがチリチリ不快な所はありますが、それ以外の部分は総じて気に入りました。

最後に今回提供して頂いたMyVapors Myuz Astora KitはVapeSourcingで$19.90で販売中。

(掲載日 : 19/01/24)

現在この記事に投稿されたコメントがありません。

お名前 :

サイト内検索
3avape
最近の更新
人気記事
最近のコメント
カテゴリ
HOME
HOME
カテゴリ
カテゴリ
サブメニュー
サブ
人気記事
人気記事