VAPE JUNKIE
メール
サイトインフォ
VapeFly
VapeFly

NCR Nicotine Reinforcer RDA レビュー

NCR Nicotine Reinforcer RDA
日付は既に変わりましたがメリークリスマス!私のようなオッサンにもクリスマスプレゼントが届きました。以前に気になる新製品として取り上げていたNCR Nicotine Reinforcer RDAを今回はレビューします。提供はVapeSourcingさん、いつも有難うございます。何故これが気になっていたかと言うとコイルレスアトマイザーという特殊な仕様だからで、コイルの代わりに板状のヒーターを通電して加熱する仕組みになっています。コイルレスのアトマイザーと言えばRTAで種類は違いますがGuo Altusが大分前にちょっと話題になりましたね。NCR Nicotine Reinforcer RDAはGuo Altusと比べてかなりお手頃な価格なので後は味さえよければ一気にブレイクしそうな可能性を秘めているのですが...詳しくは下で。

Thank you VapeSourcing!!

NCR Nicotine Reinforcer RDA 仕様

サイズ 24×40(mm) ドリップチップ含む
種別 コイルレスRDA
付属品 予備Oリング、ネジ、六角レンチ、金属カバー×2、マニュアル他

NCR Nicotine Reinforcer RDA
かなり小さい箱に詰め込んであるだけあって付属品は簡素な構成。表面が英語で裏面が中国語になっているマニュアルの紙、Oリング、Wafer Heaterという名の過熱する板を固定する予備ネジとそのネジに使う六角レンチ、何の意味があるのか不明ですがWafer Heaterに被せる金属、アトマイザー下部に取り付けるModへの熱を遮断するパーツが付属。因みにドリップチップはキャップと一体となっているので手持ちのドリップチップと換装する事は出来ません。それとアトマイザーの下部に取り付けるパーツは必須では無いので気になる方は取り付ければ良い程度の物ですね。

NCR Nicotine Reinforcer RDA
さて、洗浄前に分解した写真ですが凄くシンプル。因みにWafer Heaterも外す事は出来ますがVapeSourcingの担当者の方のお話によると結構脆いらしいので外すのは止めておきました。写真撮影の時に1個壊したという話でしたが大事に使えば60万回使用出来るそうです。仮に1日200パフしたとすれば3000日分ですね。実際にそれだけもつかは別として壊さない限り寿命は気にする必要は無さそう。中央のパーツはWafer Heaterに取り付けたコットンを固定する為の物で、コットンを装着後に被せて使います。そして一番右はドリップチップと一体型のキャップで3つセットのエアホールが4箇所空いていますがエアフローコントロール機能は無いのでドローの調整は出来ません。

NCR Nicotine Reinforcer RDA
注目のコイルレスの仕組みをもっと見ていきます。写真にあるようにWafer Heaterという板状のパーツを加熱して巻いてあるコットンが吸ったリキッドを蒸気化する仕組み。まあコイルレスとは言っても、超音波式とかでは無く単にコイルが板になっているだけとも言えます。但し上でも書いたように寿命はかなり長いので壊さない限りは交換の必要もなくワイヤーで自身でビルドする手間も無ければ市販のコイルを購入する必要も無いのでランニングコストはかなり低くなるのは想像出来ます。コットンは定期的に取り換える必要はありますが、汚れたWafer Heaterはドライバーンで汚れを飛ばすだけで良いみたい。コスト以外では運用が楽というのもメリットでしょう。

NCR Nicotine Reinforcer RDA ビルド

NCR Nicotine Reinforcer RDA
ビルドは簡単ですがとりあえずちゃんと加熱するのかドライバーンで確認。写真の一番左にあるようにしっかり加熱されていますがちょっと立ち上がりが遅いですね。コットンは巻くというより折り曲げて上から被せる感じで良いようです。乾いた状態のコットンだとしっくり被らないのでリキッドで濡らしながら設置しました。そしてそのコットンを固定する為のカバーを装着。たったこれだけなので凄く楽ですが最初はコットンのサイズがどの程度が良いのか分からなかったので後から切り直して再調整を行いました。それと先っぽに金属のカバーを取り付けるのをすっかり忘れたまま吸いましたが後から取り付け直して吸っても味は基本変わりません。恐らく最も温度が高くなる部分の汚れを防止する為のカバーなので味は変わらなくても付けておいた方が良いでしょうね。慣れれば一発でビルド出来る筈です。

NCR Nicotine Reinforcer RDA 感想

NCR Nicotine Reinforcer RDA
抵抗値は0.45Ωと大体公称通りの数値。但し高出力で使っていると0.36Ωまで落ちましたが放置後も抵抗値は変わらず。最初小型のModで30W辺りからと考えていたのですが全然駄目。そこでModをデュアルバッテリータイプに変更してもっと高出力で探っていく事に。60W...まだ足りてない、70W...何となく味は出てきた印象、100W...70Wと殆ど変わらず、120W...ここまてやっても微妙。残念ながら味は薄いですね。これ以上は危険度も上がるので終了。ちょっと期待通りには行かないなぁ。上で書いたように3つのエアホールが4セット分で合計12個空いているのですが、ドロースカスカなのが良くないかな。蒸気量は70W以降になってくるとかなりの量ですが味の方は駄目ですね。

コイルをビルドする為のワイヤー代も市販のコイル代も掛からずメンテナンスも楽に運用出来るRDAとして期待は大きかったのですが、肝心の味がこれでは常用しようという気にはなりませんでした。他に何かやれる事としたらコットンを代えてみるとかぐらいしか無いのですが、ちょっと何か工夫した程度では大きな変化は期待出来そうにないです。良い所としては蒸気は高出力で使ってもあまり熱々にならず吸い易かったのとやっぱりビルドが簡単で運用が楽と言う面。ネタとしては面白かったのですが残念。

最後に今回提供して頂いたNCR Nicotine Reinforcer RDAはVapeSourcingで$29.99で販売中。自分なら味出せそうと自身のある方、是非チャレンジしてみて下さい!

(掲載日 : 17/12/26)

にほんブログ村

にほんブログ村 ←ランキングに1票を!

現在この記事に投稿されたコメントがありません。

お名前 :

サイト内検索
3avape
最近の更新
人気記事
最近のコメント
カテゴリ
HOME
HOME
カテゴリ
カテゴリ
サブメニュー
サブ
人気記事
人気記事