VAPE JUNKIE
メール
サイトインフォ

OBS Bat kit レビュー

OBS Bat kit
本日もHeaven Giftsさんの提供でOBS Bat kitをレビューしていきます。突然ですが小平奈緒選手、おめでとう!OBSが韓国メーカーなので今日も強引に話題を振ってみました。今回レビューするOBS Bat kitはクリアロマイザーとデュアルバッテリーで最大218W出力が可能なModがセットになった製品です。製品名にBatとあるようにModの上部と下部に何となくコウモリを思わせる形のライトが付いていて、7色の中から好きな色で光らせたり点滅させたりといった機能があります。アトマイザーは5mlの大容量タンクで2種のコイルが標準で付属しています。詳しくは下で。

Thank you Heaven Gifts!!

OBS Bat kit 仕様

■アトマイザー

サイズ 25×55(mm)、ドリップチップ含む
タンク容量 5ml
コイル M2(0.4Ω)/M6(0.2Ω)

■MOD

サイズ 実測32×46×90(mm)
重量 実測180g
出力 7-218W
出力モード VW/TC(Ni/Ti/SS)
バッテリー 18650×2
対応抵抗値 0.1Ω-2Ω(VWモード/TCモード)

OBS Bat kit
まず付属品から見ていきます。コイルは標準でプリインストールしてある0.2ΩのM6と箱に同梱してある0.4ΩのM2の計2個。予備のOリング、ガラスタンク、510アダプター、灰色の箱に収められている充電用のUSBケーブル、英語のみ記載のあるマニュアル、QRコード記載のカードが付属。Modは素で180gと数値上も重めですが実際に持ってみるとかなり重量感があります。温度管理機能のTCモードはありますが、TCRのメモリー機能はありません。ただNi/Ti/SSにそれぞれTCR値を設定出来るので問題は無さそう。それと使う機会は殆どありませんが、対応するコイルの最大抵抗値が2Ωまでというのは珍しいですね。

OBS Bat kit
ではアトマイザーを見ていきます。公式ページの情報に依ると名称はDAMO TANKだそうです。上述通りタンク容量が5mlとタップリなのが1つ特徴ですが標準付属のドリップチップが特殊なサイズで510でもなければ810でもなく独自サイズになっています。ただ付属のアダプターを装着する事で510サイズのドリップチップを使用する事が出来るようになります。ベース部のエアフローコントロールは無段階で調整可能。適合するコイルはもっと沢山ありそうでしたが、私が調べた所では付属のM2とM6の2種のみ。

OBS Bat kit
さて、DAMO TANKのもう一つの特徴がリキッドチャージ。上部のキャップを外したりスライドする構造は良く見ますが、DAMO TANKは上部を上にスライドしてそこから見える穴からリキッドを注入する仕組み。他のOBSのアトマイザーも同じ構造だったので、前からOBSアトマイザーを使用されている方にとっては珍しくないのかも。決してガッチリ固定される訳ではないので持ち運びには若干不安がありますが、この部分が簡単にズレて漏れる事はそんなに無いと思います。

OBS Bat kit
次にModの方を見ていきます。まず素で180gと重い上にデュアルバッテリータイプで重量感タップリ。バッテリーの着脱はディスプレイ側を前面とした場合、背面のマグネット式カバーを外してから行えます。カバーは部分的にメッシュ状になっていて万が一ガスが漏れ出してきた場合にしっかり逃がす構造。ボタンはファイアボタンの他、+と-ボタンのオーソドックスな3つ。私的にはファイアボタンがやや硬めなのが気になりますが、安全上の理由である程度硬めにしてるのでしょう。

OBS Bat kit
Bat Modの操作ですがこれがちょっと他と違って特殊。まず+若しくは-ボタンとファイアボタン同時押しで[STRENGTH]の設定。ソフト、ノーマル、ハードの3種類ありますが+ボタン、-ボタン、ファイアボタンのどれかで移動してファイアボタン長押しで決定。[STRENGTH]は恐らく通電時のパワーに関係する機能のようです。ファイアボタン3クリックで設定を出し同様に+ボタン、-ボタン、ファイアボタンのどれかで移動してファイアボタン長押しで決定。単純にファイアボタンを押すだけだとメニューの移動で長押しで決定と言うのが独特ですが、この操作性には疑問があります。

出力モードの変更は[MODE]の画面から行えますが、ファイアボタンを長押ししたままにしておくと勝手にメニューを抜けるのでタイミングよく離す必要が合ったり、当初はかなり操作が難儀でした。細かい部分は割愛しますが、上述通り[LIGHT]でライトの色の指定や光らせるタイミングの設定が出来る他、電源のオフもファイアボタン3クリックでメニューを出してから、5クリックで操作ロック/アンロックとなっています。

OBS Bat kit 感想

OBS Bat kit
ではOBS Bat kitの感想に行きます。DAMO TANKの味は付属のどっちのコイルも悪くないですが、絶賛する程の物では無いです。蒸気タップリで大体想像通りの爆煙仕様。ドローはちょっと絞った程度ではかなり軽いので、かなり絞って使ってたのですが絞り過ぎるとイガるのでスカスカ気味で使うか出力弱めで使う必要があって、残念な部分も見受けられました。Modの方は上でも書いたように操作が独特で、メニュー操作でファイアボタンが移動になるのはもどかしいです。+-ボタンが移動なのだからファイアボタン短押しで決定で良いのにと思うのですが、何か納得いかない仕様。重いのも私好みじゃ無いし、アトマイザーもModも全体的に不満の残る製品というのが率直な感想になります。ただ私には魅力が良く分からないけどライトが光るギミックとかが好みであれば、そういう方にはお勧めかもしれません。

最後に今回提供して頂いたOBS Bat kitはHeaven Giftsでログイン状態で$94.05で予約受付中。クーポンコード : AHG15で15%オフになりますが、今月24日までクーポンコード : AHG30適用で30%オフの割引セールを行っています。

(掲載日 : 18/02/20)

にほんブログ村

にほんブログ村 ←ランキングに1票を!

現在この記事に投稿されたコメントがありません。

お名前 :

サイト内検索
3avape
最近の更新
人気記事
最近のコメント
カテゴリ
HOME
HOME
カテゴリ
カテゴリ
サブメニュー
サブ
人気記事
人気記事