VAPE JUNKIE
メール
サイトインフォ
VapeFly
VapeFly

使い捨て電子タバコ PUFFTHY

PUFFTHY
株式会社サンティアさんからPUFFTHYのレビュー依頼を頂いたのが7月末、実際に製品が送られてきたのが8月中旬だったかな。公式サイトの方がずっと準備中だったのでレビューを先延ばしにしてきましたが、PUFFTHY公式サイトも既に公開されているので急遽レビューページを作成する事になりました。ただ今回は頂いた4種の製品の内、私とCthulhu Azathoth RDAのレビューを書いて頂いたなつさんで2本ずつに分けてそれぞれ感想を書いていきます。私の偏った感想で埋め尽くされるいつものレビュー記事よりもずっと公正な記事なっている筈です。

サンティア様、有難うございます!!

PUFFTHY 仕様

種別 使い捨て電子タバコ
サイズ 実測9.5×11.8(mm)
重量 実測15.6g
バッテリー容量 不明、寿命は500パフが目安

PUFFTHY
感想に行く前に混乱の元になりそうな部分を整理しておきます。PUFFTHYには2タイプあって一つは今回頂いた使い捨て、公式では使い切りと書いてあるタイプ、もう一つは加熱式タバコを挿入して使用するタイプ。この加熱式タバコに関しては商標の問題もあって具体的には書かれていませんが、恐らくはフィリップモリスのiQOSを指しています。どちらも同じPUFFTHYの商品名を付けるのはどうなんだろと思うのですが、せめて使い捨ての方にはPUFFTHYライトとかPUFFTHYスティックとか全く異なる商品である事が分かるように命名して欲しかったです。

それと製品とは別に基本情報の書類も頂いているので記載しておきます。PUFFTHYの成分にはビタミンAが1200μg、ビタミンB6/B2が3mg、ビタミンCが80mg他、ビタミンDやビタミンE、コエンザイム、コラーゲンが含まれているとの事。製造や原料は中国ですが安全な現地工場を厳選して何度も調合を繰り返しフレーバーを開発したという話です。

また、PUFFTHYは箱のデザイン、本体のデザイン、味の濃さの3点に力を入れて開発されたそうです。ターゲット層は禁煙中の口寂しい方、電子タバコに興味があっても中々踏み出せない方、現行の使い切り電子タバコの味の薄さに不満な方、美容や健康を気にしている方、他にタバコの臭いや副流煙が気になる方。販売は既に公開中のオンラインショップ以外だとコンビニやタバコ屋、パチンコ店、この先ドラッグストアや量販店で販売予定となっています。

前置きが長くなりましたが、まずは下でなつさんのレビューから行きます。

PUFFTHY なつさんの感想

rose
最近コンビニでも目にする使い切りの電子タバコ。従来のリアルタバコに加えて加熱式タバコも種類が充実してきた事で、使い切り電子タバコの注目度も増してきたという事でしょうか。今回はそんな使い切り電子タバコの「PUFFTHY(パフシー)」です。公式サイトのキャッチコピーは「いつでもどこでもだれにでも"ビタミンを吸う時代"」との事で、フレーバーにビタミンが含まれている事が特徴のようです。

rose
まずは「VIVID ROSE(ヴィヴィッドローズ)」を吸ってみます。樹脂製のキャップをはずして吸ってみると先端のダイヤカットされた部分が赤く光ります。何度か強く吸わないと味が出て来ないとのことで試してみましたが、ほのかに薔薇の香りがする以外は味がしない・・・。数十年喫煙してきた上に高出力のVapeを吸っている私には軽すぎるのかも知れません。ただ禁煙する際ニコチンやたばこの味が欲しくなる以外に手持ち無沙汰になり、吸う行為でその気が紛れることがあります。その意味では禁煙の一助になるかも知れません。

MENTHOL
次は「VIOLENCE MENTHOL (ヴァイオレンスメンソール)」。キャッチフレーズは「吸った瞬間暴れる爽快感!!まさにヴァイオレンス!!」。確かにこちらはメンソールの味でヴィヴィッドローズより"吸った感"があります。煙はPG多めのリキッドを10Wくらいで軽く吸ったときの量でしょうか。先端のダイヤ光は水色です。

MENTHOL
これならリアルタバコや加熱式タバコから移行できる人もいるのではないかと思いました。直径1cmで長さが12cmほど。7gと軽くキャップも付いているのでカバンやポケットの中に放り込んでいても気にならない。造りもこの手のものにしてはしっかりした印象で、吸い口がボロボロになるようなこともなさそうです。ただし先端の発光機能は長い目で見たらいらないかな・・・。

PUFFTHY Takeyamaの感想

PUFFTHY
さて、今度は私が感想を書いていきます。箱から取り出して思ったのは大きさにしても重量にしても鉛筆とほぼ変わらないので携帯性は抜群。最初にCIGARETTE ENERGY(シガレットエナジー)を吸いましたが、意外にもと言っては失礼ですがかなり再現度の高いタバコ味。ただ私も20年以上の元喫煙者とは言え、電子タバコでのタバコ味というのはあまり美味しいと感じないんですよね。はっきり言えば不味いですが、不味いのが本来のタバコ味とも言えます。否定的な表現になりますが灰皿汁という表現がぴったり。でも禁煙してる時って、ふとこの味が恋しくなる事があるのでそんな時には良さそう。それと吸い応えは皆無ですがニコチンが入っていないから当然でしょうね。

PUFFTHY
次にTwilight coffee(トワイライトコーヒー)行きます。これもしっかりコーヒーになってます。コーヒーの苦い部分とカフェオレのようなミルクっぽい部分もあり、甘い香りだけど後味に甘さは残らずすっきり。好みで言うと私は好きな味。ただどうしてもこのサイズで使い捨てのタイプは最近の蒸気がモックモクの電子タバコには味で到底敵いません。小さい、軽い、漏れないという部分はむしろ最新の電子タバコと比較しても優位な部分ではありますが、これをずっとメインで使い続ける人はかなり稀なんじゃないかと想像します。電子タバコの最初の一歩としては悪くないとは思いますが、私の感覚だとどうしてもニコチンが欲しくなりますねぇ。

ドローは共通してかなり重め、というより強く吸い込まないと味がしません。蒸気量は控えめですが視覚的にリアルタバコと変わらない程度には出るので満足感はあります。これでニコチンのガッと喉に来る感覚があれば私は絶賛したかも。まあニコチンが入っていれば国内販売出来ませんが。

PUFFTHY 感想まとめ

私となつさん、共通の感想としてはライトは要らなくないかという所です。何より吸っている本人には暗い場所か鏡の前じゃ無いと位置的に見えないんですよね。ファイアボタンが無くて吸い込めば自動で電源が入るタイプなので、ちゃんと電源が入っている事を吸っている本人が認識出来る位置にランプがあれば先っぽのライトは不要だと思いました。

味の濃さは種類によって差異はあるでしょうが、このサイズの割には頑張っている印象。VIVID ROSEに限ってはかなり味が薄かったようですが、私が吸った2種に限れば味の濃さに力を入れたという話も納得。Twilight coffeeはフレーバーだけ別途販売して欲しいと思うぐらい美味しいです。なつさんレビューのVIOLENCE MENTHOLもかなり好印象なようですね。CIGARETTE ENERGYに関してはニコチンの入っていないタバコ味を吸った所で美味しいと思い込むのは無理じゃなかろうかと。

それとビタミンやコラーゲン配合の件に関しても中立な立場で書いておきます。そもそもこのような形で摂取出来るのかと問われたら私は殆ど出来ないと思っています。ビタミンが熱に弱いのはよく知られていますし、電子タバコの場合は加熱の過程で殆どのビタミンが壊れるのではないか、また仮に肺から吸収されたとしても効果のほどは謎です。そうは言っても効果は0では無いんじゃないか、若干でも効果があるなら期待したいという気持ちもあります。最近だとBI-SOが電子タバコ用にビタミン入りリキッドを販売していますし、ヤニの混じった普通のタバコを吸うよりはずっと健康的な筈ですしね。

最後に今回提供して頂いたPUFFTHYは公式オンラインショップで4本セットが税込み6,480円で販売されています。

(掲載日 : 17/08/29)

にほんブログ村

にほんブログ村 ←ランキングに1票を!

現在この記事に投稿されたコメントがありません。

お名前 :

サイト内検索
3avape
Wismec
最近の更新
人気記事
最近のコメント
カテゴリ
HOME
HOME
カテゴリ
カテゴリ
サブメニュー
サブ
人気記事
人気記事