VAPE JUNKIE
メール
サイトインフォ

Suorin Air レビュー

Suorin Air
本日もBuyBestさんからの提供でSuorin Airをレビューします。確か1年以上前に発売された製品ですが最近になってV2として何らかの改良が施され販売されているようです。初期のモデルは使った事が無いので比較は出来ませんが、今回のSuorin AirやSuorin Dropなどからして小型製品に力を入れているメーカーのようですね。特徴として厚さは8mmありますがカードサイズの大きさと約35gの重量で胸ポケットに入れて持ち運ぶのにピッタリな製品となっています。この手の製品に味は期待しませんが携帯性重視の製品にも需要はある筈です。詳しくは下で。

Thank you BuyBest!!

Suorin Air 仕様

サイズ 8×43×86(mm)
重量 実測34.4g
バッテリー 400mAh内蔵
タンク容量 2ml
コイル 専用カートリッジ
付属品 カートリッジ、USBケーブル、マニュアル

Suorin Air
いつも通り付属品から見ていきます。まず専用のカートリッジは1つのみ、充電用のUSBケーブル、一応日本語の記載もあるマニュアル、他は注意書きの紙など。注意書きにはリキッドを入れて5分から8分放置する事、リキッド注入5回分がカートリッジ交換の目安、使用するリキッドはVG:PG比率が7:3がベストといった内容になっています。5分から8分の放置時間やVG:PG比率はカートリッジ内のコイルを焦がさないようにする為ですが、2mlタンクでリキッド5回分がカートリッジの交換目安だと10mlなので、あまり寿命は長くないですね。

Suorin Air
カートリッジから見ていきます。底面のバッテリーとの装着部の所に赤い栓があってこれを取り外してリキッドチャージする構造。穴のサイズはそこそこあるので余程大きくない限りはスポイトでも注入出来そうです。吸い口の部分は上部の角に設けられていて、吸い込みを感知して自動でスイッチが入る仕組みになっています。タンク容量は2mlですが抵抗値が高めのコイルが入っているようなので、満タンにしておけば1日は十分にもつんじゃないでしょうか。

Suorin Air
次にバッテリーを見ていきます。側面下部に電源のオン/オフのスイッチが設けられていますが、私的にはあまり必要性を感じません。いざ吸おうと思った時に毎度オフからオンにスイッチを入れるのが面倒ですからね。ただ持ち運びの際、より安全を重視する場合はオフにしておいた方が良いでしょう。バッテリーの下部には充電の際に使用するUSB接続端子とすぐ隣にランプが配置してあります。マニュアルによるとバッテリー残量が50%以上だと青で点灯、それ以下になると赤での点灯に変わるようです。

Suorin Air 感想

Suorin Air
サラッと進めてきましたが他に書く事も無いのでSuorin Airの感想に行きます。味は冒頭の方で期待していないと書きましたが想像通り。どれも似たようなものですが風味を何となく感じるぐらい。ドローはそこそこ重めですが、吸ってて疲れるというほどでもないので慣れでしょう。Suorin Dropの方は吸い込む事で自動で入るスイッチの感度が良くなかったのですがSuorin Airの方は全くストレスなく反応します。個体差とかあるのかもしれませんが、この部分は好印象でした。最大の魅力はやはり薄型の形状でしょうかね。非常にスタイリッシュで胸ポケットから取り出してスマートに使用出来る所が魅力だと思います。凄く絶賛するほどではないけど総じて良い製品だと感じました。

最後に今回BuyBestさんから提供して頂いたSuorin Airは$20.50で販売中。海外ショップの利用は多少なりトラブルも付きものなので自己責任で。

(掲載日 : 18/09/24)

にほんブログ村

にほんブログ村 ←ランキングに1票を!

現在この記事に投稿されたコメントがありません。

お名前 :

サイト内検索
3avape
最近の更新
人気記事
最近のコメント
カテゴリ
HOME
HOME
カテゴリ
カテゴリ
サブメニュー
サブ
人気記事
人気記事