VAPE JUNKIE
メール
サイトインフォ
VapeFly
VapeFly

Suorin Drop レビュー

Suorin Drop
本日もVapeSourcingさんの提供でSuorin Dropをレビューします。確か大分前にカード型のSuorin Airのレビューを国内で幾つか見た記憶があるのですがDropは雫型とでも言えば良いのでしょうか、そんな形のAIOタイプの製品になります。このタイプの製品にはいつも書いていますが、味は期待しちゃ駄目です。むしろ味が出たらラッキーぐらいの感覚で、基本的には携帯性重視でニコチンフィーダー的な使い方が主目的になります。ただ手に取ってみるとサイズは胸ポケットにスッポリ収まる大きさですが重量はサイズの割にちょっと重めなのが気になる所。詳しくは下で。

Thank you VapeSourcing!!

Suorin Drop 仕様

サイズ 12×49×73(mm)
重量 実測60g
バッテリー 310mAh内蔵
タンク容量 2ml
コイル 専用カートリッジ式
付属品 USBケーブル、マニュアル類

Suorin Drop
付属品から見ていきます。充電用のUSBケーブル、後はマニュアル含めた紙のみ。マニュアルは日本語の記載もあるので一度目を通しておいた方が良いでしょう。コイルはカートリッジに内蔵されていますが、このカートリッジは標準で装着してある物1個のみで交換用は一切付属していません。初心者の方に限らず誤ってコイルを初っ端から駄目にしちゃう事だってあるので、せめて2個は付けてほしかったな。最初から厳しい事を書きますが、箱は立派なのに中身はガッカリな内容でした。

Suorin Drop
そんなに書く事もありませんが、Suorin Dropを見ていきます。分解はバッテリーとカートリッジのみ。バッテリー部のSuorinのマークがいかにもボタンぽいですが、単なる装飾でランプですらありません。吸い込んだら感知して自動で電源が入る仕組みでボタンは一切ありません。バッテリーの底面にはUSB端子が設けてあり、そこにケーブルを繋いで充電を行えます。内蔵バッテリーの容量は310mAhとなっておりサイズや重量、カートリッジ式の似たような製品のSMOK Rolo Badgeよりもスペック的には上。ただどちらにも言える事ですが、もうちょっと軽く作れなかったのかと不満に思います。

Suorin Drop
さて、バッテリー側の電源ランプはかなり特異な場所に配置されています。カートリッジを装着する端の矢印を付けている所がランプになっており、充電中や使用中はここが光るのですがカートリッジを装着した状態だと視認性はあまり良くありません。半透明のカートリッジ越しに光るのでちょっとお洒落かなとは思いますが。またバッテリー残量は100-30%が青で、それ以下になると赤でランプが光るのですが大雑把すぎません?他、リキッドの注入は写真右の矢印を付けている栓を外してから注入する仕組みですが、初期状態ではシールが貼ってあるので、使用する際にはそのシールを剥がしてからになります。

Suorin Drop 感想

Suorin Drop
サクサクっと記事を書いてきましたがSuorin Dropの感想に行きます。冒頭で書いた通り味は出ませんよ。ここは想定通り。ドローがかなり重めなのも想定通り。ただ最近の製品では珍しく感度が良くないのか吸い込んだ際に自動で入る電源が安定しなかったのは想定外。オートパワーとかオートスイッチと呼ばれる最近の製品で、この部分に不満を感じる事は殆ど無くなったのですが総合的に色々と不満の残る製品でした。正直、これじゃなくて良くないか?少し前にレビューしたTEROSとか、Vapelog EasyVAPE Rainbowとかの方が明らかに良いと思ったのですが、この形状とデザインが好みの方には悪くないのかも。私には残念ながら不満が多く残る製品でした。

最後に今回提供して頂いたSuorin DropはVapeSourcingで$19.90で販売されています。海外ショップの利用は多少なりトラブルも付きものなので自己責任で。

(掲載日 : 18/06/01)

にほんブログ村

にほんブログ村 ←ランキングに1票を!

現在この記事に投稿されたコメントがありません。

お名前 :

サイト内検索
3avape
Wismec
最近の更新
人気記事
最近のコメント
カテゴリ
HOME
HOME
カテゴリ
カテゴリ
サブメニュー
サブ
人気記事
人気記事