VAPE JUNKIE
メール
サイトインフォ

Think Vape Asteroid Kitレビュー

Think Vape Asteroid Kit
本日は3avapeさんの提供でThink Vape Asteroid Kitをレビューします。ここ2、3週間はリキッドレビューばかりでしたが久しぶりに電子タバコ機器のレビューになります。Think Vapeについてですが、初めて聞くメーカーで使うのも当然初めて。最近出来たメーカーなのかとざっと公式ページを調べてみると2015年に設立との記載がありました。Asteroid Kitについては見ての通りニコチンソルト用として需要が増えているらしいポッド型の電子タバコ。写真では伝え難いのですがポッド型の中でも非常に小さく、それでいて軽いです。詳しくは下で。

Thank you 3avape!!

Think Vape Asteroid Kit仕様

サイズ 13.5×20×85(mm)
重量 実測23.6g
バッテリー 420mAh内蔵
タンク容量 1.5ml
コイル 専用ポッド
付属品 カートリッジ、USBケーブル、マニュアル

Think Vape Asteroid Kit
いつも通り付属品から見ていきますが写真で分かる通り殆どありません。専用のポッドは1個のみ付属で写真右にあるシリコンのカバーが装着されていました。後は充電用のUSBケーブル、仕様などが記載されているマニュアルが付属。マニュアルの記載は英語のみ。仕様についてざっと触れておくと重量は公称では24gとなっていましたが実測23.6gとかなり軽量。その分だけ内蔵のバッテリー容量は420mAhと少なめ。

Think Vape Asteroid Kit
ポッドから見ていきます。容量は1.5mlと少なめですが内蔵さえているコイルの抵抗値は1.6Ωで、そんなに直ぐにリキッドが無くなる事は無い筈。正面の2つ空いている穴はエアホールでエアフローコントロール機能はありません。前と後ろで形状が異なるのでバッテリーへの装着は向きを合わせる必要があります。また底面は開閉出来るようになっており、2つの小さな穴のどちらかからノズルを挿してリキッドを注入。

Think Vape Asteroid Kit
バッテリーの方を見ていきます。内蔵容量は420mAh内蔵で底面のUSB接続端子から充電。このタイプには吸い込みを感知して自動で電源が入る物も多くありますが、Asteroid Kitはファイアボタンで操作するタイプ。そのファイアボタンは定番通り5クリックで電源のオン/オフ、後はオンの状態でファイアボタンを押して吸うのみの簡単操作。またファイアボタンの下部にはランプがあり緑で点灯だと3.7V以上、青で点灯だと3.7V以下から3.5V以上、赤で点灯だと3.5V以下となっています。ランプが赤になったら充電のサインだと思って良いでしょう。

Think Vape Asteroid Kit感想

Think Vape Asteroid Kit
サクサクッと進めてきましたがThink Vape Asteroid Kitの感想に行きます。味の面ですが、やはりこの手のタイプでは予想通り濃い味は出ません。Asteroid Kitは私の感覚ではポッド型の平均よりちょっと下に感じました。ドローは軽めですがスカスカ思うほどではなく一定の抵抗は感じます。蒸気量は吸い込む力や時間によりますが普通のタバコと同じぐらいかちょっと少ないぐらい。写真で見ると指紋が目立って汚く見えますが実物はそんなに質感は悪くないです。味を期待しなければ小さくて軽いを極めたような製品でニコチンフィーダーとしては悪くない印象を持ちました。後は交換用のポッドの入手性と価格次第で評価が分かれるかなと思います。

最後に今回提供して頂いたThink Vape Asteroid Kitは3avapeログイン状態で$9.30で販売中。

(掲載日 : 19/02/14)

現在この記事に投稿されたコメントがありません。

お名前 :

サイト内検索
3avape
最近の更新
人気記事
最近のコメント
カテゴリ
HOME
HOME
カテゴリ
カテゴリ
サブメニュー
サブ
人気記事
人気記事