VAPE JUNKIE
メール
サイトインフォ
VapeFly
VapeFly

VANDY VAPE Berserker MTL RDAレビュー

VANDY VAPE Berserker MTL RDA
本日もGearBestさんの提供でVANDY VAPE Berserker MTL RDAをレビューします。VANDY VAPEのアトマイザーはLit RDAに続き2つ目ですが、独特なアイディアを生かした製品が多い印象。BerserkerはRTAの方をよくレビュー記事で取り上げられているのを目にしていますがRDAの方はRTAと同じくMTL(Mouth To Lung)、一旦口に溜めて吸い込むタバコ吸いとかと呼ばれる吸い方用に特化しておりエアフローコントロール以外にもパーツの付け替えでエアフローを調整出来る構造になっています。しかもこのパーツは6種も付いていてVANDY VAPEらしいこだわりが垣間見えます。詳しくは下で。

Thank you GearBest!!

VANDY VAPE Berserker MTL RDA仕様

サイズ 18.1×42.2(mm) ドリップチップとスレッド含む
種別 シングルコイル用RDA
付属品 予備Oリング、ネジ、BFピン、エアフローチューブ、ドライバー、他多数

VANDY VAPE Berserker MTL RDA
いつも通り付属品から見ていきますが今回は細かい物が多数あります。まず予備Oリング、ネジ、ドライバー、BFピン、そのBFピンの付け替えで使用する六角レンチ、クラプトンコイル2個、ドリップチップのパーツ、エアフローチューブ、コイルジグ、リング、後はマニュアル。エアフローチューブは写真のベージュ色の6個のパーツの事ですが、これを付け替える事で空気がコイルに当たる位置の吹き出し口を変更する事が出来ます。それとリングは単にアトマイザー下部に装着して見た目を変える為だけの物で22mmと24mmが付属。チューブ型Modで使用する際に、サイズを合せる為に付属しているようですが、見た目を気にしなければ必要ない物です。

VANDY VAPE Berserker MTL RDA
Berserker MTL RDAを洗浄前にざっと分解した写真になります。因みにドリップチップは黄色いウルテムぽい部分はネジ式で更に外す事ができ、付属の黒いドリップチップパーツと付け替えが可能。素材は違うようですが形状は一緒なので味への影響より見た目の変更が目的の模様。ドリップチップ横のパーツはサイズ的に510-810変換アダプタぽいのですが役割はトップキャップで510サイズのドリップチップのみ装着出来ます。ミッドキャップはそれぞれサイズの異なるエアホールが6個、アトマイザーベースのエアホールと位置をずらしてエアフローコントロールを行う仕組みになっています。

VANDY VAPE Berserker MTL RDA
Berserker MTL RDAを更に見ていきます。デッキのコイルの装着部は昔からあるコイルの脚を置いて上からネジで固定する仕組み。約18mm径のアトマイザーですがジュースウェルはRDTAに近いぐらい深めなのでリキッドの保持量はそこそこに多いと思います。ベース部のエアホールですが上でも書いた通り、エアフローチューブなるパーツを装着してエアフローをコントロール出来ます。他、ベース部のエアホールは対になる形で2箇所空いていますがエアフローチューブを装着した場合は片方が塞がり、ミッドキャップは6個のエアホールが片側のみ空いている構造になっています。

VANDY VAPE Berserker MTL RDA
Berserker MTL RDAの最大の特徴であるエアフローチューブを見ていきます。似たような仕組みの物ではHcigar Maze V3がありますが、あちらは2種、Berserker MTL RDAは6種です。横から入った空気がコイルの下から吹き上げる仕組みが大体イメージ出来ると思います。写真では分かり難いのですがそれぞれサイズが異なる中央に穴が空いた物が4つ、3つの穴が空いた物と細長い穴が空いた物が1つずつ。コイルのすぐ下に装着する物なので素材は恐らくセラミックかな。このパーツの付け替えでもエアフローをコントロール出来ますが穴が大きい物ならドローが軽く、小さい物なら必然的にドローも重くなる筈です。

VANDY VAPE Berserker MTL RDAビルド

VANDY VAPE Berserker MTL RDA
Berserker MTL RDAでビルドしてみました。今回は付属のクラプトンコイルではなく手持ちのカンタルクラプトンワイヤーから内径2.5mmで6巻きにしたコイルを使用。因みに付属のコイルジグは2.5mmと3mmになっていますがクラプトンで3mmだと設置時にギリギリになってショートしそうなので2.5mmが良さそう。単線だと3mmでも簡単に設置出来そうです。抵抗値は最終的に0.9Ωになりました。通したコットンはウェルが深めなので気持ち長めにカットして下に収めています。エアフローチューブは中央に一番大きい穴の空いた物を使用。

VANDY VAPE Berserker MTL RDA感想

VANDY VAPE Berserker MTL RDA
VANDY VAPE Berserker MTL RDAの感想に行きます。ドリップチップは後から手持ちの物に付け替えましたが、ドローはエアフローコントロールで最大のエアホールを使っても十分に重めで私的にはこれがベスト。更に小さいエアホールに変えて吸ってみましたが、最小までいっても吸えなくはないぐらいの重さでした。味の方は想像通り良く出てます。ただちょっと味の出方が他のアトマイザーと違っていつも吸っているリキッドの印象が変わりましたね。単純に濃さで言うと愛用しているHcigar Maze V3と変わらないのですが同じリキッドを吸っても別のリキッドを吸っているような違う味の出方でした。

リキッドとの相性はあるでしょうが、ハマれば凄く美味しく吸える筈。ただジュースウェルが深くても約18mm径のアトマイザーだけあって思いの外にリキッドの保持量が多くないようでコットンが乾くのが想定してたより速いです。BFピンも付いているのでスコンカーで使えばリキッドチャージが面倒な点は解決出来るでしょう。

最後に今回提供して頂いたVANDY VAPE Berserker MTL RDAはGearBestで$27.99で販売中。海外ショップの利用は多少なりトラブルも付きものなので自己責任でお願いします。

(掲載日 : 18/06/07)

にほんブログ村

にほんブログ村 ←ランキングに1票を!

現在この記事に投稿されたコメントがありません。

お名前 :

サイト内検索
3avape
最近の更新
人気記事
最近のコメント
カテゴリ
HOME
HOME
カテゴリ
カテゴリ
サブメニュー
サブ
人気記事
人気記事