VAPE JUNKIE
メール
サイトインフォ

VANDY VAPE Simple EX KITレビュー

VANDY VAPE Simple EX KIT
今回はSourcemoreさんの提供でVANDY VAPE Simple EX KITをレビューします。Simple EXは見ての通りのスコンカーなのですが、Webショップで見るのと実際に手に取って見るのとでは全然違いました。まずかなり小さくバッテリー内蔵型。ディスプレイとボタンがあるので自身で出力を調整出来る、所謂テクスコだと思っていたら出力は5段階から選択する仕組み。公式ページを覗いてみるとニコチンソルトの使用に最適化されているような仕様になっている模様。最近はニコチンソルト用にポッド型の機器が流行っていますが、RDAとスコンカーでもっと美味しく便利にといった製品でしょうかね。詳しくは下で。

Thank you Sourcemore!!

VANDY VAPE Simple EX KIT仕様

■アトマイザー

サイズ 21×25.8(mm)、ドリップチップ含む
種別 シングルコイル用RDA

■Mod

サイズ 24×42×58.5(mm)
重量 実測74g
出力 3.3/3.6/3.9/4.2/4.5V
出力モード VV
バッテリー 800mAh
ボトル容量 4ml
対応抵抗値 0.8-3.0Ω

VANDY VAPE Simple EX KIT
いつも通り付属品から見ていきます。まず標準とは異なるキャップ、ドリップチップ2個、Ni80ワイヤーで作られている1.2Ωのクラプトンコイル2個、六角レンチ、マイナスドライバー、Oリング、ネジ、標準のポジティブピン、USBケーブル、後はマニュアルと保証書が付属。マニュアルは多言語で記載されていますが日本語に記載はありませんでした。付属の六角レンチは標準で装着してあるスコンクピンの取り付け取り外しで使用、マイナスドライバーはコイル装着時にネジと標準ピンで使用します。

VANDY VAPE Simple EX KIT
アトマイザーから見ていきますが、まずはキャップとドリップチップから。写真一番左の半透明の物が標準装着してあったキャップでアトマイザーベースから取り外すのに苦労しました。ドリップチップと一体となっているので別のドリップチップを取り付ける事は出来ません。エアホールは片側1個のみ空いています。その隣が付属の金属製のキャップで、こちらは510サイズのドリップチップを使用可能。その隣がそれぞれ形状の異なる付属のドリップチップでサイズは勿論510。

VANDY VAPE Simple EX KIT
アトマイザーベースを見ていきます。エアホールは左から右に徐々に小さくなっている物が6個空いていますが、キャップのエアホールをずらす事で穴を選択してエアフローコントロールする仕組み。ここから取り込まれた空気はコイルの真下から吹き上げてくる構造になっています。デッキ部はコイルの脚を溝に入れて上からネジで固定。写真では伝え難いのですがジュースウェルは深めなので21mm径でありながらもリキッドの保持量そこそこありそう。

VANDY VAPE Simple EX KIT
Modを見ていきます。ファイアボタンがある面を前面とした場合、前面にはそのファイアボタンの下にディスプレイ、更に下に出力選択ボタン、最下部にUSB接続端子が配置されています。後面はボトルが設置されて入りマグネット式のカバーを先に外す事でボトルの着脱が出来るようになっています。ボトルの容量はMod全体のサイズが小さい事もあって4mlしかありません。恐らくシリコン製だと思いますが過去に使った事のあるスコンカーの中ではやや硬めでした。

VANDY VAPE Simple EX KIT
Simple EX Modの操作ですが定番通りファイアボタン5クリックで電源のオン/オフ。ディスプレイ下部にあるボタンで出力を3.3/3.6/3.9/4.2/4.5Vから選択。ディスプレイ上部のメーターはお察しの通りバッテリーの残量表示になります。電子タバコのModはファイアボタンやプラスマイナスボタンの同時押しなどで特殊な操作をする物が多々ありますが、このModはシンプルの名の通りこれ以外の操作はありません。

VANDY VAPE Simple EX KITビルド

VANDY VAPE Simple EX KIT
ビルドに行きます。今回は付属の内径2.5mmのコイルを使用しましたがクラプトンだけあって硬さもそれなりにあるので設置しやすかったです。ドライバーン後の抵抗値は1.17Ωでほぼ公称通り。注意点としてコイル設置後の脚はギリギリで切らないと金属製キャップを装着した際にショートします。と言うか写真でも確認出来ますが少しだけ脚がはみ出ている状態で実際にショートしました。

VANDY VAPE Simple EX KIT
それと公式ページにどのようなセッティングで吸うのが良いのかの参考画像が掲載されています。例えばニコチンソルト10-20mg/ml濃度なら標準キャップで出力4.2V、エアホールは2mmといった具合になります。私は手持ちのニコチンソルトが30mg/mlしかないのですが、公式的には金属製キャップの方で出力3.9V、エアホール1.5mmか出力3.6Vでエアホール1mmがお勧めと言う事になります。

VANDY VAPE Simple EX KIT感想

VANDY VAPE Simple EX KIT
VANDY VAPE Simple EX KITの感想に行きます。使用したリキッドはHiLIQ Amber Leaf。流石にポッド型より断然味が濃い。ただ公式のお勧め設定ではかなりきつかったので出力を3.3Vに落として吸いました。ドリップチップは私的に細長い方が好み。ドローは小さい方から2番目か3番目ぐらいが好みの重さでしたが、1番大きいエアホールだと軽いし1番小さいエアホールは実用性が無いぐらい重くなります。Modは出力が5段階しかありませんが抵抗値高めのコイルなら十分実用性があります。ただ抵抗値0.8Ωまでしか対応していないのでコイルをかなり選ぶのと内蔵バッテリーが800mAhしかないので抵抗値高めのコイルありきで使用するのが正解でしょう。手軽にニコチンソルトリキッドを、それでいてポッド型では物足りない、味にもしっかりこだわりたいという方にお勧め。

最後に今回提供して頂いたVANDY VAPE Simple EX KITはSourcemoreで$59.99で販売中。

(掲載日 : 19/02/17)

現在この記事に投稿されたコメントがありません。

お名前 :

サイト内検索
3avape
最近の更新
人気記事
最近のコメント
カテゴリ
HOME
HOME
カテゴリ
カテゴリ
サブメニュー
サブ
人気記事
人気記事