VAPE JUNKIE
メール
サイトインフォ
VapeFly
VapeFly

Vapefly Holic MTL RDAレビュー

Vapefly Holic MTL RDA
本日はVapefly公式からの提供でVapefly Holic MTL RDAをレビューします。既にご存知の方も多いとは思いますが、今回レビューするVapefly Holic MTL RDAは製品名にもなっているようにYouTubeのホリック TVを運営されているこーへいさんとのコラボモデルとなっています。このアトマイザーはGalaxies MTL RDAがベースになっているとの話で、コイルに対して3方向から空気が当たる構造や外部だけでなく内部のエアフローを調整出来る部分に共通点があります。また、日本向けモデルとグローバルモデルとで若干差異があるようでややこしい事になっています。詳しくは下で。

Thank you Vapefly!!

Vapefly Holic MTL RDA仕様

サイズ 22.2×41.7(mm)、スレッドとドリップチップ含む
種別 シングルコイル用RDA
付属品 予備Oリング、ネジ、スコンクピン、六角レンチ、ドライバー、コイル他

Vapefly Holic MTL RDA
いつも通り付属品から見ていきます。まず大量の予備Oリング、ネジ、スコンカーで使用する為のスコンクピン、六角レンチ、T字ドライバー、コットン、コイル2個、ビューティーリング、カードが付属。カードにはこーへいさんからのメッセージが日本語と英語で表裏に記載されています。ビューティーリングはアトマイザーの底にはめる物でModとの段差を見た目状で無くす為の物ですが、基本的には装着する必要はありません。それと写真には2つのコットンが写っていますが木目調の箱に入っている方は恐らく予約特典のコットンだと思われます。

Vapefly Holic MTL RDA
Holic MTL RDAをバラした所を見ていきます。基本的にはアトマイザーベース、キャップ、ドリップチップの3つのパーツで構成されています。デッキ部分の構造は複雑ですがパーツ構成が簡素なのは良いですね。スコンカーで使用する際のポジティブピンの交換は標準ピンがマイナス、スコンクピンが六角になっています。ドリップチップはくびれのある形状でサイズは510。

Vapefly Holic MTL RDA
キャップを見ていきます。エアホールが6箇所、反対側に3箇所、計9箇所空いています。ベース側は対になる形でエアホールが2箇所空いているので、キャップをずらしてエアフローコントロールする仕組み。6箇所側の内、向って右半分のエアホールを使用すると反対側も同じサイズのエアホールが空いた状態になりますが、左半分を使用すると反対側が塞がった状態になります。

Vapefly Holic MTL RDA
デッキを見ていきます。コイルのセットは横から挿し込んで上からネジ止めする仕組み。写真では伝え難いのですがコイル設置場所の真下と斜め下2箇所のエアホールから空気が吹き上げてくる構造になっています。斜め下2箇所のエアホールはマイナスネジの部分を回す事でサイズを調整可能。完全に閉じる事も出来ます。この部分のネジはドライバーを使わなくても爪を押し付けて回せるぐらい緩めになっています。

Vapefly Holic MTL RDA
公式ページの画像を拝借して見ておきます。上で書いた通りネジを回してエアホールが調整出来る部分です。真下のエアホールもかなり小さめですがこの部分のエアホールも小さいので全開でもドローはかなり重そう。それとジュースウェルはかなり深めでリキッドの保持量はかなりある印象。RDAと言うよりRDTAに近い感覚で使えます。

Vapefly Holic MTL RDAビルド

Vapefly Holic MTL RDA
Holic MTL RDAをビルドしていきます。付属のコイルは単線、そして私は単線は好みではないので手持ちの細めのクラプトンワイヤーを使用しました。ドライバーン後の抵抗値は0.9Ω。コイルの設置はシングルなのもありますが一旦脚を溝に収めると、脚が逃げにくい構造になっているので非常に簡単に設置出来ました。上でも書いたようにウェルがかなり深めなのでコイルに通したコットンの脚は長めにカット。

Vapefly Holic MTL RDA感想

Vapefly Holic MTL RDA
Vapefly Holic MTL RDAの感想に行きます。まずドローに付いてですが一番大きいエアホールでも重そうだと思っていましたが、意外に軽め、とは言えそれなりの重さは感じます。私的に一番小さいエアホール2箇所で丁度良いぐらいでしたが、まだ軽いって人は内部のエアホールを狭めて調整出来るのでとことん好みのドローに出来ます。それと外部のエアホール1箇所だけという使い方はバランスが良くない気がするのであまり使う気がしませんね。肝心の味ですが十分に美味しいです。MTLアトマイザーで3本指に入るぐらいという評価もあるらしいですが、確かにそれぐらいの美味しさはあると思います。ただMTLという限定でなければ最高レベルというほどまではいかないと感じました。

気になった点としてキャップの装着がかなり硬いんですよね。デッキ上とキャップ内側に切り欠きがあって、それを合わせる必要があるのですがそれが合っていてもOリングの抵抗で現状は装着に苦労します。ただこの部分は個体差があるだろうし、使っていく内に馴染んでくるとは思います。それとドリップチップは付属の物以外に手持ちの物も試したのですが、装着部が浅いので完全に奥まで装着出来ませんでした。ドリップチップは選ぶようです。

(追記)Oリングの抵抗でキャップが装着し辛い件は当方が使用したサンプルとは異なり製品版では改善済みと担当者の方からご連絡頂きました。

最後に今回提供して頂いたのはグローバルモデルですが日本版はポストが24Kメッキになっているそうです。それ以外、構造で大きく異なる部分は無いと思いますが、海外ショップによっては日本向けに発送出来ない場合があるのでご注意ください。現在はVAPONAVIさんがその日本版の予約受付を行っています。

(掲載日 : 19/04/09)

にほんブログ村

にほんブログ村 ←ランキングに1票を!

現在この記事に投稿されたコメントがありません。

お名前 :

サイト内検索
3avape
最近の更新
人気記事
最近のコメント
カテゴリ
HOME
HOME
カテゴリ
カテゴリ
サブメニュー
サブ
人気記事
人気記事