VAPE JUNKIE
メール
サイトインフォ

Vaporesso Attitude Kit レビュー

Vaporesso Attitude Kit
最近一番と言っても良いぐらい私が気になっているメーカーがVaporesso、そして遂にVaporessoのセラミックコイルを使う日がやってきました。本日レビューするのはVaporessoのアトマイザーとMODがセットで販売されているAttitude Kitで、提供はEfun.topさん。先に書きますが私が撮った写真では伝えられないデザインのカッコよさが素敵。このメーカーはMODが特に目を引くデザインで、Vanguard Cavalry 80何かもそうでしたが独自性で他メーカーと違いを出す事に尽力している所が多々見受けられます。MODの方の動作は殆ど同じチップ搭載と思われるTarot Nanoで確認済なのでサクッと行きましょう。

Thank you Efun.top!!

Vaporesso Attitude Kit 仕様

■アトマイザー

サイズ 22×32(mm)、ドリップチップ除く
タンク容量 2ml/4ml
コイル 0.5Ωセラミック(SS316)/0.4Ωクラプトン他

■MOD

サイズ 25×48×111(mm)
重量 実測124g
出力 5-80W/100℃-315℃
出力モード VW/TC(Ni/Ti/SS)/CCW/CCT/Bypass
バッテリー 18650×1
対応抵抗値 0.05-5Ω

Vaporesso Attitude Kit
付属品から見て行きましょう。今回はアトマイザーとMODのセットなので色々とあるのですが、まずアトマイザーは標準で2ml容量のタンクが装着されていますが付属のタンクと付け替える事で容量を4mlに変える事が出来ます。長くなった分だけチムニーを延長する為のパーツも勿論付属。それとアトマイザーの上部に装着する樹脂製のカバーが2つもありますが、ガラスタンクの防護用でしょうかね。後は予備のOリングが付いています。MOD用の方ではお洒落なUSBケーブルが付いていますがバッテリーの充電はMODを通してより充電器を使った方が良いのではないでしょうか。

Vaporesso Attitude Kit
上で書いたようにタンクを2mlから4mlに変更出来るので、当然やった所を写真に撮ろうと思ったのですが、標準で装着してあるガラスタンクが外れない。隙間にマイナスドライバーを差し込んでこじ開けようとしたり色々と試したのですがこれ以上頑張ると割れると判断して諦めました。他、コイルは標準で装着してあるのがSS316が軸となっている0.5Ωのセラミックコイルで、別途0.4Ωのクラプトンコイルが付属。他にも0.6Ωのセラミックコイルや0.5Ωのクラプトンコイルが別売りされています。

Vaporesso Attitude Kit
洗浄前にバラした写真。上で書いた通りタンクが外れなかったので2mlのままで行きます。アトマイザーは最近では当たり前のトップフィルですが、特徴的な部分としてはコイルの装着がネジ式じゃないんですよね。ただ押し込んではめるだけになっています。ただコイルを交換する際にベースを外すとタンク側の金属パーツにハマったままになるので、一概に良い構造とは言えません。付属のドリップチップは内径広めで好みじゃ無いというか付属のドリップチップで好みの物は早々無いので今回も使いません。

Vaporesso Attitude Kit
MODの方も見ていきます。最初出力モードの切り替えをどこでやるのか分からくてファイアボタンや+-ボタンを押して色々といじってたのですが、側面にモードボタンが付いてました。ここを長押しで出力モードの切り替えが出来るのですが、3クリックでCCW/CCT機能に切り替えたり設定画面を表示させる事が出来ます。CCWは一般的に言う所のカーブモードで、0.5秒刻みで5秒間設定した出力を自動で変化させる事が出来る機能、CCTはそれと同じ温度管理機能バージョンです。ファイアボタンを押して0.5秒後30W、1秒後25W、1.5秒後20W...といった具合です。CCTも同じように設定出来ますが温度管理にこれって必要なのかは私には謎ですね。

Vaporesso Attitude Kit
他、気になった部分を書いておくとバッテリーの装着はマグネット式のカバーを外して横から装着する仕組みですが、流石にX-Taste NANO 90W Kitのように付けるのも外すのもガチガチに硬いという事はありませんでした。硬すぎず柔すぎずでよく出来ています。で、バッテリーを装着する所が盛り上がっている構造のMODですが、この盛り上がっている部分は当然大きいアトマイザーを装着しようとすると干渉します。大体どの程度の径のアトマイザーが装着出来るのか試してみようと23.5mmのCleito EXOを装着してみようとして見た所、途中でガリッとこする音、22mm以下まで対応のようです。

Vaporesso Attitude Kit 感想

Vaporesso Attitude Kit
楽しみにしていたセラミックコイル、早速吸ってみましょう!コイルは内部にも何滴かリキッドを垂らしてリキッド充填から1時間程放置する予定だったのですが、楽しみ過ぎて10分でファイアー!公式ページ記載の推奨出力が20-35Wだったのでまずは25Wで。うん?薄いので30Wに...うん??まだ全然味が足りないし軸はSSだしたまにはTCモードでも...グェホッ、イガリました。かなり久しぶりに体験したドライヒット。はい、セラミックコイルを早速駄目にしちゃいましたよ、なんてこった。どうも10分じゃ全然駄目みたいですね。せめて1時間は付けておくべきだった。仕方ないのでもう一つのクラプトンコイルに変更。今度は念を入れて装着から3時間。感想としては普通かな。味はそこそこに出てますが美味しい!と言える1歩手前、お世辞にもお勧めと言える程まで味は出ていません。

参ったなぁ、セラミックコイルの本当の味を確認出来なかった。これは不用心でしたね。しかしセラミックコイルってドライヒットしないと聞いてたのですが全然そんな事無かった。Vaporessoのセラミックコイルの味の検証は私がいつかVECO Plus Tankを買った時にでもやろうと思います。

因みにMODは本当私の写真では全然伝わりませんが外観はかなり質感が良くてカッコイイしバッテリーの着脱も楽だしカーブモードも使いこなせれば面白い機能、魅力的なMODだと思います。ただ最近は24mmや25mm径のアトマイザーも増えてきたし22mm以下に限定されるのが欠点でしょうかね。

最後に今回提供して頂いたVaporesso Attitude KitはEfun.topでログイン状態で$39.99で販売中。それと5%オフになるクーポンコード : jpxfがあるので御利用の際にはお忘れなく。

(掲載日 : 17/08/11)

にほんブログ村

にほんブログ村 ←ランキングに1票を!

No.1 名無し 投稿日 2017/08/13 00:40
こんばんは
Vaporessoのセラミックコイルでもドライヒットできますよ
最近はわかりませんが品質にムラもあったし

温度管理のカーブは熱がこもるコイルだとあんまりな印象
自分のドローで調整してある程度冷えてくれると 面白い
シュー → シュゴー みたいな感じで 味にも変化あるし
直肺なので参考にはならないと思いますが・・・
No.2 Takeyama 投稿日 2017/08/13 02:02
名無しさん、再度こんばんは。
本当油断してました。セラミックコイルを舐めてましたよ。多分コットンより長めに漬けておく必要があったんでしょうね。あそこまで強烈にドライヒットしたのは1年ぶりぐらいです。

カーブモードをかなり有効に使われているようですね。私はどうも設定のコツが分からなくて普通のVWモードで吸った方が良く感じちゃう。それとカーブモードのメモリーが1つのみなのでコイル変えて抵抗値変わると設定し直しが面倒なのもありますね。あと名無しさんも直肺ですか。ベテランの方は直肺多いけど私は意地でも口吸いですよ。
お名前 :

サイト内検索
3avape
最近の更新
人気記事
最近のコメント
カテゴリ
HOME
HOME
カテゴリ
カテゴリ
サブメニュー
サブ
人気記事
人気記事