VAPE JUNKIE
メール
サイトインフォ

Vaporesso Gen Kitレビュー

Vaporesso Gen Kit
本日はVaporesso公式からの提供でGen Kitをレビューします。過去にも色々と公式から提供して頂いていますが、Vaporessoの製品はどれもデザインがカッコイイんですよね。勿論デザインだけでなく他のメーカーと異なる機能を搭載していたりお世辞を言うつもりはありませんが私の好きなメーカーの一つでもあります。今回のGen Kitについてですが、ModのGenはデュアルバッテリーで最大220W出力、0.5秒刻みでのカーブモード機能などを備えています。アトマイザーのSKRR-Sは今では標準的となったメッシュワイヤーで作られたコイルに対応するクリアロマイザー。Vaporessoと言えばセラミックコイルというイメージがあるのですが、結局美味しければ構造自体は何でも良いです。詳しくは下で。

Thank you Vaporesso!!

Vaporesso Gen Kit仕様

■アトマイザー

サイズ 30×55.9(mm)、スレッド含む
タンク容量 8ml/5ml
コイル QFシリーズ

■Mod

サイズ 27×53×93.5(mm)
重量 実測109g
出力 5-220W
出力モード VW/VV/Bypass/TC(Ni/Ti/SS)/CCW(カーブモード)
バッテリー 18650×2
対応抵抗値 0.03-5Ω

Vaporesso Gen Kit
いつも通り付属品から見ていきます。まずコイルはアトマイザーに標準でプリインストールしてあるQF Meshedと同梱してあるQF Stripの計2個。標準装着の膨らみのあるタンクとは異なるストレート形状のタンク、予備Oリング、USBケーブル、マニュアル、保証書、注意書き紙が付属。マニュアルは部分的に日本語のページもありますが肝心の操作や機能の部分には日本語はありませんでした。

Vaporesso Gen Kit
アトマイザーのSKRR-Sを見ていきます。全部バラした写真を撮りたかったのですが、タンクと上部パーツがガッチリハマっていた為、無理に外すのは危険だと思い諦めました。左からアトマイザーベース、コイル、タンクと上部パーツ、トップキャップ、ドリップチップの構成になります。ベースのエアホールは等間隔で3箇所あり無段階で調整可能。ネジ式で固定されてあるトップキャップを外した状態から見える穴からリキッドを注入出来る構造で、ドリップチップは810サイズ。

Vaporesso Gen Kit
QFコイルを見ていきます。因みに付属のQF MeshedとQF Stripの内部見てみた所、Meshedはその名の通りメッシュワイヤーになっておりStripはMeshedよりも大きい網目状になっていました。抵抗値はMeshedが0.2Ω、Stripは0.15Ω。公式の説明画像を見るとコイルの下から取り込んだ空気が一旦上に当たって跳ね返ってから横側流れていく構造になっているようです。しかも公式ページの情報によると漏れ難い造りになっているとか。クリアロマイザーはどんなに美味しくても漏れが酷いと使う気にならないので、そこら辺にも配慮があるのは嬉しい所。

Vaporesso Gen Kit
ModのGenを見ていきます。ファイアボタンがある面を前面とした場合、その前面にはファイアボタンの下にディスプレイ、更に下に3ボタン、最下部にUSB接続端子が配置されています。3ボタンは上がプラス、中がモード、下がマイナスとなっています。VaporessoのModの特徴でもあるモードボタンがあるのが他のModと異なる所で操作も少し癖がありますが慣れれば何てことありません。右側面のバッテリーカバーは下部に溝があり、そこに爪を引っかけて外す事が出来ます。

Vaporesso Gen Kit
機能や操作関連を見ていきます。まず定番通りファイアボタン5クリックで電源のオン/オフ。ファイアボタン3クリックで下の3ボタンの操作がロックされます。モードボタン3クリックか長押しでメニューを表示。メニューではプラスマイナスボタンで移動、機能ボタンで決定。ここからDIY MODEに進みCCWでカーブモードの設定が可能。他にPULSE MODEというのが標準で有効になっているのですが、具体的に説明するのが難しいです。勿論オフにも出来るので比較してみましたが、同じ出力値でもPULSE MODEだと蒸気が熱くならずに吸えたので出力を自動でコントロールするモードだと思われます。

他にバッテリーを長持ちさせる機能のECOモードや、2.5A急速充電、Super Playerモードといった謎の機能もあるのですが、完全に機能を把握して使いこなすのは難しい印象。まあ分からない機能は使わなければ良いだけなんですけどね。それと温度管理機能、所謂TCモードでカーブモードが使用出来るCCTは廃止されているようです。

Vaporesso Gen Kit感想

Vaporesso Gen Kit
Vaporesso Gen Kitの感想に行きます。まずアトマイザーのSKRR-Sについて。Vaporessoのセラミックコイルはあまり私と相性が良くなかったのですが、メッシュのQFコイルは美味しいです。これはクリアロマイザーの中でもかなり上位に行くレベルの美味しさ。漏れに関しては短期間使用した程度では判断できませんが、2タンク目でも漏れはありませんでした。ドローはかなりエアフローコントロールを絞った状態でも軽め、蒸気量は爆煙の一歩手前ぐらいでかなり多いです。ModのGenについては機能が豊富で使いこなせていないものの、分からない機能は無視すれば特に困る事も無く使い心地は良いですね。特別軽い方ではありませんがデュアルバッテリーで重量100gちょっとなので重くは無いしデザインも実物だと思ったほど高級感はありませんがVaporessoらしくて好み。欠点としては日本語の詳細なマニュアルが無い事ですかね。せっかく機能があるのに使えないのはもどかしい。

最後に今回Vaporesso公式に提供して頂いたGen Kitは公式オンラインショップで$86.90で販売中。海外ショップの利用は多少なりトラブルも付きものなので自己責任で。

(掲載日 : 19/09/21)

現在この記事に投稿されたコメントがありません。

お名前 :

サイト内検索
3avape
最近の更新
人気記事
最近のコメント
カテゴリ
HOME
HOME
カテゴリ
カテゴリ
サブメニュー
サブ
人気記事
人気記事