VAPE JUNKIE
メール
サイトインフォ
Vaporesso

Vaporesso Target PM80 SEレビュー

Vaporesso Target PM80 SE
本日はVaporesso公式からの提供でVaporesso Target PM80 SEをレビューします。更新のモチベーション切れでレビュー依頼は断っているのですが、依頼よりも先に送られてきた2つの製品の内の1つになります。過去にSEの付かないTarget PM80をレビューしていますが、あちらはバッテリー内蔵型でこちらのSEは18650バッテリー交換型という違いの他、機能面でも若干簡素化されています。バッテリー内蔵型は比較的軽く別途バッテリーを用意する必要が無いので一見便利ではあるのですが、バッテリーがヘタったらそれが寿命。対してバッテリー交換型はバッテリーの買いなおしで比較的長く使えるというメリットがあります。アトマイザーは独自規格の物なので汎用性はあまりありませんが、装着するコイルはTarget PMシリーズで互換があります。詳しくは下で。

Thank you Vaporesso!!

Vaporesso Target PM80 SE仕様

サイズ 24.8×33.8×121.3(mm)
重量 実測109g
バッテリー 18650
出力 5-80W/0-4V
タンク容量 4ml
コイル GTXシリーズ
セット内容 コイル、予備タンク、USBケーブル、保証書、マニュアル

Vaporesso Target PM80 SE
まず付属品から見ていきます。コイルはアトマイザー内には装着されておらず、抵抗値0.2Ωと0.6Ωのメッシュコイルが同梱されています。更にバッテリーに装着済みのアトマイザータンクとは別に予備のタンクも付属しており親切。エアフローを調整する為のシリコンパーツ、装着しているバッテリーを充電出来るUSBケーブル、珍しく使用方法まで詳細に日本語で記載されている説明書、保証書、注意書きの紙も付属。

Vaporesso Target PM80 SE
アトマイザータンクを見ていきます。アトマイザーは本体のバッテリーとマグネット式で装着されているので着脱は引き抜きとはめ込みで行えます。ドリップチップは一体となっているので交換は出来ません。底面にはコイルを押し込んで装着出来る穴と、コイル装着済みの状態で栓を外してリキッドを注入出来る穴があります。タンク容量は標準で4mlですがヨーロッパの規制に対応した2mlタンクの物もあります。

Vaporesso Target PM80 SE
Vaporesso Target PM80 SEで使用出来るコイルですが、標準で付属する0.2Ω、0.6Ωのメッシュコイルの他、0.3Ω、0.8Ωのメッシュコイル、1.2Ωの単線コイル、更に自身でビルドする事が出来るRBAコイルが用意されています。これらのコイルは当然ながら他のTarget PMシリーズにも対応。コイルは何だかんだで費用がかさむだけに、コイル代を節約出来るRBAコイルが用意されているのは嬉しい限り。

Vaporesso Target PM80 SE
ここからはModを見ていきます。まずボタンは前面上にファイアボタン、ディスプレイの表示部を挟んで下部にプラスとマイナスボタンが配置されています。側面下部にはUSB接続ポートがあり、装着しているバッテリーを充電可能。また、この類の製品としては珍しくバッテリー交換型となっていますが、バッテリーのカバーの部分は一旦スライドさせてから開ける事が出来るようになっています。

Vaporesso Target PM80 SE
Modの機能や操作を見ていきます。まず定番通り電源のオン/オフはファイアボタン5クリック。電源オン時にファイアボタン3クリックでロック/アンロック、ファイアボタンとプラスボタン同時長押しで表示反転、ファイアボタンとマイナスボタン同時長押しでチップやシステムのバージョン表示、プラスとマイナスボタン同時長押しでメニュー表示となっています。メニューにはコイルの抵抗値に合わせて自動で最適な出力にするSMART VW、自身で出力をWで調整するVWモード、同様にVで調整するVVモード、出荷状態にリセットするデフォルト、メニューを終了するEXITがあります。

Vaporesso Target PM80 SE
エアフロー調整にるいても書いておきます。付属のシリコンパーツはModの上部にある3つの穴に装着出来るようになっています。この穴は単なるデザインではなく空気の取り込み口になっているので、ここを塞ぐとドローを重くする事が出来ます。左右にそれぞれ穴があるので、片方だけ全て塞いだり、両方塞いで片方だけ1つ開けておく、両方とも1つ開けておくといった方法でドローの調整が可能。因みに両方を完全にふさいだ状態にするとほぼ吸えない状態になります。

Vaporesso Target PM80 SE感想

Vaporesso Target PM80 SE
Vaporesso Target PM80 SEの感想に行きます。既製品のコイルを使った感想はTarget PM80で記載しているので、ここでは割愛します。今回は別売りのRBAコイルを装着して使用したのですが、もう一つTarget PMシリーズのレビューを控えているので、その記事にRBAコイルの事も併せて書く予定です。さてModの感想になりますが、冒頭の方でも書いたようにバッテリー交換型なのもあって長く使えそうで内蔵型より好みです。Mod単体の重量は約91gで軽い方ではありませんが特別重い方ではありません。私的にはもうちょっと軽ければベストでしたね。他、Modの機能は簡素ではありますが必要十分でアトマイザーは市販コイルが使える上にRBAも可能で魅力的な製品だと感じました。

最後に今回Vaporesso公式に提供して頂いたTarget PM80 SEは公式ショップで$39.9で販売されています。海外ショップの利用は多少なりトラブルも付きものなので自己責任で。

(掲載日 : 20/06/25)

現在この記事に投稿されたコメントがありません。

お名前 :

サイト内検索
3avape
最近の更新
人気記事
最近のコメント
カテゴリ
HOME
HOME
カテゴリ
カテゴリ
サブメニュー
サブ
人気記事
人気記事