VAPE JUNKIE
メール
サイトインフォ

Vaporesso XTRAレビュー

Vaporesso XTRA
本日はVaporesso公式からの提供でXTRAをレビューします。最近は精神的に疲れている事もあり依頼自体を断っているのですが、この製品は3週間以上前に到着した製品なので頑張って記事にしておきます。それはさておきXTRAは外観から大体想像できるようにポッド交換型の電子タバコで、サイズはZippoのライターと殆ど変わらないぐらい小型で、その割に900mAhバッテリーを内蔵しています。カラーバリエーションが現在6種類あり、私が頂いたGreyは表面がザラザラした質感とツルツルした質感のボディになっていて従来のVaporessoらしくお洒落なデザインとなっています。詳しくは下で。

Thank you Vaporesso!!

Vaporesso XTRA仕様

サイズ 16.7×38.2×73.9(mm)
重量 実測67g
バッテリー 900mAh内蔵
タンク容量 2ml
コイル ポッド内蔵0.8Ω/1.2Ω
セット内容 USBケーブル、保証書、マニュアル

Vaporesso XTRA
いつも通り付属品から見ていきます。まず付属のポッドは標準で本体に装着されているMESHED UNIPODと同梱されているUNIPODの計2個。MESHED UNIPODは内蔵されているコイルの抵抗値が0.8ΩでUNIPODは1.2Ωとなっています。他は充電用のUSBケーブル、保証書、マニュアルが付属。マニュアルは多言語の記載がありますが日本語の記載は注意事項のみとなっています。

Vaporesso XTRA
早速ポッドを見ていきます。使い捨てタイプの物で味が悪くなったり蒸気量が少なくなったら新しい物とまるごと交換するタイプ。衛生的にはこのタイプが良いのですが、コイルだけを交換するタイプと比べると若干高めなのとリキッドの交換が難しいというのが欠点。このポッドは口にくわえる部分に凹みがある形状で、赤い栓の部分を外してからリキッドを注入出来るようになっています。

Vaporesso XTRA
XTRAに対応するポッドはMESHED UNIPODとUNIPODの2つがありますが、内部は確認出来ないもののMESHEDの名前が付く方は内部がメッシュコイルになっており付かない方は標準的な単線のコイルになっている模様。初めてポッドを使用する際はリキッドを入れてから大体10分ぐらい放置してコイルにリキッドが馴染むまで待ちます。他、本体とポッドの着脱はマグネット式になっており外す際は引き抜くだけ、装着する際は装着部に入れるだけとなっています。

Vaporesso XTRA
本体のバッテリーの方を見ていきます。本体にはファイアボタンは無く、吸い込みを自動で検知してパワーオンするオートスイッチやオートパワーと呼ばれるタイプとなっています。写真左の下部にはUSB接続ポートが写っていますが、その上はランプになっておりバッテリーが100-71%の間は緑、70-31%の間が青、30%以下で赤に点灯します。この反対側上にはストラップホールがあります。

ランプは充電中にも点灯し、ランプの色で充電状況が分かるようになっています。他、底面にある小さなボタンが電源ボタンになっており、5クリックで電源のオン/オフを切り替えられるようになっています。

Vaporesso XTRA感想

Vaporesso XTRA
Vaporesso XTRAの感想に行きます。味はフルーツ系なら風味がしっかり感じられる程度には出ます。濃厚とまではいかないのでスイーツ系とかのリキッドには向かなそう。蒸気量は吸い込む長さや強さにもよりますが、通常のタバコより少し多いぐらいでしょうか。エアフローコントロールはありませんが、ドローは比較的軽め。スカスカというほどではなく一定の抵抗は感じますがポッドタイプの中では軽いです。オートパワーの感度は非常に良く、不意に止まるとかいった事もありませんでした。Eleaf iCareの頃から比べると、このタイプも着実に進化したなと感慨深くなります。

最後に今回提供して頂いたVaporesso XTRAは公式ショップで$29.9で販売中。小型で軽量、お手軽、更に外観は高級感がありデザインも秀逸で完成度が高いと感じました。

(掲載日 : 20/05/19)

現在この記事に投稿されたコメントがありません。

お名前 :

サイト内検索
3avape
最近の更新
人気記事
最近のコメント
カテゴリ
HOME
HOME
カテゴリ
カテゴリ
サブメニュー
サブ
人気記事
人気記事