VAPE JUNKIE
メール
サイトインフォ
VapeFly
VapeFly

VAPTIO FUSION レビュー

VAPTIO FUSION
過去にVAPTIO C-FLATの記事を書きましたが本日は同じくVAPTIOさんの電子タバコ機器、FUSIONをレビューします。C-FLAT同様、直接メーカーからの提供で昨年届いていたのですが記事を作るのが遅くなって申し訳ないです。あまりVAPTIOの名前は聞きませんが最近はHeaven GiftsさんとかでもC-FLAT本体や交換用コイルの販売も行われているのでこれから伸びてくるかもしれませんね。残念ながら今回レビューするFUSIONはまだ公式以外での販売は見付かりませんが、時にAIOと呼ばれるオールインワンタイプの製品で小型なのにタンク容量はタップリ、出力も3段階で調整可能な魅力的製品となっています。

Thank you VAPTIO!!

VAPTIO FUSION 仕様

サイズ 24×54×63(mm)
重量 実測163g
バッテリー 1500mAh内蔵
タンク容量 3.8ml
コイル FUSION Coil S2(0.25Ω)/S5(0.5Ω)/S8(0.8Ω)
付属品 コイル×2、USBケーブル、マニュアル

VAPTIO FUSION
まず付属するコイルは標準でプリインストールされている0.8ΩのS8コイルと同梱の0.25ΩのS2コイルの計2つ。別に0.5ΩのS5コイルがある模様。他は充電用のUSBケーブルとマニュアル、保証書等が同梱されていました。サイズはかなり小さくてリキッドを保持するタンク部やアトマイザー含め全体でiStick Picoと同じぐらいなのですが、このサイズの割に重量が163gと重め。もった瞬間に想像より重いなぁと感じましたがデザインは現在5種あり今回頂いたブラックはかなりカッコイイです。

VAPTIO FUSION
写真上はアトマイザー部を外した所。上部はエアフローコントロールになっていますが、完全に閉じてから引っ掛かりがあるので更に回していくとアトマイザーが本体から外れます。更に510ドリップチップとチムニー、コイルをバラす事が出来ますがコイルの着脱はネジ式では無く外す時はそのまま引っこ抜きで装着時は押し込むだけ。ドリップチップも勿論510サイズの物を換装可能。この手の製品はドリップチップが専用品で交換出来ないとかエアフローコントロールが無いとか融通が利かない物も多いのですが、好みに合わせて使えるようになっているのは好印象。

VAPTIO FUSION
写真左側が正面斜めから、右が真後ろから写した所。ボタンは正面にあるファイアボタンのみで定番通り5クリックで電源のオン/オフになっています。下にある3つのランプはバッテリーの残量表示と出力が確認出来るようになっていてバッテリー残量100-61%が3つ、60-31%が2つ、30%以下が1つ。出力の変更は電源オン時にファイアボタン3クリックで30(ランプ1つ)/40(ランプ2つ)/50W(ランプ3つ)に切り替わります。前述通り出力もランプが点灯する数で確認出来ますがファイアボタンを押している間が出力の表示で、離した後の何秒間かがバッテリー残量の表示になります。

他、真後ろはタンク内が見えるようになっておりリキッド残量が確認可能。リキッドを注入する場合は[MAX]のラインまで、これ以上入れてアトマイザーを装着すると溢れるので注意。

VAPTIO FUSION
それ以外で気になる部分だと専用のコイル。小さいサイズの高抵抗コイルという良くあるパターンかと思ったら結構大きめで片方は0.8Ωですがもう片方は0.25Ωと、AIOとしては珍しい低抵抗コイル。しかも出力は最大で50Wなので結構味が出そうな期待は使う前からありました。同封の紙にも書いてありますが使用前にはジュースホールに5滴程度染み込ませて、3分以上は置いておくように記載されています。

VAPTIO FUSION 感想

VAPTIO FUSION
まず0.8ΩのS8コイルから吸った感想を書いていきます。コイルには10-30Wという記載があったので最低出力の 30Wで。エアホール全開だとスカスカなのでかなり絞る事に、全閉だと全く吸えないぐらいまでコントロールは効いています。ただ思ったほど味が出なかったので出力を更に上げて40W、50Wで試しましたが私の感覚では今一。今度はコイルを0.25ΩのS2に交換して吸ってみましたが、こっちの方が好みの味は出ました。リキッドにも依るでしょうが普通のクリアロマイザーにも負けない美味しさで吸えました。蒸気量は爆煙と言うほどでは無いけど良くも悪くも多め。そうなると欠点はやはり重量ですかね。せっかく小さいのにそこそこ重いから携帯には向かない印象。

重量の件は置いといて一体型で本体が小さく味もそこそこでタンク容量も多い点を考慮するとかなり良い製品だとは思うのですが問題点も。残念ながら現状交換用コイルが入手出来ないんですよね。しかも公式サイトですら販売していません。まだ新製品のようなのでいずれ公式サイトや海外ショップで扱うとは思いますが、交換用コイルがしっかり安定供給されていないと手が出せないじゃないですか。専用コイルが入手し辛い物をお勧めとは言えないしVAPTIOさんにはそこら辺も頑張ってほしい所です。

最後に今回提供して頂いたVAPTIO FUSIONは公式サイトで$43で販売中。今興味があってもコイルが入手しやすいようになってからの購入の方が良さそうです。

(掲載日 : 18/01/14)

にほんブログ村

にほんブログ村 ←ランキングに1票を!

現在この記事に投稿されたコメントがありません。

お名前 :

サイト内検索
3avape
Wismec
最近の更新
人気記事
最近のコメント
カテゴリ
HOME
HOME
カテゴリ
カテゴリ
サブメニュー
サブ
人気記事
人気記事