VAPE JUNKIE
メール
サイトインフォ
VapeFly
VapeFly

Voopoo Drag 157W Mod レビュー

Voopoo Drag 157W Mod
今回もCACUQさんに提供して頂いたVoopoo Drag 157W Modをレビューします。既に多くのレビュー記事もありますし今更ではあるのとバッテリーを複数使う重量のある高出力型は苦手にしているのですが、非常に評判の良いModなので頑張って記事を書いていきます。今までよそ様のブログで掲載されている写真を見た限りでは野暮ったい印象だったのですが、実物で見ると外観は中々コッコイイんですよ。他にGeneというチップ搭載で様々な機能がある以外にPCの専用ソフトウェアを使って設定を編集したりカーブモードのメモリーが5つもあったり機能がてんこ盛りのModでもあります。

Thank you CACUQ!!

Voopoo Drag 157W Mod 仕様

サイズ 実測24×53×90(mm)
重量 実測200g
出力 5-157W
出力モード VW/VV/TC(Ni/Ti/SS)/カーブモード
バッテリー 18650×2
対応抵抗値 0.05Ω-3Ω
付属品 USBケーブル、マニュアル

Voopoo Drag 157W Mod
殆ど書く事はありませんが、まずは付属品から。いつも通りの充電用USBケーブルとマニュアル類が付属。どうでも良い事かもしれませんが箱の開封が凄い硬かったのと本体に粘着剤のような汚れが付いていました。今まで買った物、貰った物、結構な数の電子タバコ機器を見てきましたが初期からの汚れや多くの小傷が付いていてガッカリする経験が多いです。低価格の量産品とは言え、ドキドキしながら箱を空けて傷や汚れを目にすると切ないので生産管理にはもうちょっと気を使ってほしいものです。バッテリーの着脱はDRAGのプリントのあるカバーの下側に隙間があるので、そこに爪を引っ掛けてマグネット式のカバーを開閉出来ます。

Voopoo Drag 157W Mod
早速操作関連いきます。まず定番通りファイアボタン5クリックで電源のオン/オフ、ファイアボタンと+ボタン同時長押しで操作ロック/アンロック、ファイアボタンと-ボタン同時長押しで画面の反転、ファイアボタン3クリックで出力モード変更、+-ボタン同時長押しでメニュー画面へ。因みにメニュー画面はVW/VVモードの時とTCモード(温度管理機能)で表示されるメニューが異なります。他、TCモードにしている時に4クリックで出力W値の設定が出来ます。

Voopoo Drag 157W Mod
私は左手持ちなので早速画面表示を反転。写真は+-ボタン同時長押しでメニュー画面を出した所ですが、上がVWモードからで下がTCモードから。最初にあるのがVWモード、次の[M]がカーブモードでメモリー5つ分を設定可能、これに関しては後述します。その次がVWモードとVVモードの切り替え、更にスクロールすると[SN]の表示がシリアルナンバー、最後にファームウェアのバージョン表示。TCモードでメニューを出すとカーブモードまでは同じですがそれ以降は抵抗値の任意設定、TCR値の設定、更に後ろは同じくシリアルナンバーとファームウェのバージョン表示となっています。

Voopoo Drag 157W Mod
メニュー画面からカーブモードに進んだ所。最初に+-ボタンでセットするメモリーを1~5の間で切り替え。因みにこの画面でも3クリックでVWモードとTCモードの切り替えが可能。メモリーを決めたらファイアボタン4クリックでカーブモードの設定画面が表示されます。1秒間隔で10秒分を設定したらファイアボタン長押しでこのメニューを抜けます。TCモードのカーブモードも要領は同じですが1秒間隔というのが引っ掛かりますね。しかも10秒分設定した所でファイアボタンを10秒押し続ける事ってないですよね。メモリーが5つもあるしせっかくの機能なのに1秒間隔というのが本当に残念。ここら辺はVaporessoのTarot NanoAttitudeの0.5秒刻みの設定が可能なカーブモードの方が優秀。せっかくファームウェアアップデートにも対応しているのだからどうにかなりませんかね。

他、出力を130W以上にすると[SUPER]の表示が画面に出てSuper Modeになるのですが、ただ単に高出力ってだけかな?特別な意味は無い模様。他に噂では聞いていましたが公式ページにもでかでかと記載があるように[0.025S Impressively Fire]、つまりファイアボタンを押してから0.025秒の速さでコイルへ通電するそうです。今までModの反応の速さは気にした事が無かったし差異も殆ど感じた事が無かったのですが、速いにこした事はないので実際にどれだけ速いのか楽しみです。

Voopoo Drag 157W Mod 感想

Voopoo Drag 157W Mod
まず最初に感想としては噂通り反応が本当に速い。これビックリしました。実際に0.025秒なのかは計測する術はありませんが嘘では無さそう。最近のModは大体どれもそれなりの精度でTCモードが動きますがその辺も問題無し。NiやTiでTCモードをどれだけの人が利用しているのか分かりませんがSSがTCモードへの切り替えで最初に出てくるのは私的に好き。上でも書いた通りカーブモードは1秒間隔ではあまり有効活用出来そうな気がしません。あとどうしても気になるのが重さですね。バッテリーを入れていない状態でも200g、ちょっと前にレビューしたIJOY Captain PD270は同じバッテリー2本使う仕様でも136gなのを考えるともうちょっとどうにかならなかったのかと。特に私は頻繁にチェーンスモーキングならぬチェーンベイピングするので重いModはどうしても苦痛に感じます。

良い所

悪い所

重い重いと文句は言ってみたもののクラプトンコイル多用の私にとってこの反応の良さは快適に思える所もあります。実際に世間の評価も高いですし私の嗜好には合わなくても重さを気にしない方ならかなり良いModなのは分かります。クラプトンのデュアルコイルでも余裕の反応の速さや高出力仕様を求めている方にはピッタリの製品ではないでしょうか。初期の汚れは個体差あるかもしれませんね。自分が買ったのは全然問題無かったという場合もあるのかも。

最後に今回提供して頂いたVoopoo Drag 157W Modはこちらのページで扱われています。

(掲載日 : 17/09/01)

にほんブログ村

にほんブログ村 ←ランキングに1票を!

現在この記事に投稿されたコメントがありません。

お名前 :

サイト内検索
3avape
Wismec
最近の更新
人気記事
最近のコメント
カテゴリ
HOME
HOME
カテゴリ
カテゴリ
サブメニュー
サブ
人気記事
人気記事