VAPE JUNKIE
メール
サイトインフォ
VapeFly
VapeFly

Voopoo MOJO レビュー

Voopoo MOJO
本日もBuyBestさんの提供でVoopoo MOJOをレビューします。MOJOはバッテリー内蔵型のModとクリアロマイザーがセットになっているスターターキットですが、Geneチップ搭載でカーブモードを備え最大88Wの出力が可能。MOJO Modはコンパクトでありながらかなり重量があり私好みではないのですが、他とは異なるボタンの配置にはデザインへのこだわりを感じます。アトマイザーの方はUFORCE Tankと言うVoopooのスターターキットではかなりの頻度でセットになっている物で過去に使用経験あり。味は大絶賛するほどではなかったのですがそこそこに美味しかった記憶があります。詳しくは下で。

Thank you BuyBest!!

Voopoo MOJO 仕様

■アトマイザー

サイズ 24.6×54.5(mm)、ドリップチップとスレッド含む
タンク容量 3.5ml
コイル U2/U4/U6/U8/N1/R2/D4

■Mod

サイズ 27.5×38×82(mm)
重量 実測175g
出力 5-88W
出力モード VW/TC(Ni/Ti/SS)/カーブモード(M1-M5)
バッテリー 2600mAh内蔵
対応抵抗値 VW(0.05-3Ω)/TC(0.05-1Ω)

Voopoo MOJO
いつも通り付属品から見ていきます。まずコイルはアトマイザー内にプリインストールされているのがU2コイルで同梱されていたのも同じU2の計2個、コイルと同じ袋にOリング、標準で装着されているのと同じ形状の予備ガラスタンク、USBケーブル、後は白い紙がアトマイザーとModのマニュアルで黒い紙が保証書とGeneチップ搭載を示すカードになっています。

Voopoo MOJO
さてアトマイザーから先に見てきますが、セットのUFORCE TankはVoopoo TOO Kitで既にレビュー済み。アトマイザーベース、コイル、ガラスタンク、上部パーツ、ドリップチップで構成されています。上部パーツは矢印のある所を押し込んでスライドして見える穴からリキッドチャージ出来る構造。対応するコイルは現在RBAヘッドも含めて7種類。他に容量を拡張出来る膨らみのあるタンクも別売りされています。

Voopoo MOJO
UFORCE Tankは過去に記事にしているので割愛するとしてMOJO Modを見ていきます。Mod上部の丸みのある黒い部分がファイアボタンになっており、その側面のシルバーの部分がプラスマイナスボタンになっています。向かって左側がマイナスで右側がプラス。ファイアボタンの下がディスプレイで最下部にUSB接続端子が配置されています。背面はVoopoo MOJOの文字がプリントされていますが全体のデザインは私的にカッコイイと思いました。ただ2600mAhバッテリー内蔵で175gもあるのは重すぎ。

Voopoo MOJO
MOJO Modの機能や操作関連を見ていきます。定番通りファイアボタン5クリックで電源のオン/オフ、ファイアボタン3クリックで出力モードがVW/TC(SS/Ni/Ti)の順に変わっていきます。TCモードにしている状態でファイアボタンを4クリックすると出力の最大W値を設定可能。他にファイアボタンとプラスボタンを同時長押しでキーロック、マイナスボタンとプラスボタン同時長押しでメニュー表示になります。

Voopoo MOJO
メニュー画面では一番上からVW出力、M1-M5のカーブモード、キーロック、GeneチップのID表示、システムファームウェアのバージョン表示の順に並んでいます。プラスマイナスボタンで移動してファイアボタンで決定。カーブモードを選択するとプラスマイナスボタンはM1-M5の切り替えに、ファイアボタン4クリックでカーブモードの設定画面に切り替わります。この画面ではプラスマイナスボタンで出力を調節してファイボタンで1秒先へ、これの繰り返しで設定。この画面を抜けるのはファイアボタン長押し。

Voopoo MOJO 感想

Voopoo MOJO
Voopoo MOJOの感想に行きます。何度も書いてきたようにアトマイザーのUFORCE Tankは過去レビュー済みなので割愛します。MOJO Modについてですが、流石に重すぎませんかね。バッテリー2本入り、若しくは2本分の容量が内蔵されているなら分かるのですが18650バッテリー1本分の内蔵バッテリーで175gですからね。VoopooのMod全般、デザインが凝っていて好みですし側面のプラスマイナスボタンはボタンが大きくて押しやすいのも良いです。ボディは金属製で頑強さも感じますし、色にもよりますが高級感も感じられます。機能面でもあまり普段使いませんがカーブモードがあるのは無いよりも良いし、Geneチップはボタンを押してからの反応が早いのも有名でMOJO Modの魅力の一つでもあります。デザインや機能が気に入って重いのは許容出来るという方にはお勧め出来ます。

最後に今回提供して頂いたVoopoo MOJOはBuyBestで$49.09から販売中。色によって価格が若干異なります。

(掲載日 : 19/02/27)

にほんブログ村

にほんブログ村 ←ランキングに1票を!

現在この記事に投稿されたコメントがありません。

お名前 :

サイト内検索
3avape
最近の更新
人気記事
最近のコメント
カテゴリ
HOME
HOME
カテゴリ
カテゴリ
サブメニュー
サブ
人気記事
人気記事